2014/05/03

ニホンカモシカ♂(左角欠け)の排尿



2014年4月上旬

▼前回の記事はこちら▼
道端の枯草を食すニホンカモシカ♂(左角欠け)

左角が折れたニホンカモシカCapricornis crispus)が杉植林地の斜面を下る途中で立ち止まっています。
初めは私に気づいていない様子。
ようやく振り返って対峙しました。
しばらく睨めっこしてから、カモシカは斜面をゆっくり下り始めました。
未だあちこちに雪の残る谷底の林床で立ち止まり、軽く腰を落とすと排尿を始めました。(@1:09〜1:26)
用を足し終えるとカモシカは再び林床を歩き出しました。
木の枝に顔を擦り付けて眼下腺マーキングを行ったようにも見えましたが、手前の茂みが邪魔ではっきりしません。

積雪期にカモシカの足跡をトラッキングしていると、大小便を排泄した跡を雪面に見つけることがあります。

▼関連記事▼
ニホンカモシカの溜め糞と小便跡@雪面
実際の放尿シーンを撮影できたのは初めてで、今回の追跡観察で最も嬉しい収穫でした。
フィールドでカモシカの性別を見分けるのはその道のプロでも極めて難しいそうです。

しかし、排尿時の姿勢に性差があることが知られています。

♂は後ろ足を開き気味にし腰を少し低くしておしっこをするが、♀はお尻が地面に着くくらいまで腰をおとす。これが典型的なおしっこスタイルである。では、典型でない場合があるかといえば、ちゃんとあるのだ。斜面の傾斜が急だったせいか♀が中腰でおしっこをしたことがあったし、若い♂が♀と見間違えるがごとく腰をおとすのも何回か見た。結局、排尿するときの姿勢はある程度の手がかりとはなるものの、より確実なのはおしっこがペニスのある腹のほうから放出されているのか、それとも♀の性器がある尾の下から出ているのかを確認することと言える。
(『カモシカの生活誌:十八歳の夏、僕は初めてアオシシに出会った』p46-47より)



宮崎学『森の写真動物記〈7〉草食獣』p16-17によると、
(カモシカの)♂と♀では、おしっこのスタイルがちがうことに気づきました。♂は歩くときとほぼおなじ姿勢でおしっこをするのに対し、♀は腰をおろし、低い姿勢でおしっこをしたのです。


カモシカの迷信。(中略)外見からは性差はわからないが、立ったままでオシッコをするのが♂、腰をかがめてオシッコをするのが♀…とも言われていた。でも、これもウソだよ!♂も腰をかがめて用を足す。(『哺乳類のフィールドサイン観察ガイド』p93より) 


今回の映像を見直すと、後ろ姿の股間に睾丸は見えないものの、若い♂ではないでしょうか。
♀ならばもっと深く腰を屈めるはずです。
尿が腹の方から放出されているので、ペニスのある♂だろうと推測しました。
欲を言えば、側面から撮影したかったです。

四部作完。



キセキレイ♀♪(野鳥)



2013年9月中旬

キセキレイ♀(Motacilla cinerea)が用水路の鉄柵に止まって鳴いています。
この個体は喉が白いので、若鳥または♀のようです。
せっかくの鳴き声がうるさいセミの鳴き声にかき消されてしまっています。
初めは群れで居たのに、カメラを向けたら1羽を残して散り散りに逃げてしまいました。





2014/05/02

道端の枯草を食すニホンカモシカ♂(左角欠け)



2014年4月上旬

▼前回の記事はこちら▼
山を下るニホンカモシカ♂(左角欠け)を追跡

雪道で寒立ちしていたニホンカモシカCapricornis crispus)に少し近づいてから続きを撮り始めると、ようやくカモシカはこちらに背を向けたまま歩き始めました。
雪の溶けた路肩に移動し、地面の枯れ草の匂いを頻りに嗅いでいます。
道端のガードレールに絡み付いた枯れ草を採食しているようですが、後姿しか見えず採食メニューはいまいちはっきりしません。
ときどき動く短い尻尾が可愛いらしいですね。
最後カモシカは道草を食いながら車道の外に下りてガードレールの死角に入ってしまいました。

新緑の草が芽生えてくる時期には未だ早いようです。

▼つづく▼
ニホンカモシカ♂(左角欠け)の排尿



翔べ!ベッコウバエ【ハイスピード動画】



2013年10月下旬

尾根道を歩いていたらタヌキの溜め糞に気づかず、ベッコウバエNeuroctena formosa)が飛び立ちました。
すぐ近くに生えた潅木の紅葉に止まっている個体や溜め糞に戻ってきた個体が再び飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。


2014/05/01

山を下るニホンカモシカ♂(左角欠け)を追跡



2014年4月上旬

▼前回の記事はこちら▼
雪道に立ち尽くすニホンカモシカ♂(左角欠け)

カモシカはつづら折れの雪道をショートカットしてどんどん谷の方へ降りて行きます。
同一個体を追跡しながら撮った移動シーンをまとめてみました。

途中で見失ったものの私がつづら折れの雪道伝いに上からゆっくり近づくと、左角が折れているニホンカモシカCapricornis crispus)は道端の斜面でウワミズザクラの木の下に居ました。
雪の溶けた斜面に生えている笹の葉を採食するかと期待したものの、私のことが気になってか口を付けようとしません。
ようやくカモシカは斜面をゆっくり下り始め、山道に下りました。
雪の無い車道を渡り、杉林の方へ向かいます。
林縁(道端)でスギ枯れ葉の匂いを頻りに嗅いでいます。
そのまま道端を歩き、ガードレールの陰に隠れました。
「頭隠して尻隠さず」の状態の間、私はつづら折れ伝いに道を急いで下りて逆側から接近します。

カモシカはガードレールを越えた斜面で立ち止まっていました。
近眼のカモシカはしばらくこちらに気づきません。
ようやく気づくとキョロキョロしてから急斜面を下り始めました。
林床のスギの枯れ葉を踏みしめながら斜面を降りて行くカモシカの後姿を撮り続けます。
雪の残る谷底へゆっくり歩き去りました。

逃げている間も鼻息を荒らげて威嚇する声は一度も聞き取れませんでした。

▼つづく▼
道端の枯草を食すニホンカモシカ♂(左角欠け)



巣材を運ぶハシブトガラス(野鳥)



2014年4月上旬

平地の宅地で飛んで来たハシブトガラスCorvus macrorhynchos)が電柱の横木(鉄骨)に止まりました。
枯草のような獣毛のようなものを嘴に咥えています。
脚の指に一度挟んでから嘴に咥え直しました。
食物とは思えないので、産座の巣材を集めているところなのでしょう。
それを咥えたままカラスは飛び去りました。

日本鳥の巣図鑑サイトによると、ハシブトガラスの巣は

枯れ枝などを使ったお椀形の巣で、産座に杉皮、シュロなどを敷く


2014/04/30

雪道に立ち尽くすニホンカモシカ♂(左角欠け)



2014年4月上旬

山道の残雪にニホンカモシカCapricornis crispus)の新鮮な足跡を見つけました。
目で追うと足跡は山道を逸れたので追跡を諦めかけたのですが、視線の先に佇むカモシカを発見!
カモシカはつづら折れの道を外れて斜面を近道(ショートカット)して下っている途中でした。

初めは手前の潅木が邪魔で撮影しにくいのですが、カモシカを驚かせないように私も動きを止めます。
慎重に辛抱強く少しずつ接近します。(@3:33〜)
ようやく見通しの良い場所に辿り着きました。(@4:10〜)

雪道でカモシカが佇み、こちらを見上げています。
夕日に照らされた毛皮が美しいです。
不安そうにキョロキョロ見回すものの、逃げたり歩いたりしません。
「アオジシ(=カモシカ)の寒立ち」と称される立位休息なのでしょうか?
ただし口元を見ても反芻行動はしていません。

「アオの寒立ち」としても知られ、冬季などに数時間、身じろぎもせずじっとしている様子が観察される。理由は定かではないが、山中の斜面を生活圏としていることから、反芻(はんすう)をするときに、寝転ぶ場所がないからともいわれている。(wikipediaより)

近くでカケスが警戒声♪を発するとカモシカは振り返って鳴き声のする方を見やりました。(@5:58〜9:40)
カケスはかなり長いこと騒いでいましたが、私の存在に対して騒いでいたのか別の脅威があったのか、不明です。
目線を切らないでカモシカの撮影に集中していたからです。



このカモシカの耳介には特徴が無いものの、左の角が途中で折れているため左右非対称になっています。
この後しばらく追跡した結果、この個体はとある理由で若い♂だろうと判明します。
同じく左角が欠けたニホンカモシカ♂を同じ山系で目撃しています。(@2013年7月下旬)
しかし写真を見比べると別個体でした。

▼関連記事▼山の広場を一周するニホンカモシカ♂(左角欠け)

私がカモシカを見下ろす状態になっているのに、なぜかさほど警戒を示さないのが非常に不思議でした。
鼻息を荒らげて威嚇することもありませんでした。
これはカモシカの定説に反します。

一般にカモシカは、自分よりも下の位置を通る物体には警戒心がないと考えられる。逆に、人間が尾根などの高い位置から接近すると、とたんに「フシェー」と鼻息荒い声を発して威嚇し、沢の方へと一目散に逃走する。(『野生のカモシカ:その謎の生活を追う』p31より)

カモシカは、自分より高い位置にいる自分以外の異種の個体、つまりヒトには神経質だ。(『カモシカの森から:白神・津軽 北の自然誌』p144より)
理由を幾つか考えてみます。
  • カモシカから見ると私の姿は太陽を背にして逆光のシルエットになっている?
  • 実は顔見知りの個体で警戒しなくなった?
  • 視力や聴力が衰えている個体?
  • 厳しい冬を過ごした後で、逃げる体力がないほど衰弱している?(毛並みや皮下脂肪の付き具合を見る限り、素人目には健康そうです。)

この後、動画から写真撮影に切り替えたのですけど、カモシカはシャッター音も気にしませんでした。
ヒト付けできた(時間をかけて私の存在に馴れてもらった)ので、この個体を更に追跡してみます。

▼つづく▼
山を下るニホンカモシカ♂(左角欠け)を追跡



飛べ!トラフシジミ夏型【ハイスピード動画】



2013年7月上旬

堤防の道端に咲いたヒメジョオンの群落で夏型のトラフシジミRapala arata)が花蜜を吸っていました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
指を近づけたらようやく飛んでくれました。
映像後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。
いつも翅を閉じて止まるので、翅表がコバルトブルーとは知りませんでした。



2014/04/29

満月にかかる雲【10倍速映像】



2014年4月中旬

満月(月齢15.3)の晩に程よい量の雲が流れています。
満月そのものよりも月光に照らされた雲の動きに注目して微速度撮影してみました。
ジオラマモードの動画撮影で10倍速の微速度撮影したら、意図せずしてモノクロみたいになってしまいました。
それでも刻々と月が動いていることを実感できました。

天体撮影のノウハウを全く知らないので、単に望遠レンズでズームしただけでは月面の色やクレーターを上手く表現できず自分でも不満です…。
きっとカメラの設定に凝ったり特殊なレンズ・フィルターを装着してインターバル撮影しないといけないのでしょう。




軒下で鳴き騒ぐスズメ(野鳥)



2014年3月下旬

民家の軒下の隙間にスズメPasser montanus)の群れ(つがい?)が代わる代わる潜り込もうと大騒ぎしています。
営巣候補地の奪い合いですかね?
雨樋の近くのベニヤ板が一部めくれており、そこにスズメがぶら下がりました。

賑やかに鳴いていますが、喧嘩の鳴き声も聞こえました。



2014/04/28

マダラスジハエトリ成体♂(蜘蛛)は同種の幼体を共食いするか?



2014年3月上旬・室温20℃

マダラスジハエトリの飼育記録12

マダラスジハエトリPlexippoides annulipedis)の幼体および同種の成体♂を同居させています。

▼前回の記事はこちら▼
同種の幼体に威嚇誇示するマダラスジハエトリ成体♂(蜘蛛)

容器の底で静止している幼体に対して、成体♂が威嚇誇示を繰り返しながら上から近づいています。
成体♂は慎重で、なかなか距離を詰めようとしません。
やがて成体♂は歩脚でおずおずと幼体に触れました。
成体♂はときどき腹部を上下に動かしています(尻ピク)。
もしかするとこれは求愛行動なのかな?と思いつつ撮影したのですが、真相は不明です。

それにしても、幼体が全く動かないのが気になります。
もしかすると私が見ていない間に成体♂に噛まれ毒液で麻痺してるのかと心配になりました。
ようやく幼体が動き、慌てたように逃走しました。
下手に動くと大きな成体♂に捕食される!と幼体は考え、危機感から擬死していたのでしょうか?
幼体に跳びついて狩りを行うチャンスは幾らでもあったのに、結局成体♂は幼体を捕食しませんでした。
映像はここまで。
この記事(映像)のタイトルをどう付けようか、悩みます。

その後、2匹を長期間同居させても共食いしないのが不思議でした。
同じ容器に生き餌を投入すると、あるときは幼体が捕食し、またあるときは成体♂が獲物を捕食しました。
獲物の奪い合いなどは見られませんでした。
もし幼体が♀だとしたら、成体♂は同種と認識した上で自らの攻撃性を抑え配偶相手が脱皮・成熟するまで待っているのかもしれない、と思い始めました。

例えばネコハエトリの成体♂は亜成体♀の脱皮室の近くで待ち構え、♀が成体になった直後に交接します。
単独で飼育するよりも、同居相手がいた方が退屈しない気がします。

ところが42日後の4月中旬、遂にマダラスジハエトリの成体♂が同種の幼体を捕食しているのを見つけてビックリ!
私の予想は外れました。
この日たまたま成体♂の虫の居所が悪かったのか、空腹に耐えかねたのでしょうか。
幼体の性別も分からずじまいでした。

その後もマダラスジハエトリ成体♂を飼い続けている間に種々のクモを獲物として与えてみました。
(ネコハエトリ幼体、オオハエトリ♂、オオヒメグモ、ヒラタグモ、キンイロエビグモ幼体など)
日によってハエ、小蛾やカワゲラなどの昆虫類も与えており、クモだけを与えていた訳ではありません。
たまたま私がクモを捕まえた日は構わずそれを与えただけです。
その結果、どうも解釈が変わってきました。
どうやら相手が自分よりも体長の小さな幼体であっても、ある閾値以上大きなクモに対してはひどく警戒してなかなか攻撃・捕食を行わない、という単純な理由だったようです。
獲物を予め採寸するなどきっちり調べた訳ではないので、個人的な印象論です。
メモとして残しておきます。


【追記】
この♂個体は7月上旬まで生きました。
個人的にハエトリグモの最長飼育記録を更新しました。

羽化したオオフタオビドロバチの初飛行【ハイスピード動画】



2013年6月中旬

山中の泥巣から3月下旬に採集してきたオオフタオビドロバチAnterhynchium flavomarginatum)の前蛹を室内で飼育していました。
越冬してから脱皮して蛹になり、無事に成虫が羽化しました。
性別はどちらですかね?
体長は13.5mm。
体のクチクラが固まるまで丸一日じっとしていました。
翌日ようやく徘徊を始めました。
室内に解放してやり、初飛行の瞬間を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
初飛行は卓上から明るい窓際へ向かって飛びました。
何度か短い距離を飛んだものの、すぐに疲れてしまったようで飛ばなくなりました。
埃で汚れた体を身繕いしながらその場で羽ばたく様子も記録しました。



2014/04/27

ニホンザル頭骨の標本作り

2013年10月上旬

ニホンザルの死骸を土に還す者たち:#22

定点観察に通っていた或る日、害獣駆除の檻が撤去されて猿の死骸2頭が無造作に捨てられていました。
これまで死骸は頑丈な檻の中で守られていましたが、このまま外に放置すると死骸を他の鳥獣に喰い千切られたり持ち去られてしまいます。

もちろん自然界の分解プロセスとしては、むしろそれが普通です。
貴重なサンプルが四散する前に急遽、1頭の死骸Rから頭部を採集して頭骨の標本を作ることにしました。
初心者がいきなり全身骨格標本作りに挑むのは荷が重いので、頭骨に的を絞ります。

骨取りの手順は細かい点でいろんな流儀があるようですけど、一番簡単そうな「頭骨標本の簡単なつくり方」(『頭骨コレクション:骨が語る動物の暮らし』p197〜
)を参考にしました。

遺体の頸骨は既に折れていたので、首の周りの毛皮をハサミで切るだけで頭部を切り離すことができました(断頭)。
屍肉食性昆虫による生物分解が不完全ですけど、残りの作業は自分でやるしかありません。
この時点で脳は無くなっていました。
左右の顔の状態が異なるのは、うつ伏せに死んだ際に左頬を地面に接地していたからです。




次にどうして良いか分からず、ハサミで毛を刈ったりしました。
この作業は不要かもしれません。



首元から顔の皮を剥ぎ始めました。
干からびた皮をハサミやカッターで切ったり力任せに剥いだりしました。
下手に力を入れ過ぎると骨を傷つけたり割ったりしてしまいそうな気がして、おっかなびっくり作業しました。
下顎が外れたときは一瞬焦りました。
骨に癒着した頭皮がどうしても取り切れず、頭頂部にかなり残ってしまいました。
気にしなくてもよいとのことで、構わず次の工程に進みます。

当然ながらゴム手袋着用で、死骸には素手で触れないように注意します。


15cm定規を並べる

2013年10月中旬

100円ショップで買ってきた小鍋(ミルクパン)で頭骨を水から煮ました。
割箸で頭骨の上下を裏返しながら弱火で5分ずつ茹でました。
沸騰すると煮汁が真っ黒になり異臭が出るので、皆さんは近所迷惑にならないようにカセットコンロ等を使い野外でやることをお勧めします。
残った頭皮のタンパク質が加熱されたことによりゴムのようにぎゅっと縮み、引っ張ったら頭骨から簡単に剥がれました。
これは気持ちよい瞬間でした。
それでも未だ取り切れていない組織が頭骨のあちこちにへばり付いて残っています。


全体が浸るように途中でひっくり返す。
頭皮を完全に剥いだ後
頭骨および上顎の下面

次に頭骨を新しい水に浸し、残った組織を時間をかけてじっくり腐らせます。
容器は適当に、1Lのペットボトルを切って再利用しました。
臭いが漏れないようビニール袋で何重にも包んでから、室温で放置しました。
秋から春にかけて、水の交換なしにゆっくり腐らせました。

腐ってきたからと水を取り替えてはいけない。腐敗が遅れる。(中略)腐敗するのに、夏場だと1ヶ月くらい、秋から春までだと3〜4ヶ月くらいかかる。(同書p199より)




2014年4月中旬

ちょうど6ヶ月後、汚れた水を捨て、頭骨を歯ブラシで擦りながら水洗いし、乾かしました。
このとき歯や骨の破片を排水口に流してしまわないよう、ザルで漉すと良いそうです。



乾燥させても骨に死臭が微かに残っていますけど、気にならないレベルです。

愛着が勝り、この匂いにはもう慣れてしまいました…。

骨髄から滲みだした脂が骨に沈着して全体が褐色に汚れて見えますけど、自然な風合いで満足。
漂白処理すると骨が脆くなるらしいので、初めての今回は何も施していません。
骨を煮る鍋(¥105)を買った以外は特別な薬品(タンパク質分解酵素など)にお金を一切かけていません。

上顎から抜け落ちてしまった2本の歯(右の第2切歯および犬歯)を入れ直し、木工用ボンドで接着しました。
頭骨を持って振るとカラカラと音が鳴るのは、他の歯もグラグラ緩んでいるからです。
歯を紛失したら困るので、一本ずつ引き抜いてから同様に接着剤で固定し直します。
虫歯は無さそうです。




次に下顎を調べると、右側の第一切歯が乳歯から永久歯に生え変わり中でした。
すぐ隣にある左側の第一切歯もグラグラ緩んでいたので抜き取ると、奥に永久歯が萌出しかけていました。
これはまさに右側の状態と同じでした(写真なし)。
抜き取った乳歯は木工用ボンドで接着し直します。
当たり前ですけど、歯根が歯茎の穴にぴったり収まることにいちいち感動しました。



下顎を上顎に組み合わせると、上下の歯の噛み合わせがしっくりくることに、これまた感動します。


『頭骨コレクション』を読んでニホンザルの歯の作り(歯式)を勉強します。
哺乳類の歯式は、左右片側について切歯(門歯)・犬歯・小臼歯(前臼歯)・大臼歯の順で表されます。
ニホンザルとヒトは同じ歯式になります。
ニホンザル成獣の歯式は2・1・2・3。
生後6ヶ月(p63)および8ヶ月(p179)のニホンザル下顎骨の標本写真を見ると、その歯式は2・1・2・0。
子どものころは乳歯で、切歯と小臼歯しか生えていないらしい。(p161より。犬歯は?)

以上の予備知識を得てから手元の頭骨標本を見てみましょう。
歯式は2・1・2・1となり、第一大臼歯が萌出しています。
また、右下顎の第一切歯は乳歯が抜けて永久歯に生え変わっているところでした。
虫歯はありません。
以上の特徴からこの死亡個体の推定年齢は2.5〜3.5才のコドモと判明しました。

好奇心旺盛な世代が罠にかかって死んだのでしょう。
永久歯の萠出による年齢査定法について、参考資料はこちら(PDFファイル)。

0~1.5才:すべて乳歯
1.5~2.5才:第1大臼歯萠出
2.5~3.5才:第1切歯および第2切歯萠出
3.5~4.5才:第2大臼歯萠出
4.5~5.5才:犬歯、第1および第2小臼歯萠出
5.5~6.5才:第3大臼歯萠出
6.5才以上:永久歯完全萠出
東京の野生ニホンザル観察の手引きによると、

年齢の区分けは、0歳をアカンボウ、1ー4歳くらいまでをコドモ、4ー8歳くらいまでをワカモノ、9ー10歳以上をオトナ、18ー19歳以上を年寄りとする場合があります。

性別は不明です。
(成獣であれば犬歯の発達具合で見分けられたはずです。)





頭骨全体の乾燥重量は67.5gでした。そのうち下顎骨は16.9g。
(精密な秤ではないので、目安の計測値です。)


ところで、腐敗の進むニホンザル死骸の眼窩や鼻孔に出入りするミツバチを初めて見た時は仰天しました。

▼関連記事▼
ニホンザルの死骸に集まるミツバチの謎

全く意味が分からず、ミツバチの分封群が頭蓋骨内部の空洞で営巣を始めるのかと苦し紛れに想像しました。
ところが頭骨標本を実際に眺めてみると、脳容積は思いの外小さいことが実感できました。
とてもミツバチが巣を作る余裕は無さそうです。
眼窩の奥には視神経が通る小さな穴が開いていて、頭蓋骨の内部に通じています(動画参照)。
しかしこの穴はミツバチが通り抜けるには狭すぎるようです。
頭骨内部に潜り込みたいのであれば、眼窩ではなく鼻孔や口から出入りする方が楽そうです。
しかし死体の猿が歯を食いしばっていたので、口からは侵入しにくかったのでしょう。
という訳で、解剖学的にも我ながら無理のある仮説だったことが改めて分かりました。

シリーズ完。


水溜まりの水を飲むカワラヒワ(野鳥)



2013年4月上旬

平地の砂利道にできた水溜まりでカワラヒワCarduelis sinica)が水を飲んでいました。
初めは群れで居たのですけど、撮り始める前に警戒して逃げられました。
残った一羽がホッピングで水溜まりの岸辺に近づくと、嘴を浸して水を4口飲みました。
最後は鈴を転がすように鳴きながら飛び去りました。






ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts