2015/02/05

クヌギ樹洞でコロニー解散後のモンスズメバチの巣



▼前回の記事
涼しい夜も巣口で扇風行動するモンスズメバチ♀【暗視映像】

2014年10月中旬

モンスズメバチの巣の定点観察13

丸1ヶ月(31日)ぶりにクヌギの樹洞を見に行くと、巣口の外被状の覆いが完全に無くなっていました。
あれほど活発に飛び回っていたモンスズメバチVespa crabro flavofasciata)の姿はなくなっていました。
無事に生殖虫(新女王および雄蜂)が巣立ち、コロニーは解散したのでしょうか?(一家離散)
それとも誰か人間に駆除されてしまったのでしょうか?
オオスズメバチなどの天敵に襲撃された可能性も考えられます。

危険なモンスズメバチが居なくなったので、心置きなく落ち着いて採寸が可能になりました。
地上からの高さ2mに開口した樹洞は縦6cm、横4cmの楕円形でした。

巣内を少なくとも2匹の蜂が動いているのがぼんやり見えます。
この時点では性別は不明でした。
次にマグライトで照らしながら樹洞内を動画で撮影してみました。
巣盤や育房は見えません。
幹の裏側にもうひとつある樹洞に通じているのかどうかも、いまいち分かりませんでした。(たぶん連結していないと思います。)


また、クヌギの樹皮の溝に沿って縦に蟻道が伸びていることに気づきました。
アリを採集しないと同定できませんが、ネット検索で少し調べてみるとケアリの仲間かもしれません。
アリ関連の掲示板からの情報によると、

ケアリ属は木の幹に木屑で作られたアーケード状の道(蟻道)をよく作りますし
その中でアリマキ(アブラムシ)の世話をすることも多いです。

つづく→シリーズ#14:雄蜂の徘徊



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts