2014/06/28

交尾しながら揺籃を作るイタヤハマキチョッキリ



2014年5月下旬

細い山道の脇に生えたカエデ(イロハモミジ?)の灌木でイタヤハマキチョッキリByctiscus (Byctiscus) venustus)の揺籃作りを観察しました。
昨年の経験が活きました。

▼関連記事
モミジの葉で揺籃を作るイタヤハマキチョッキリ♀

初めは木の周囲を飛び回る個体に注目し、カエデの葉に着陸したところで撮り始めました。
前胸下部に鋭い棘状の突起があるので♂と判ります。
交尾相手の♀を探しているのでしょう。
ここで、作りかけの揺籃が近くにあることに私も気づきました。

揺籃の隣にある葉の葉柄が、噛み傷のところで折れました。(@1:13)
その勢いで枝を歩いていた♂が転落。

♀による揺籃作りはもう後半のようで、モミジの青葉を巻きつけています。

♂が辺りを飛び回り、揺籃上で♀を見つけると交尾を始めました。
接写すると体長は♂>♀であることが珍しく思いました。

イタヤハマキチョッキリの♂は前胸下部に鋭い棘状の突起があり、口吻は♀よりも長くて湾曲している。(『オトシブミハンドブック』p50より)
小さな甲虫ですけど、金属光沢の構造色が美しいですね。
昨年は風が吹く日で接写に難儀しましたが、今回はほぼ無風で助かりました。
♂がマウントして交尾器を結合している間も♀は黙々と葉を巻く作業を続けます。
♀が揺籃の上から葉を噛んで糊付けしているようです。(@2:50-3:05)
♀は葉柄に移動すると、噛んで傷を付けています。

手前のタニウツギの枝が撮影の邪魔だったのでナイフで切り落としたら、その衝撃に驚いてペアが擬死状態になりました。(@4:52〜)
♂は♀の背にしがみ付いていた脚が外れかけており、なんとか交尾器だけで連結しています。
やがて目覚めた♂が♀にしがみつくと、♀も活動を再開。
♂を背負ったまま♀は葉柄を登り下りしています。

やがて交尾器の結合が外れました。(@5:50〜)
それでもしばらくは♂はマウントしたままで、ライバル♂に♀を奪われないように配偶者ガードを続けます(交尾後ガード)。

いつの間にか交尾を終えて♀♂ペアが別れていました。(@7:59)
マウント解除した♂は、近くでのんびり身繕い(脚を擦り合わせている)。
♀はひたすらに揺籃にモミジの葉を巻き付ける作業を続けています。
♂がしつこい交尾後ガードを行わず、意外と淡白であっさりと別れたことに少し驚きました。
このとき既に揺籃作りの後半で、♀が産卵を終えているからでしょうか?
素人考えでは、もし産卵前ならもっと激しく(長時間)♀をガードするのではないかと推測しました。

次は引きの絵で全体像を撮りながら微速度撮影で揺籃作りを記録してみます。(つづく



ハグロケバエ?♂の群飛【HD動画&ハイスピード動画】



2014年5月下旬

青々と葉が茂ったカエデの木の周りを多数の黒いケバエが飛び回っていました。
周囲の環境は山に近い水田の農道です。
群飛と言っても、蚊柱に比べるとまとまりのない集団でした。

▼関連記事
蚊柱のハイスピード動画
後半は240-fpsのハイスピード動画で撮影してみました。
アシナガバチのように長い後脚をだらんと下げて飛んでいます。

樹の下の資材置き場に着陸しても、すぐに飛び立ってしまいます(映像なし)。
交尾しているペアは見当たりませんでした。

この日は他所でもあちこちで同様の光景を見かけています(タニウツギの灌木の周囲など)。
ケバエの群飛日和だったのでしょうか。

オスが群飛する様子も観察されることがあり、土壌中から羽化するメスを待ち受ける行動と考えられている。(wikipediaより)

飛行速度はさほど速くなく、飛んでいる1匹を手掴みで捕獲することが出来ました!
サンプル数が足りないですけど、標本写真を載せてみます。
なんとなく、ハグロケバエ♂Bibio tenebrosus)ですかね?



2014/06/27

ヤマトゴキブリ♂同士で蹴り合う牽制行動



2014年5月下旬

最近捕獲した2匹目の♂も同じ容器で飼い始めました(♂2♀1の計3匹)。
以前、♀♂間の闘争行動(小競り合い)を観察しました。

▼関連記事
足蹴りで喧嘩するヤマトゴキブリ♂♀
ヤマトゴキブリPeriplaneta japonica)長翅の成虫♂同士の喧嘩も脚で蹴り合うことが分かりました。
ゴキブリは集合フェロモンで群れる性質があるのに、「これ以上近づくな!」という牽制行動をするようです。
闘争の際に激しい噛み付き行動などは見ていません。(参考:『日本動物大百科8昆虫Ⅰ』p90)
その間、短翅の♀は枯れ葉の下に隠れています。
引き続き観察しても求愛・交尾行動は見られなかったので、♀を巡って♂同士が争っていたのではないと思います。
個体間で序列を付けている可能性はありますが、その解明には個体識別のマーキングが必要です。

油性ペンで標識すると、インクの匂いがゴキブリの求愛交尾行動に支障を来す恐れがある気がして止めました。

『エソロジカル・エッセイ:無名のものたちの世界III』という古本にヤマトゴキブリの近縁種であるクロゴキブリPeriplaneta fuliginosa)の「間おき集合(spaced-out gregariousness)」について記した章がありました。

p136-137をかいつまんで引用すると、
集合性昆虫といわれながら、行動を一つ一つリストアップしていくと、攻撃行動、防衛行動、牽制行動ばかりが目立ってくる。

・ある場所を占めた個体は、雌雄を問わず、明らかに占有場所の防衛を行う。・順位制があるようでもあり、ないようでもある。

・主な能動的行動は、触角を他個体のいる方向に伸長し、ドラミングに似たような探りを入れる行動(さぐり)と、より積極的に、方向転換し、相手に対面し、後脚を浮かし、前のめりのようなかっこうで探りを入れる行動(のぞき)である。これらに対し、受動側が無反応という場合は少なく、多くの場合、
(1)能動行為者をいなすような感じで、向きをかえる(回転)か、刺激の少ない方向へ少し移動する(よけ)行動、
(2)体を高く持ち上げ、体を左右にゆすったり(ゆすり)、主に後脚を用いて能動行為者をける(けり)という牽制行動
(3)はじかれたようにとびのく(とびのき)、または一目散に逃走する行動(逃走)のいずれかが観察された。
そしてたいてはこれで終りで、再び静かな「間おき集合」が回復するのである。



ケナシヤブデマリの花蜜を吸うウスバアゲハ♀



2014年5月下旬

低山の山道に咲いたヤブデマリウスバアゲハ♀(Parnassius citrinarius)が訪花していました。
腹端に交尾嚢を付けています。
複数個体を撮影。

ちなみに日本海側に分布するヤブデマリは葉裏の毛が少なく、ケナシヤブデマリと呼ばれるらしい。



2014/06/26

ハチを捕食するニホンカナヘビ



2014年5月下旬

里山の林床で食事中のニホンカナヘビTakydromus tachydromoides)を見つけました。
尾が短い個体で、過去に天敵に襲われ緊急避難のため尾を自切したようです。

カナヘビは首を激しく振って獲物を頭から丸呑みしようとしています。
餌食となった昆虫は腹部に黒と黄色の縞模様があり、ハチの仲間に見えました。
ミューラー擬態の警告色があってもカナヘビには通用しないようで、構わず捕食しています。

カナヘビは色盲なのかな?
(未だハチから痛い目に会ったことのない若いカナヘビなのかもしれません。)
捕食メニューを同定するため獲物を奪い取ろうか躊躇したのですが、捕食シーンを最後まで見届けたくて、そのまま撮影を続行。

こういうジレンマのことを「虻蜂取らず」とは良く言ったものです。
カナヘビはスギの枯葉の上で見事な保護色になっています。

@0:45 獲物を飲み込めずに嘔吐し、舌舐めずり。ハチが最期の反撃として毒針で口の中を刺したのかと思いました。ところが獲物は死んでいるようで、もう動きません。
@1:50 アリが獲物を奪って巣へ運ぼうとします。
@2:20 泥棒アリに気づいたカナヘビが獲物を盗られないよう咥え直しました。反転して再び地面に獲物を置きました。
@3:05 右手からやって来たオオゾウムシ?に反応したカナヘビが再び獲物を咥えて左手に逃げました。林床を少し走り、また地面に獲物を置きました。
@3:52 私が撮りながら横に移動してアングルを確保すると、カナヘビは警戒して再び獲物を咥えました。獲物を横に咥え、飲み込もうと咀嚼しています。カナヘビは爬虫類なので、歯が生えているはずです。
@5:08 得物を地面に置きました。
@5:30 また獲物を咥え、噛んで飲み込もうとしています。私が撮りながら再び横に移動するとカナヘビは警戒して獲物を咥えたままフリーズ。映像をよく見ると、カナヘビのすぐ左にセミの幼虫が地面から露出しています。カナヘビはこれも食べるかと思いきや、気づいていない様子。
@7:30 長撮りで疲れてきたので、背負っていたザックを下ろしました。
@8:20 カナヘビが食事再開。ひたすら獲物を噛み砕いています。
@9:50 カナヘビは移動開始。ようやく獲物をほとんど呑み込みました。顔を枯れ枝に擦り付けた際に獲物の欠片が付着。
@10:20 遂に完食したカナヘビが舌舐めずり。鼻面に食べ残しを付けています。
@11:57 画面の上から徘徊性の黒いクモ(コモリグモの一種?)が登場。
@12:12 カナヘビの目の前を通り過ぎた瞬間、クモに飛びかかりました。後ろ姿なので、狩りの成否は不明です。おそらく失敗した気がします。
@12:51 引きの絵で撮影終了。

以上、完全ノーカットでお届けしました。

いつか是非カナヘビの飼育にも挑戦してみたいものです。

ところで、背後の林で鳴いているセミは調べてみるとエゾハルゼミでした。
今季の初鳴きです。


左下にセミの幼虫が地面から露出


カキドオシの花蜜を吸うイカリモンガ(蛾)



2014年5月下旬

薄暗い林縁に咲いたカキドオシの花でイカリモンガPterodecta felderi)という蛾が吸蜜していました。



2014/06/25

ホウチャクソウの花で盗蜜するマドガ(蛾)



2014年5月下旬

この春フィールドで最も興奮した新発見を報告します。

低山の草地に咲いたホウチャクソウの花にマドガThyris usitata)という小さな昼蛾が何頭も来ていました。
吸蜜シーンをよく見ると、白い花筒の外側に止まり、口吻を花弁の根元の隙間に差し込んで花蜜を吸っています。
これはまさしく盗蜜行動で、花の受粉には寄与しません。
これまでハチや鳥が盗蜜する例をいくつか観察してきました。
しかし長い口吻を有する 鱗翅目(チョウやガの仲間)が盗蜜する例はこれまで見聞きしたことがなく(※追記参照)
、驚愕の発見でした!
ホウチャクソウの同じ群落でマドガが何頭も飛び回り、その全てが盗蜜の常習犯でした。
マドガのような小蛾類は花筒の入り口に頭を突っ込んで正当訪花しても口吻が蜜腺まで届かず、やむを得ず盗蜜するのでしょう。

正当訪花でホウチャクソウから吸蜜するにはスズメガ科ぐらい長い口吻が必要になりそうです。
花弁が一部枯れかけて(萎れかけて)いる花からもマドガは気にせず盗蜜しています。

あまりにも多数のマドガが集まっていたので、
マドガ♀がホウチャクソウに産卵するのか、と初めは疑いました。
しかし調べてみると、マドガ幼虫の食草はキンポウゲ科のボタンヅルでした。


周りで咲いている花は他にも沢山あるのにケナシヤブデマリなど)、ホウチャクソウに集まるということは、マドガにとってよほど魅力的な蜜源なのでしょう。

現場でしばらく粘っても、この日はマドガ以外のめぼしい昆虫は現れませんでした。(※※)
さて、ホウチャクソウに正当訪花する送粉者は誰でしょう?
以前の観察から私はその答えを知っています。
マルハナバチ類の中でも特に長い舌を持つトラマルハナバチがホウチャクソウと共進化してきて送粉を担っていると思われます。

▼関連記事
・トラマルハナバチ♀がホウチャクソウを訪花
・ナルコユリで吸蜜するトラマルハナバチ
その訪花シーンは『マルハナバチの経済学』という本の表紙になっています。



※ 当時は勉強不足だったのですが、実は鱗翅目こそ盗蜜の常習犯でした。

例えばNewton special issue『植物の世界 第2号:ナチュラルヒストリーへの招待』で盗蜜行動を解説した記事のp118によれば、
チョウやガの仲間は、長い口吻を細いすき間にさしこんで盗蜜する。 
・長い口吻をもつチョウは、雄しべや雌しべにふれることなく蜜を吸うことができる。とくに蜜を浅いところに分泌する花はチョウやガに対しては無防備であり、ほとんどの場合一方的な掠奪を受けるのみである。



※※ 今回の撮影中に小さなアリが花筒を徘徊し、中に潜り込みました。(@5:12〜)
花蜜が目当てだとしたら正当訪花したことになります。



映像の最後で(@10:24〜)ホウチャクソウの花を開いて調べています。
花筒を潰して広げ、雄しべと雌しべの位置関係など内部の構造を示しました。



【追記】
「盗蜜する蛾」をネット検索してみると、ginguchiさんのブログでフヨウの花で盗蜜するツメクサガを報告されていました。

【追記2】
盗蜜者は花に穿孔して盗蜜するnectar robberと花を傷つけず送受粉せずに盗蜜するnectar thieveに分けられるそうです。
これに従えばマドガはnectar thieveになりますね。

タニウツギを訪花するトラマルハナバチ♀の飛翔【HD動画&ハイスピード動画】



2014年5月下旬

山道に咲いたタニウツギの花でトラマルハナバチBombus diversus diversus)の♀が数匹、蜜を吸っていました。
時期的にワーカー♀ではなく創設女王だと思うのですが、定かではありません。
後脚の花粉籠に白色や橙色の花粉団子を付けています。

花から花へと忙しなく飛び回り、撮っていて目が回りそうになります。
そういうときは240-fpsのハイスピード動画に切り替えて撮影します。
複数個体を撮影。

本種は舌が長く、タニウツギの花筒に頭を突っ込んで奥の蜜線を舐めることができます。
そのお返しに送粉者として働きます。
正当訪花するのにタニウツギの花粉の色(白)でない橙色の花粉荷を運んでいる個体がいることが気になりました。
おそらく別種の花から集めてきた花粉なのでしょう。



2014/06/24

水を飲むヤマトゴキブリ♂



2014年5月下旬

▼前回の記事
水を飲むヤマトゴキブリ♀

最近捕獲した2匹目の♂も一緒に飼っています(♂2♀1の計3匹)。
長翅のヤマトゴキブリ♂成虫(Periplaneta japonica)が水を飲む行動もようやく撮影に成功しました。
新しい水を皿に入れてやると、時間をかけて水をたっぷり飲みました。
撮りながら補助照明を点灯しても気にしませんでした。



鳥の糞を吸汁するセアカツノカメムシ♀



2014年5月下旬

雑木林の下草にセアカツノカメムシ♀(Acanthosoma denticaudum)が乗っていました。
よく見ると口吻を伸ばして葉に付いた鳥の糞を舐めています。
ミネラル摂取のためと思われますが、カメムシでは初めて見る行動でした。
蝶の場合は獣糞に集まる個体は大体♂と相場が決まっています。
今回のように、昆虫の♀が食糞するのも珍しいのではないでしょうか?
マクロレンズで接写すると、口吻を小刻みに動かして鳥糞を削っているようにも見えます。
カメムシも吸い戻しをするのかな?
捕獲して裏返すと腹端に鋏状突起が無いので、♀と判明。

ところで、最近観察したセアカツノカメムシの交尾でも、交尾している隣のオオバクロモジ葉に鳥の糞が付着していました。
果たしてこれは偶然でしょうか?
想像を逞しくすると、鳥糞を吸汁していた♀の元に♂がやって来て交尾を始めたのかもしれません。




2014/06/23

ヒメハナバチの一種♀を捕食するヤミイロカニグモ♀(蜘蛛)



2014年5月下旬

林縁の用水路脇に生えたニガイチゴの葉にヤミイロカニグモ♀(Xysticus croceus)が乗って食事中でした。
木苺の花で獲物を待ち伏せし、訪花した小型のハナバチを素早く捕らえたのでしょう。

接写しようと近づくとクモは警戒して枝の裏側に隠れようとします。
クモは獲物の腹端を噛んでいました。
餌食となった蜂は既に絶命(毒液で麻痺)しており、ピクリとも動きません。
蜂は後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けています。
ニガイチゴの花粉なのかな?



撮影後にナイフで枝ごとそっと切り落とし、獲物と一緒にクモを採集しました。
採集したクモを飼育する余力がなかったので、70%エタノール液浸標本にしました。
以下の標本写真には全て自動色調補正を施してあります。
腹面に外雌器をもつ成体♀でした。
ヤミイロカニグモXysticus croceus)には同属の近縁種が多く斑紋では区別し難いので、念の為に外雌器の形状を調べて確認しました。

本種の雌成体では外雌器が輪郭がはっきり硬化し、中央で仕切られないハート形をしており、その点で他種と区別できる。(wikipediaより)

外雌器

次はクモの餌食となった蜂の標本写真です。
翅脈を調べると前翅の基脈が真っ直ぐであることからコハナバチ科ではなく、ヒメハナバチ科と判明。

日本産ヒメハナバチ科の属の検索表と見比べて、ヒメハナバチ属の一種(Andrena sp.)だろうというところまでなんとか絞り込みました。


翅脈(翅が曲がってしまい全体が上手く撮れない)

乾燥標本の翅が湾曲してしまい、翅脈の全体をうまくデジカメで記録できません。
押し花を作るみたいに、しばらく重しをかければ真っ直ぐに戻るのかな?

試しにフラットベッドスキャナで取り込んでみました(2400 dpi)。
翅を平面に押さえつけてスキャンするというアイデアは良かったのですけど、機材が古いせいか期待外れの画質でした。
おまけに作業中にくしゃみで後翅が飛んでしまい紛失…。
クリアファイル等に翅をはさんでからスキャンすべきかもしれません。

いつもお世話になっている「蜂が好き掲示板」にて問い合わせたところ、青蜂@管理人さんより以下の回答を頂きました。
胸の赤っぽい毛と、面長な顔で特定できそうでしたが、結局特定できませんでした。ムネアカハラビロヒメハナバチにしては小さいですし・・・。
ハチの乾燥標本を軟化するには、70%程度のアルコールを使用するとよいと思います。ハナバチなど体毛が濡れるときれいな標本に戻すのは大変ですが、翅だけでしたら柔らかくなった翅を押さえて乾燥させればまっすぐになると思います。
ちなみに、私は同定できればよいので、カールするくらいでしたらそのままにしています。

一方、クモが居た木苺の灌木はニガイチゴ(別名ゴガツイチゴ)と判明。


ニガイチゴ花
ニガイチゴ花・全景



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts