2014/06/07

キハダエビグモ♀がハエを狩る瞬間【蜘蛛:ハイスピード動画】



2014年5月中旬

飼育中のキハダエビグモ♀成体(Philodromus spinitarsis)に生き餌としてハエ(種名不詳)を与えてみました。
2日前にノシメマダラメイガを捕食して以来の食餌になります。

狩りの瞬間を240-fpsのハイスピード動画で撮影するために、ハエをCO2麻酔してから容器に投入しました。
壁面で待ち伏せしていたクモが目の前を歩いて来たハエに跳びつきました!
命綱(しおり糸)で安全を確保していることが判ります。
毒牙に噛まれたハエは暴れて羽ばたいていますが、毒液が回るとすぐに大人しくなりました。
しおり糸にぶら下がっていたクモがようやく体勢を立て直して壁面に戻りました。

映像の後半は、狩り成功に至る前の失敗例をNG集としてまとめてみました。
クモがなかなか獲物に興味を示さないので、この日は食欲が無いのかと初めは思いました。
ハエが接近しても無関心だったり、近づいたハエを迷惑げに威嚇して追い払ったりします。
至近距離でハエが身繕いしたりクモの体に触れても無視しています。
歩脚でハエを弾き飛ばすこともありました。
スタッフロールと軽快な音楽を付けて失敗シーンを見せればジャッキー・チェンの映画のエンディングに流れるNG集みたいで面白いかな?という目論見でしたが、面倒臭くなってそこまで編集を凝りませんでした。


サランラップの蓋越しに撮った不鮮明な写真を自動色調補正してあります。

2014/06/06

柱を登るモンカゲロウ♀



2014年5月中旬

神社の床下にカゲロウの仲間がひっそり止まっていました。
近くの沢(渓流)から羽化したのかもしれません。
カゲロウ類には全く疎いのですけど、『カゲロウ観察事典』p2,3,7を調べてモンカゲロウ♀(Ephemera strigata)と判明。
複眼が大きくなく、前脚も短いので♀。
亜成虫の可能性は?

木の柱を少し登りました。
静止姿勢で黒い触角だと思ったのは前脚でした。





ツクバネウツギを訪花するオオマルハナバチ?創設女王



2014年5月中旬

細い山道の脇に咲いたツクバネウツギオオマルハナバチBombus hypocrita)らしき蜂が忙しなく訪花していました。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けています。
時期的にワーカー♀ではなく単独営巣期の創設女王と思われます。

盗蜜癖のあるオオマルハナバチなら花筒の根本から穿孔盗蜜しそうなのに、この個体は毎回、正当訪花していました。
逆光ということもあってか、首元(襟足)に白線があまりよく見えません。
姿形はクロマルハナバチやコマルハナバチにも似ているのですが、コマルハナバチ創設女王にしては大きいのでは?と悩ましい。
クロマルハナバチかな…?(自信なし)

忙しなく飛び回る蜂を必死で撮ったので、複数個体の映像が入り混じっている可能性があります。
それから今気づいたのですけどラストシーンの花はツクバネウツギではなくて、ドウダンツツジの仲間かもしれません。



2014/06/05

オオバクロモジの葉で交尾するセアカツノカメムシ♀♂



2014年5月中旬

里山の林道脇に生えたオオバクロモジの葉で交尾中のセアカツノカメムシAcanthosoma denticaudum)を発見。
この状態で性別を見分けられないのですが(上が♂かな?)、交尾しながら後脚を擦り合わせています。



撮影後にペアを捕獲しました。
しばらく飼ってみると♂の方が早死しました。
腹面の交尾器に顕著な性差があります。
♂の腹端には♀を掴むための赤い鋏状突起があります。
(標本は褪色しています。)

▼関連記事▼
セアカツノカメムシの交尾【マクロ動画】


セアカツノカメムシ♀@オオバクロモジ葉
セアカツノカメムシ♀:腹面@方眼紙
セアカツノカメムシ♀:腹面交尾器@方眼紙
セアカツノカメムシ♂標本@方眼紙
セアカツノカメムシ♂標本:腹面@方眼紙
セアカツノカメムシ♂標本:腹面@方眼紙

スミレの花で吸蜜ホバリングするビロウドツリアブ



2014年5月中旬

雑木林の林床に響く羽音を頼りに探すと、ビロウドツリアブBombylius major)がスミレの花から花へ低く飛び回り、ホバリング(停空飛翔)しながら花蜜を吸っていました。

ノジスミレですかね?(スミレの仲間を見分けるのは勉強不足で難しいです。)



2014/06/04

カワラヒワ(野鳥)の求愛給餌?/巣立ち雛への給餌?



2014年5月中旬

住宅地の電線にカワラヒワCarduelis sinica)が2羽並んで止まっていました。
カワラヒワにしては聞き慣れない鳴き声で騒いでいたので、何事だろう?と望遠で撮影開始。

第一印象では、巣立った雛に親鳥が給餌しているのだろうと思いました。
雛は羽をばたつかせながらヒヨヒヨヒヨ♪と鳴いて餌を催促しています。
餌は何を与えているのか遠くて見えません。
カワラヒワ成鳥は種子食ですけど、種子を吐き戻して与えているのでしょうか?
それとも雛には虫を与えるのかな?(下記参照)
やがて親鳥が飛び去り、雛は電線に残りました。
待機していれば給餌行動を繰り返し観察できたかもしれませんが、先を急いでいたので泣く泣くその場を離れました。

『エソロジカル・エッセイ:無名のものたちの世界IV』という古本の「カワラヒワの繁殖生活」と題した章を読み直してみると、求愛給餌の可能性もあることが分かりました。

私の疑問について全て答えが書いてありました。

抱卵中、♂はほぼ一時間おきに戻って来て♀に給餌する。この♂から♀への給餌は、♀が「チチチ…」と激しく鳴き、翼を小刻みに振るわせ、♂が素嚢という食道の一部が変形した袋の中に蓄えて運んできた餌を吐きもどし、多い時では30〜40回の口移しによって行う。なお、この時に♀がとる行動は、巣立ちして間もない雛が親より餌をねだる行動と同様である。給餌は巣の中で行われることもある。しかし多くは、なわばりの境界付近の木の枝、電線、屋根の上などで行われる。(中略)♂にとっては単に求愛のための給餌にとどまらず、実質的に抱卵中の♀を養う行動となっている。この給餌行動はきわめて目立つ行動であることから、巣から離れた場所で行われることは、捕食者から巣を発見されにくくすることと関係すると考えられる。(中略)雛に与える餌は、ハコベ、タンポポ、ノボロギクなどの草本の種子であり、皮はすべてむかれている。(p50-51より)

給餌を受けていた個体が巣立ち雛なのか成鳥♀なのか、どなたか見分けられる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

遠いが声紋解析してみる?



【追記】
Birdlover.jp氏による見事な動画↓「カワラヒワの求愛給餌行動」を見つけたので、貼っておきます。



羽化したエントツドロバチ♀の帰郷性【飛翔のハイスピード動画】



2014年5月中旬

エントツドロバチ♀(別名オオカバフスジドロバチ;Orancistrocerus drewseni)が室内を飛び回っています。
走光性があり明るい窓に向かって飛ぶとレースカーテンにしがみついてウロウロしたり身繕いしたりしています。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮影してみました

実は昨年、野外に仕掛けた竹筒トラップを秋に回収していました。
竹を割って中の観察もできないまま窓際に放置していたのですが、室内越冬してから成虫が羽化したようです。

竹筒トラップを包んだビニール袋内でここ数日ガサゴソ音を立てていたのが気になっていました。
そのビニール袋に蜂が繰り返し訪れていました。
袋を噛んで穴を開け、中に侵入することもありました。
エントツドロバチは♀のみの単為生殖を行うので、「先に羽化した♂が交尾のため竹筒に戻って♀の羽化を待ち構えている」というありがちなストーリーは成り立ちません。
本種は帰郷性(自分が羽化した巣または隣接した巣に引き続き営巣する習性)があることを思い出して腑に落ちました。

とても人懐こい蜂で、繰り返し私の腕や肩に止まって汗を舐めました。
カーテンレールの隙間に頭を突っ込んで調べていました。
借坑性のエントツドロバチがいかにも営巣地を探索していそうな行動です。
室内で巣作りを始めてくれれば観察に好都合です。
慌てて窓際に新しい竹筒トラップを置いてみたのですけど、なぜかあまり興味を示してくれません。

開け放した窓から同一個体と思われる蜂が繰り返し侵入して室内を飛び回ります。
個体識別のためマーキングを施そうと考えました。

ところが捕獲に失敗し、逃げられてしまいました。
捕虫網を振る手元が狂い、飛んでいる蜂をうっかり手で打ってしまったのです。
これで蜂はすっかり怖がってしまったようで、その後は全く寄り付かなくなりました。
あーあ…。(落胆)

窓を閉めてから落ち着いて捕獲するべきでした。


2014/06/03

吸水に通うキイロスズメバチ創設女王



2014年5月中旬

山腹の林道の轍にできた水溜まりが千客万来の水場になっていました。
キイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)の♀が吸水しながら腹部を忙しなく伸縮させています。
時期的にワーカーではなく単独営巣期の創設女王と思われます。
初回は蜂がスイバの葉に隠れて撮影アングルがいまいちでした。
巣作りの作業中だとすれば巣材集めの合間に定期的に吸水に訪れるだろうと予想し、その場で待機することにしました。
すると案の定、同一個体と思われる蜂が戻ってきました。
計3回撮れたので満足♪

お気に入りの水場の位置を明らかに記憶しているようで、水溜まりを訪れるキイロスズメバチ♀は大体いつも同じ場所で吸水しています。
吸水が済むと毎回同じ方角(南)に飛び去りました。
帰巣する前に巣材集めに向かったと予想したものの、見失いました。



電線から飛び立つチョウゲンボウ(野鳥)



2014年5月中旬

田園地帯の電線に小型の見慣れない猛禽類が止まっていました。
その正体はハヤブサ科のチョウゲンボウFalco tinnunculus)でした。
姿をちゃんと撮れたのは初です♪
すぐに電線から飛び立って、水入れを始めた田んぼの上空を飛び回りました。
旋回して高度を上げているようです。

飛翔シーンを1/8倍速のスローモーションでリプレイしてみたのですけど、ハイスピード撮影してないのでいまいちですね。
トビやノスリの飛び方とは異なり、ひらひらと羽ばたく独特の飛び方が印象に残りました。

▼関連記事▼
ホバリングから獲物を狩るチョウゲンボウ(野鳥)





2014/06/02

スズバチの蛹化【微速度撮影】



2014年5月中旬・脱皮中の室温24℃→23℃

▼前回の記事▼
脱皮に備えて蠕動するスズバチ前蛹【微速度撮影】#2

泥巣から採集し繭から出して飼育しているスズバチOreumenes decoratus)前蛹の脱皮(蛹化)を見逃さないように、連日10秒間隔のインターバル撮影で監視を続けてきました。
油断して撮影を中断していたら遂に脱皮を始めました!
慌てて10倍速の微速度撮影(ジオラマモード)に切り替えて記録しました。(@3:25〜)

腹部を蠕動することで白い皺々の薄皮を腹端の方へ脱いでいきます。
蛹は鮮やかな黄色で、複眼は薄いピンク色。
脱皮するにつれて気管の抜け殻が白い糸のように伸びます。
繭よりも広いプラスチック容器(直径30mm)で飼っているため、蠕動する蛹が容器内で激しく移動します。
寝返りを打った際に左の翅原基が容器の底に少しへばり付き、そのせいで翅が横に飛び出たように根元から捻れてしまいました。
飛べなくなるのではないかと心配ですけど、体が柔らかいうちは下手に手出しすると余計にまずい気がします。
やがて蛹は横向きからうつ伏せになりました。
左脚を一本伸ばして体を支えています。

蛹化が終わった晩、蛹に色素沈着する過程を記録しようと30秒間隔のインターバル撮影を続けました。(@9:07〜)
しかし黒化するのはもっと時間がかかるようです。
(改めて蛹のスライドショーを製作予定です。)
ドロバチの仲間は一般に雄性先熟なので、3匹目(一番発生の遅い)の本個体は体長も大きいことから、おそらく♀と予想されます。

今回採集した小さな泥巣は全く寄生を受けておらず、3室の育房からスズバチが3匹育ちました。

▼つづく
スズバチ♀の変態:蛹から羽化まで【スライドショー】


抜け殻@方眼紙

泥を舐めるサカハチチョウ春型



2014年5月中旬

山腹の林道の轍にできた水溜まりが千客万来の水場になっていました。
春型のサカハチチョウAraschnia burejana)が翅を開閉しながら口吻を伸ばして泥を舐めています。

遠くでツツドリ(野鳥)が鳴いていますね。

▼関連記事(マクロレンズで口吻を接写しています)▼
サカハチチョウ春型の吸水【マクロ動画】



2014/06/01

モズ♂(野鳥)の鳴き真似♪を声紋解析してみる



2014年5月中旬・曇り

郊外の住宅地でモズ♂(Lanius bucephalus)が電線に止まって鳴き続けています。
よく聴いてみると、キョッキョッキョッ♪という縄張り宣言(高鳴き?)の合間に他の野鳥の鳴き真似をしています。
リップシンクロを確認できたので(嘴の動きと鳴き声が一致)、確かにこの個体が鳴いている声です。
ギョギョシ、ギョギョシ♪というオオヨシキリの鳴き真似が余りにもそっくりなので驚きました。
近くに水田があり、本物のオオヨシキリも生息しています。
他にもヒヨドリ(この時期によく耳にする掠れ声混じりのさえずり?)やスズメ(チュンチュン♪)、ヒバリ(ピチピーチ…♪)などの鳴き真似も混じっているでしょうか?
鳴き真似のレパートリーが多い、なかなか芸達者な♂です。
百舌鳥が鳴き真似している証拠映像を撮れたのは前年に引き続きこれが2回目。

▼関連記事▼
モズ♂の鳴き真似♪と虫捕食、ペリット嘔吐【野鳥】



モズ♂の鳴き真似を声紋解析してみる

鳴き真似と言っても空耳かもしれませんから、声紋解析で客観的に比較してみたくなります。
私が声紋解析の真似事を始めた動機がまさにこれです。
音痴な私は絶対音感もなければ鳴き声の「聞きなし」も苦手なので、声紋解析で視覚的に調べるしかありません。
オリジナルのMTS動画ファイルから音声をWAVファイルにデコードしてから鳴いている部分を適当に切り出し、スペクトログラムを描いてみました。


モズ♂のさえずり♪パート
オオヨシキリの鳴き真似♪#1
オオヨシキリの鳴き真似♪#2
ヒヨドリの鳴き真似♪

▼関連記事▼
・オオヨシキリ♂の鳴き声♪を声紋解析してみる【野鳥】
・ヒヨドリ(野鳥)春のさえずり?♪を声紋解析してみる




モズはなぜ他の鳥の鳴き真似をするのか?

漢字で百舌と書くモズの鳴き真似を調べることで、モズがどんな場所に住み、また、そのまわりにどんな鳥がすんでいるか知ることができます。
モズがなぜほかの鳥の鳴き声をまねるのか、そのわけは、いまのところよく分かっていません。
『科学のアルバム:モズのくらし』p41より
素人ながら幾つか仮説を立ててみました。
  1. モズは狩りをする肉食の鳥です。獲物となる小動物を油断させる一種の攻撃的擬態なのでしょうか? 録音したモズの鳴き声をフィールドで流すと逃げたり隠れたりする小動物がいるかな?(プレイバック実験)※追記3参照
  2. 鳴いて縄張り宣言したり求愛したい欲求と矛盾しますが、捕食者や天敵から隠れたいのでしょうか? 特に種間托卵するカッコウに対して警戒が必要です。モズは鳴き声で自分の営巣地や縄張りを知られたくないのかもしれません。ただし鳴き真似でどれだけカッコウを騙し撹乱できるかどうかは疑問です。カッコウはオオヨシキリにも托卵するので、今回のようにモズ♂がオオヨシキリの鳴き真似をしてしまうと結局はカッコウを縄張りに誘引してしまう結果になりそうです(藪蛇)。
  3. 配偶者選択による性淘汰なのでしょうか? ♂がさえずる歌のレパートリーの豊富さが♀による選り好みの対象となった結果、鳴き真似できる♂が繁殖に有利となり誇示するようになったのかもしれません。ヒトに例えるなら、合コンでカラオケが上手だったり物真似の上手い芸達者がもてる状況と似ているでしょうか。
  4. モズの鳴き方は完全に生得的なものではなく雛の時期の学習の成果なのでしょうか? 親の鳴き声を聴いて覚える臨界期にたまたま巣の近くで鳴いている他の鳥の鳴き声も刷り込まれてしまうのかもしれません。モズはなんと猫や犬の鳴き声、鳥の羽音、ヒトの赤ちゃんの鳴き声まで真似ることがあるそうです。もしモズを雛から飼育してオウムや九官鳥のようにトレーニングすれば、臨界期に聞かせたヒトのお喋りを真似るようになるのか、非常に興味があります。(現代では野鳥の飼育は法律で禁じられています。)


【追記】
岩波新書『小鳥はなぜ歌うのか』を紐解いてみると、p104-105
・野性の状態で他の種類の鳥の声を真似る鳥は、たくさんいる。カラス、カケス、ムクドリ、モズなどはよく知られている。

・なぜこれらの鳥が自然状態でも物真似をするのだろうか。これにはいろいろな説がある。たとえば、(1)真似た音を個体識別に使うという説がある。(2)自分の縄張りを自種だけではなく、他の種の鳥からも守るために他種の歌を真似るという解釈がある。(3)美男子論があてはまるかもしれない。物真似をして自分の歌をより変化に富んだものにすれば、より多くの♀が誘われて来るのかもしれない。


【追記2】
『擬態―だましあいの進化論〈2〉脊椎動物の擬態・化学擬態』という本の終章で「鳴き真似の世界:鳥類の音響擬態」と題した渾身の総説が読んでみてとても勉強になりました。
・漢字では「百舌」とも書かれるこの鳥は、100種にはいかないが、本州では10〜20種前後の鳥の鳴き真似をする。鳴き真似はたいしたものであるが、聞こえてくる先が、ウグイスが鳴くにはちょっと開けすぎた草原の中の低木だったり、ヒバリの好みそうもない狭い(谷津)谷戸だったり、また時期がオオヨシキリが渡ってくる前だったりする。また、メロディの途中でつい「ギチッ」などと訛ってしまうのである。(p96より)
・日本ではモデルの鳥がモズの鳴き真似に誘い出される様子は観察されていない。(中略)モズの鳴き真似は、モチーフ資源型に属するものではないかと疑われる。(p109より)

・モズの鳴き真似の中に、モズの繁殖地には通常生息していない種類の音声がまじっていることがある。(p110より) 


【追記3】
『モズの話:よみもの動物記』p126によると、
・樹上で鳴くモズの声に反応して水中にもぐるアカガエルを観察している。・飼っていたカヤネズミの近くでモズが鳴くと、ネズミは右往左往して狂躁状態を呈した。

キハダエビグモ♀が小蛾を狩る瞬間【蜘蛛:ハイスピード動画】



2014年5月中旬

飼育中のキハダエビグモ♀Philodromus spinitarsis)にミクロ蛾を給餌してみました。
狩りの瞬間を240-fpsのハイスピード動画で撮影するために、カメラを準備してから生き餌は炭酸ガスで麻酔してから投入します。
前日にハエを捕食したのにクモは食欲旺盛で、蛾が目覚めて動き始めると結構すぐに跳びついて捕食しました。

走光性で蛾が活発に飛び回ると、待ち伏せしていたクモがそれに反応して歩脚を軽く振り上げて威嚇することがありました。
あまり食欲がないのかと思いきや、クモの目の前に何度目かで来た蛾をようやく狩りました。(@2:11)
待ち伏せしていたクモが獲物に跳びつく際に命綱(しおり糸)で安全を確保していることが判ります。
獲物の胸部に噛み付いたまま、勢い余って落下しました。
容器の底でひっくり返ったクモは、獲物に毒液が回るまでは起き上がりません。
蛾はしばらく暴れています。

室内で見つけたミクロ蛾は色の薄いノシメマダラメイガかと思ったのですが、写真を見直すと自信がなくなりました。
ツヅリガでもないし、何ですかね?
サランラップの蓋越しに撮った不鮮明な写真に自動色調補正を施してあります。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts