2015/03/04

熊棚?



2014年11月中旬

山間部の車道から見える急斜面に生えたコナラ高木にツキノワグマによる熊棚らしきものを見つけました。
折れた枝に付いた黄葉が茶色に枯れています。
素人目には本で見た熊棚の写真と似ていると思ったのですけど、どうでしょう?(あまり自信がありません)
わざわざこんなに高い木(喬木)の枝に登るのですかね?(しかも車道から丸見えです)
樹上で採食する野生ツキノワグマの行動を自分の目で観察して熊棚を作る一部始終を見ないことには、フィールドサインの本を何冊読んでも私の性分としていまいち納得できません。


後で思うと、樹幹に残る爪痕の有無を調べに行けば良かったですね。





更に先に進むと道沿いの樹上に枯れ枝の塊を見つけたのですが、これは2個とも鳥の巣でした。
通い慣れた道なのに、落葉するまで気づかなかったとは不覚です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts