2014/11/22

巣の近くで空中戦を繰り広げるモンスズメバチ♀【ハイスピード動画】



2014年8月中旬

モンスズメバチの巣の定点観察1

里山の雑木林でクヌギの樹洞にモンスズメバチVespa crabro flavofasciata)が営巣していました。
斜面に立つ木の幹に開いた小ぶりな樹洞は北(斜面の上側)に面しています。
樹洞の直径および地上からの高さを測定したいのですが、防護服を着用しないと危なそうで迂闊には近づく気になりません。
しかし前評判とは異なり、モンスズメバチが巣の近くで特に攻撃性が高いという印象は受けませんでした。

実はこの夏ずっと定点観察に通っていたミズナラ樹液酒場のすぐ近くにクヌギは生えていました。
前回(9日前)来た時に、モンスズメバチの巣の活動に気づかなかったとは不覚でした。
単に私の注意力不足かもしれませんが、つい最近ワーカーが羽化したばかりのコロニーかもしれません。
ひょっとすると、手狭になった母巣から樹洞へまさにこの日に引っ越してきたばかりという可能性もあります。
モンスズメバチとキイロスズメバチは、営巣の途中で引っ越しをする性質をもっています。

(モンスズメバチの)女王蜂は地表近くの狭い閉鎖空間などに巣を創設するが、働き蜂が羽化して巣が大きくなり手狭になると、大木の空洞などの広い空間に引っ越しをすることが多い。(『スズメバチの科学』p18より)


どうしてワーカーがこんなに興奮したように忙しなく巣に出入りしているのか、非常に不思議でした。
モンスズメバチの巣を見つけたのは初めてなので、これが普通の状態なのか分かりません。
出巣した蜂がすぐに舞い戻って帰巣する、という謎の行動を繰り返しています。
オオスズメバチなどの外敵に対してコロニー全体が警戒しているのか、発酵した樹液を飲んで酔っ払って騒いでいるのか、よく分かりません。
獲物としてセミをよく狩るらしいのですけど、肉団子を搬入している姿を全く見ていません。
帰巣しても樹洞内に入る個体は滅多に居らず、すぐにまた飛び立ちます(出巣)。

巣の周囲を飛び回る外役ワーカー♀の様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
スローモーションで見ると、帰巣しようとする個体に対して在巣のワーカー(門衛?)がスクランブル(緊急発進)で迎撃しています。
正面からぶつかるように軽い空中戦が行われます。
帰巣直前のワーカー同士で空中戦になることもあります。
もつれ合うように落ちても地上で格闘したり毒針を使った殺し合いには至らずすぐに別れます。
同じコロニーの仲間だと気づいたのでしょう。
何らかの理由でコロニー全体の気が立っていて、巣を守るために接近する仲間に対しても誤認攻撃を繰り返しているのかな?
あるいは、羽化したばかりでこれから外役に就くワーカー♀が巣の位置を記憶するための定位飛行なのかもしれません。
この騒ぎを眺めていると、素人目にはなんとなく互いに空中戦を仕掛ける遊びを楽しんでいるのではないか、という気さえしてきました。
三脚を立てて静かに撮影する私に対してモンスズメバチが攻撃を加えることはありませんでした。

帰巣直前に空中で脱糞する瞬間が偶然撮れていました。@5:37
ホバリング(停空飛翔)しながら白い液体を2滴排泄しました。

つづく→巣に出入りする様子のHD動画


クヌギの枝葉
クヌギの幹。モンスズメバチが営巣する樹洞(右下)の反対側にもう一つ樹洞がある(左上、枝の下)。

ミズナラの樹液を吸いつつ翅紋を誇示するハネフリバエ科Pseudotephritis millepunctata



2014年8月上旬

里山の雑木林で樹液が滲むミズナラの幹に小さなハエが集まっていました。
特徴的な斑紋をもつ翅を動かしながら樹液を舐めています
左右の翅を同時に根元からぐるぐる回し続けています。
これは捕食者を幻惑するための行動なのですかね?
異性にアピールする求愛誇示なのかな?
ただし、この樹液酒場で交尾行動は見ていません。
腹端に黒く細長い筒のようなヘラのような産卵管を持つのが明らかに♀でしょう。
(樹液によく来るのはショウジョウバエ科ですけど、このような産卵管の形状はミバエ科ですかね?)
一方、腹端に産卵管が無い♂と思われる個体も腹部が膨満している体形です。
同種の♂♀なのか、それとも別種なのか、私には分かりません。
樹液酒場では他の昆虫よりも力関係の序列が低いようで、忙しなく動き回っています。



撮影後にこの日は1匹だけ採集して帰りました。
(後で思うと、♀♂ペアで採集すべきでした。)
以下は標本写真。



いつもお世話になっている「一寸のハエにも五分の大和魂・改」掲示板に投稿して質問したところ、まずアノニモミイアさんより以下の回答を頂きました。
ハネフリバエ科UlidiidaeのOtitinae亜科の1種ではないでしょうか(Otitidaeは現在Ulidiidaeの亜科として扱われています)。
Die Fliegenの翅の図版だけで絵合わせをすれば,Myennis millepunctata Hennig, 1939 にほとんど完全に一致しています。
本種は1927年6月15日にStackelbergによってUssuriのSutschanのSt. Sizaで採集された1雌によって新種として記載されたものです(Die Fliegen, Otitidae, p. 73, Taf. V, Fig. 60)。お尋ねのハエがこの種に一致するかどうかは,写真では原記載と照合できない形質が多々ありますので,わかりません。
本種はThe key to the insects of Russian Far East, Vol.6, part 2, p. 160では,Pseudotephritis属に移され,分布はアムール地方が含まれています。また,ussurica N. Krivosheina et M. Krivosheinaがこの種のシノニムとされています。この種,ussuricaはEnt. Oboz.1997の671-678のRevision of the Palaearctic species of the genus Pseudotephritis(原題はロシア語)で記載されたものでしょう。属が移されたので,学名はPseudotephritis millepunctata (Hennig, 1939)になるでしょう。
日本昆虫目録第8巻双翅目では本亜科には,Ceroxys sp.,Melieria crassipennis (Fabricius)の2種が掲載されています。後者の斑紋はDie Fliegenで見る限りあなたのハエとは翅の斑紋が一致していません。他にもHerina属の種が日本にいますが,これとは異なります。


次に茨城@市毛さんからも次のようにご教示頂きました。
Pseudotephritis millepunctataについては,"Han, Ho-Yeon. 2013. A Checklist of the Families Lonchaeidae, Pallopteridae, Platystomatidae, and Ulidiidae (Insecta: Diptera: Tephritoidea) in Korea with Notes on 12 Species New to Korea. Anim. Syst. Evol. Divers. 29(1):56-69"に生態写真が載っています.
同氏の説明では,"This species is clearly distinguishable from any other species of Ulidiidae by the numerous dark dots on its body."と記されており,しぐまさんの写真にも同様な暗色斑が多数あります.
"A Checklist of the Families Lonchaeidae, Pallopteridae"で検索すると,ネットでPDFが見られます.
ハネフリバエ科というのは本当に初耳でした。
まさに名は体(行動)を表すのですね。
この翅の動きにはどんな意味があるのか、とても興味があります。


【追記】
同じミズナラ樹液酒場で8月中旬、同種♂も採集しました。
以下は♂標本写真。
腹端の形状が♀と異なります。

『日本動物大百科9昆虫II』p106によると、
双翅類(ハエ目)♀の生殖器節は産卵管と称されるが、これは腹節そのものの変形であり、直翅類などの産卵管とはまったく起源を異にしている。




♂右翅脈

♂左翅脈



♂腹背



真夏に日光浴するヒオドシチョウ



2014年8月中旬

山道の脇のちょっとした崖でヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)が止まっていました。
翅を開閉しつつ日光浴していました。
全開にするとさすがに暑いのでしょう。
口吻は伸ばしていないので、土を舐めている(ミネラル摂取)のではないと思います。
最後はようやく飛んでくれました。

本種は年一回、初夏の6月頃に羽化した成虫が夏眠し、そのまま越冬するという生活史を送ります。
そのため真夏のこの時期に成虫を見かけるのは珍しく、記憶にありません。
現場は避暑地というほど高山ではなく、身近な里山です。
実はこの直前にもう一頭見かけましたが、林縁に逃げられ撮り損ねました。



2014/11/21

夕方にミズナラの樹液を吸うオオウスベニトガリメイガ?(蛾)



2014年8月中旬

夕暮れの雑木林で(日の入り間近の18:19 pm)ミズナラの幹に止まったピンク色のミクロ蛾(小蛾)が口吻を伸ばして樹液を吸汁していました。
かなり薄暗いので動画の画質が粗いです。
補助照明を点灯すべきでしたね…。

ライトで照らしたらすぐに逃げてしまうかどうかの予測がつきませんでした。

採寸したり採集したりする前に飛んで逃げられました。
大きさの比較としてハエ(種名不詳)とのツーショット写真を載せておきます。
メイガ科シマメイガ亜科だろうと予想をつけて調べてみたのですが、どうにも似た蛾像を見つけられませんでした。
フタスジシマメイガにしては外側の白条の位置が違います。

いつもお世話になっている「新・蛾像掲示板 」に問い合わせたところ、ATSさんから以下のようにご教示頂きました。
シマメイガ亜科Endotricha属ですが、斑紋変異がある種が多いので外見での同定が難しいですね。恐らくオオウスベニトガリメイガEndotricha icelusalisではないかと思います。



夜のミズナラ樹液酒場で光るクロマドボタル幼虫



2014年8月中旬

夜の雑木林で(22:00, 23:30 pm)ミズナラの樹液酒場の観察をしていると、ライトを消灯している時に暗闇で謎の発光生物が幹を徘徊していることに気づきました。
細長い幼虫の尾端が2点、点滅しています。
残念ながら普通のカメラでは光が弱過ぎて動画に記録できませんでした。
仕方がないので、懐中電灯で照らしながら撮ってみます。
すると眩しい光を嫌ってか、樹皮の下に潜り込んでしまいました。
頭隠して尻隠さず。
ライトを消し、再び動き出すのを辛抱強く待ちます。
歩行法は6本?の脚と腹端で尺取り虫のような運動で前進しています。
夜蛾とニアミスするも、何事も起こりませんでした。
肉食のはずなので捕食シーンが見られたら面白いのですけど、獲物として大き過ぎるのかもしれません。
樹液を吸汁しているのか、それとも樹液酒場に集まる夜行性昆虫を狩るために待ち伏せしているのか、よく分かりませんでした。

もし赤外線の暗視カメラがあればホタルの発光を動画に撮れたかな?
熱を発しない冷光は写らない気もします。
超高感度カメラはとても高価で手が出ません…。
シャッタースピードを落とした写真で表現するしかないのかなー?(ゲンジボタルなどで練習しないと。)

帰ってから陸生ホタルの幼虫について調べてみると、どうやらマドボタル属の仲間のようです。

幼虫は背面が扁平な、黒から褐色の細長い虫で、胸部の3対の歩脚と尾端の付着器を使い、シャクトリムシのような運動をする。夜間に地表や草の上によく出てきて発光しながら活発に活動するので観察が容易である。幼虫はカタツムリなどを食べる。(中略)幼虫はすべて発光する。

「本州東部には中型種のクロマドボタルが生息する」(wikipediaホタルの項より)とのことで、次にクロマドボタルをネット検索してみます。
すると、「何と!! 樹液を吸っていたクロマドボタルの幼虫」と題した陸生ホタル生態研究会による報告が見つかりました(PDFファイル)。
幼虫を飼育するとバナナに集まるそうです。
私も次に機会があれば採集して、樹液成分を含む昆虫ゼリーを食べるかどうか調べてみたいです。
蛍の世界も奥が深そうです。



2014/11/20

夜のミズナラ樹液酒場に来たオオシマカラスヨトウ(蛾)



2014年8月中旬

夜の雑木林で(19:43 pm)ミズナラの樹液酒場にオオシマカラスヨトウAmphipyra monolitha surnia)が止まっていました。
今回は口吻を伸ばしておらず、休んでいるだけのようです。
ナンカイカラスヨトウと似ていて紛らわしいのですが、今回は動画を撮りながら回り込んで胴体側面を見ると、オオシマカラスヨトウの特徴である縞模様をしっかり確認できました。

▼前回の記事(9日前の定点観察では縞模様を未確認)
夜にミズナラの樹液を吸うオオシマカラスヨトウ(蛾)



夜にミズナラの樹液を吸うマダラカマドウマ♀



2014年8月中旬

夜の雑木林で(21:30 pm)樹液が滲むミズナラの木にマダラカマドウマ♀(Diestrammena japonica)が来ていました。
産卵管があるので♀ですね。
かなり巨大な印象でした。
樹皮に口を付けて樹液を吸汁しているようです。

背側も動画に撮ろうと長い触角に触れて幹を回り込ませようとしたのですが、上手く行かず逃げられました。
採集も失敗。



2014/11/19

夜にミズナラの樹液をホバリング吸汁するシモフリスズメ(蛾)



2014年8月中旬

夜の雑木林で(19:02〜19:07 pm)樹液が滲むミズナラの幹の周りを大型のスズメガの仲間がぶんぶん飛び回っていました。
停空飛翔(ホバリング)しながら長い口吻を伸ばして樹液を吸っているようです。
決して幹に止まることなく羽ばたき続けています。

夜行性蛾にライトを照らすと複眼が反射して赤く光るので、居場所を突き止めるのは容易です。
しかしスズメガはライトの光を嫌って逃げ回り、飛んでいる勇姿をなかなか動画に撮らせてくれません。
一般に昆虫の色覚は赤い光が見え難いと言われています。
その性質を利用して今回は白色LEDの懐中電灯に赤い透明ビニール袋を被せて光を和らげてみました。
本当は真っ赤なセロファンを貼りたかったのですが、ありあわせのゴミ袋を使いました。



この作戦が奏功したようで、前回よりもじっくり動画に撮れました。

▼関連記事
夜にミズナラの樹液をホバリング吸汁するエゾシモフリスズメ(蛾)
試行錯誤した結果、スズメガの背面から照らせば複眼にあまり光が入らないのか、ようやく落ち着いてくれました。
しかし、背面のアングルでは長く伸ばした口吻がよく見えません。
やはり夜行性スズメガの自然な行動を記録するには赤外線の暗視カメラが必要だと改めて痛感しました。

動画に撮ったスズメガの種類を突き止めるにはどうしても採集するかストロボを焚いて写真に撮るしかありません。
ホバリング吸汁シーンの瞬間を切り取った写真が撮れるともちろん嬉しいのですけど、ストロボの強い閃光を受ける度に飛んでいたスズメガがショックで墜落するため、かなり後ろめたい気持ちになります。
墜落した地上でバタバタと激しく暴れてからすぐに復活して飛び始めるので、一時的に目が見えなくなっているのだと思います。
写真鑑定で今回の蛾はシモフリスズメPsilogramma incretum)と判明しました。



この夜は、昼間に目を付けておいた2本のミズナラの木を交互に見て回りました。
もう一本の方の樹液酒場で撮った写真には前回同様エゾシモフリスズメMeganoton analis scribae)が写っていました。
(動画を撮るにはライトの光が届かず、写真のみ。)



夜にミズナラの樹液を吸うミヤマカミキリ?



2014年8月中旬

深夜の雑木林で(23:05 pm)ミズナラの樹液を吸いにカミキリムシが来ていました。
幹の高い所に止まっているため背面をしっかり撮れずもどかしいのですが、薄焦げ茶色でかなり大形のカミキリムシです。
素人目にはクワカミキリよりもミヤマカミキリNeocerambyx raddei)っぽいかな?と思いました。
手が届かない高所のため、手に取って調べられませんでした。



2014/11/18

ノブドウを訪花するムモンホソアシナガバチ♀の羽ばたき【ハイスピード動画】



2014年7月中旬

山間部の道端を匍匐するノブドウの群落でムモンホソアシナガバチParapolybia indica)のワーカー♀が花蜜を吸いに来ていました。
花から花へ飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
撮影の合間に何度か見失ったので、複数個体の可能性もあります。

最後は、同じ花に来ていた小さなクロアリ(種名不詳)に噛まれた蜂がもんどりうって花から転がり落ちました。@1:33
著しい体格差があるのに、強気なアリですね。


夜のゴマダラベニコケガ(蛾)@ミズナラ幹



2014年8月中旬

深夜の雑木林で(23:54 pm)樹液が滲むミズナラの幹をカラフルなコケガの仲間(ヒトリガ科コケガ亜科)が歩き回っていました。
ようやく樹液スポットを探り当てると、口吻を伸ばして吸汁開始。

スジベニコケガ伊豆諸島以外亜種と似ていて紛らわしいのですが、蛾LOVEさんによる「似た蛾の比較図鑑」サイトを参考に翅の紋様を見比べると、ゴマダラベニコケガBarsine pulchra leacrita)と判明。



2014/11/17

夜にミズナラの樹液を吸うフクラスズメ(蛾)



2014年8月中旬

夜の雑木林で(19:30 pm)フクラスズメArcte coerula)がミズナラの樹液を吸いに来ていました。
ライトで照らしても動じません。
地味なようでよく見ると美しい、個人的に結構好きな夜蛾です。



夜のミズナラ樹液酒場に来たコクワガタ♂?



2014年8月中旬

深夜の雑木林で(23:02 pm)樹液が滲むミズナラの幹をクワガタムシが徘徊していました。
コクワガタ♂(Dorcus rectus)ですかね?
手に取って調べる前に幹を回り込んで隠れてしまいました。
この森にはカブトムシやクワガタムシの生息数が意外に少ないようでした。(時間帯の問題かな?)



2014/11/16

夜にミズナラの樹液を吸うムクゲコノハ(蛾)



2014年8月中旬

里山の雑木林で定点観察に通っているミズナラの樹液酒場に夜行ってみると(19:20 pm 〜 21:46 pm撮影)、後翅が美しい見慣れない蛾が口吻を伸ばして吸汁していました。
ムクゲコノハThyas juno)とは初対面で感激もひとしおでした。
後翅の派手な模様が目立ちますけど、威嚇用の眼状紋にしては中途半端な形です。
指で翅にそっと触れると直ちに飛んで逃げました。
同じ樹液酒場で何頭も見かけました。

ライトの光をあまり気にしないので、観察しやすい。(『樹液に集まる昆虫ハンドブック』p32より)
この点は本に書いてあった通りでした。

ちなみに本種の性別判定法は触角の形状ではなく、
前翅前縁基半がふくらんでいるようだと♂。性差は前翅の形や後翅内縁の毛に注目。
とのことで、写真を見るとどれも♂かな?


映像の飛んで逃げた個体が下の葉に落ちた。

夜のミズナラ樹液酒場に来たニホンアマガエル



2014年8月中旬

夜(19:25 pm)の雑木林でミズナラの樹液酒場にニホンアマガエルHyla japonica)が来ていました。
体色が深緑色の個体でした。
懐中電灯の光を嫌って身をすくませています。
樹液酒場に集まる夜行性の昆虫を捕食するため木に登ってきたのでしょう。
(ちなみに、同じ木で昼間に定点観察した時はアマガエルを見かけませんでした。)
喉をヒクヒクさせているものの、鳴き声は発していません。
録音されている蛙の合唱は近くの池から響いています。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts