2014/04/12

マダラスジハエトリ♂(蜘蛛)の脱皮



2014年2月中旬・室温19℃

マダラスジハエトリの飼育記録9

記事の順番が逆になりましたけど、マダラスジハエトリ♂(Plexippoides annulipedis)が最終脱皮しているのに気づいた直後に接写した映像です。
既に脱ぎ終わった歩脚をときどき動かしていました。
腹端だけが未だ抜け殻にくっ付いています。
初めに割れたと思われる頭胸部の抜け殻が容器の底に落ちていました。
腹面(下面)から接写したので、肝心のクモ本体の様子は手前にある脱皮殻の陰に隠れてしまいました。

蓋として張ったサランラップ越しに撮ったので、やや不鮮明な映像になりました。
動画編集時に自動色調補正を施してあります。
蓋を外して直接接写したいのは山々でしたが、脱皮中の無防備なクモを驚かせると暴れて脱皮に失敗しそうなので我慢しました。
下の写真も自動補正しています。

すぐには脱皮が終了しないと判断し、三脚を立てて長時間の微速度撮影に切り替えました。

▼前回の記事につづく▼
成体に脱皮するマダラスジハエトリ♂【蜘蛛:20倍速映像】



飛べ!シータテハ【ハイスピード動画】



2013年5月上旬

林道上に越冬明けのシータテハPolygonia c-album)が止まって日光浴していました。
枯葉から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。

シータテハだと思うのですが、同定用の写真を撮り忘れました…。


2014/04/11

成体に脱皮するマダラスジハエトリ♂【蜘蛛:20倍速映像】



2014年2月中旬・室温19℃

マダラスジハエトリの飼育記録8

数時間前までは普通に静止していたのに、いつの間にかマダラスジハエトリPlexippoides annulipedis)が容器内の上部で脱皮を始めていました。
このところ食欲が無いこともあったのですけど、はっきりした形状の脱皮室(住居網)を作らなかったので、全く油断していました。
雪深い野外では住居網に篭った亜成体が樹皮の下などで越冬しているはずです。

一方、この個体は11月中旬に採集して以来、暖かい室内で飼育し生き餌もときどき与えてやったので季節外れに脱皮したのでしょう。
越冬用に作った袋状住居網を私が掃除のために撤去して以来、なぜか全く住居網を作り直しませんでした。

慌てて動画で記録を始めたものの、気づいた時には脱皮プロセスの後半だったようです。
20倍速の早回し映像でご覧下さい。
既に脱ぎ終わった歩脚をときどき動かしています。
腹端だけが未だ抜け殻にくっ付いています。
初めに割れたと思われる頭胸部の抜け殻が容器の底に落ちていました。
腹面(下面)から接写したので、肝心のクモ本体の様子は手前にある脱皮殻の陰に隠れてしまいました。

新しい歩脚のクチクラが充分に固まるのを待って、抜け殻からするりと抜け出しました。
脱皮殻の横に移動し、容器壁面で下向きに静止。
マダラスジハエトリは成体になると体色・紋様に性差がありますが(性的二型)、この個体は♂成体に特有の紋様に変化し、触肢も発達しています。
つまり採集してから今までは♂亜成体だったことが分かりました。

無事に脱皮できて一安心♪
歩脚に欠損などはなく、きれいな状態です。

サランラップの蓋を通して撮影したので、やや不鮮明な映像です。
蓋を外して直接接写したいのは山々でしたが、無防備なクモを驚かせると脱皮に失敗しそうなので我慢しました。
下の写真は自動補正を施したものです。



同じ素材で再生速度を半分に落とした10倍速映像もブログ限定で公開しておきます。


つづく→シリーズ#9




マダラスズの幼虫?



2013年7月下旬

里山で見慣れない直翅目の小さな虫がノブドウの葉に乗っていました。
葉の上で静止しており、カメラを近づけても逃げません。
指を近づけたらようやく逃げました。

あまりの暑さでマクロレンズを装着するのも億劫でした。
未採集、未採寸。

帰ってから調べると、マダラスズDianemobius nigrofasciatus)の幼虫ですかね?
翅が見えないので成虫では無いと思います。



2014/04/10

野菊の花蜜を吸うモンシロチョウ



2013年9月下旬

道端に咲いた野菊(ノコンギク?)の群落でモンシロチョウPieris rapae)が訪花していました。
複数個体(2頭)を撮影。



ハエを威嚇し追い払うマダラスジハエトリ♂亜成体【蜘蛛:ハイスピード動画】



2014年2月上旬

マダラスジハエトリの飼育記録7

マダラスジハエトリ♂亜成体(Plexippoides annulipedis)の生き餌として、ようやく見つけたヒメフンバエ?を投入してやりました。
ところがこの日のクモは全く食欲が無いようで、目の前をハエが横切っても知らぬ顔。
第一歩脚を万歳のように振り上げて威嚇したり、煩わしそうに追い払ったりすることもありました。
近寄ってくるハエを警戒しつつ?歩脚の先で叩き落とす様子はまるで猫パンチのようです。
その様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
「狩りの失敗」とは明らかに異なる行動です。
その度に驚いたハエはもんどりうって転がり落ちます。
飛んで逃げても、容器の壁にぶつかって落下します。

そのまま同居を続けると結局クモは空腹になり、ハエを捕食していました。(映像なし)
従って、「フンバエは臭いので嫌だ」などの理由による好き嫌いではありません。
満腹であれば面白半分で殺生したり、うざいからという理由で同居者を殺めることはしないようです。
下手に攻撃すると万一反撃された場合に負傷するリスクもあるので、空腹でなければ攻撃性を自重するようプログラムされているのでしょう。


つづく→シリーズ#8

2014/04/09

ナミツチスガリの巣穴を訪れる寄生ハエ



2013年8月中旬

ナミツチスガリCerceris hortivaga)の集団営巣地で一つの巣口を観察していると、おそらく♀の寄生ハエ(種名不詳、ニクバエ科?)が何匹も集まって来ました。
入り口で巣坑を覗き込むもすぐに飛んで逃げる…という行動を繰り返しています。
あるいは入れ替わり立ち代り複数の寄生ハエ♀が訪れているのかもしれません。
一瞬の間に幼虫を産仔しているのでしょうか?
素人目にはそのように見えないのですが、ハエが侵入して幼虫を産仔していないのであれば、穴の奥でナミツチスガリ♀が巣を守っているのかもしれません(在巣かどうか未確認)。

巣穴の上空をハエが激しく飛び回っています。
互いに空中戦のようになることもありました。



ケヤキの葉裏から飛ぶアブラゼミ



2013年8月中旬

民家の庭でアブラゼミGraptopsaltria nigrofuscata)がケヤキの葉裏から飛び立ちました。
セミが木の幹ではなく葉裏に止まっているのはちょっと珍しい?と思って撮影。
今思うと、羽化直後だったかもしれませんね。
近くに幼虫の抜け殻があったかどうか、気をつけて見ていませんでした。
辺りの蝉しぐれがうるさくて、この個体が鳴いていたかどうか、つまり性別は不明です。



2014/04/08

ナンブアザミの花蜜を吸うイチモンジセセリ



2013年11月上旬

用水路脇に咲いたナンブアザミの群落で2頭のイチモンジセセリParnara guttata)が花蜜を吸っていました。
晩秋の日差しが強くて、翅の色が白飛びしてしまいました。



獲物を巣穴に搬入するナミツチスガリ♀【ハイスピード動画】



2013年8月中旬

里山の砂利道にナミツチスガリCerceris hortivaga)が毎年営巣しています。
この歴史のある集団営巣地で、地面に開口している巣穴を少なくとも4つ見つけました。

狩った獲物を搬入する瞬間を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
目移りするので、浮気せずひとつの巣口に注目します。
巣穴の真上に三脚を立て、リモートレリーズを接続して巣口を狙います。
強烈な直射日光で黒いカメラが過熱するので、日傘が必要です。

狩りから帰巣したナミツチスガリ♀が巣口の上を素早く何度も通り過ぎました。
営巣地の景色が三脚などで微妙に変わっているため、迷子になったのでしょう。
あるいは、寄生バエが巣穴の近くに待ち伏せしていないか確かめるために、偵察飛行を行ったのかもしれません。
ようやく巣穴を見つけたようでゆっくり飛来すると(ほぼ停空飛翔)、最後は一気に巣穴に入りました。
麻酔された獲物を腹合わせに抱え、頭は前に向けています。
ツチスガリの獲物は黄色い花粉団子を付けていて、図鑑で見るように確かにコハナバチの仲間♀のようです。
背側からのアングルでは獲物を同定するのは無理ですね。
次回はカメラを巣口横の地面に置いて、側面からハイスピード動画撮影に挑戦してみようと思います。

獲物はどこで狩ってくるのでしょう?
近くの道端に咲いたヤマハギやヌルデで、獲物となるコハナバチ類が訪花していました。
いつか狩りの瞬間を観察してみたいものです。

午前中から正午にかけて観察しましたが、二度続けて貯食してから蜂は巣を閉ざしたまま外出しませんでした。
しかも、一度目の貯食シーンは撮り損ねました。
最も暑い時刻は休息するのでしょうか。


営巣地の全景(3つの巣穴と15cm定規)

2014/04/07

ハエを狩る気のないマダラスジハエトリ♂亜成体【蜘蛛:10倍速映像】



2014年2月上旬

マダラスジハエトリの飼育記録6

マダラスジハエトリ♂亜成体(Plexippoides annulipedis)の生き餌として、この日もヒメフンバエ?を投入してやりました。
ところがクモは全く食欲が無いようで、目の前をハエが横切っても知らぬ顔。
煩わしそうに威嚇したり追い払ったりすることもありました。

▼関連記事▼
ハエを威嚇し追い払うマダラスジハエトリ♂亜成体【蜘蛛:ハイスピード動画】

狩りの動画を撮るのは諦めて、2匹の様子を長時間監視することにしました。
長撮りした映像から10倍速の早回し映像を制作しました。


つづく→シリーズ#7


電線に止まって鳴く♪アブラゼミ♂



2013年8月上旬

住宅地の電柱にしがみ付いていたアブラゼミGraptopsaltria nigrofuscata)が少し飛んで横の電線に止まり直しました。
セミの♀成虫が光ファイバー・ケーブルに産卵して駄目にする事件を思い出して動画に撮ってみたのですが、この個体は鳴いたので♂と判明。
鳴き終えたアブラゼミ♂は電線から飛び去りました。



2014/04/06

舗装路を渡るマルクビツチハンミョウ♀



2013年4月下旬

山間部でマルクビツチハンミョウMeloe corvinus)が車道を横断して道端の草むらに消えました。
♀の産卵行動をいつか観察してみたいものです。

『ファーブル写真昆虫記6:リラの花祭りのお客』p43によると、「マルクビツチハンミョウ♂の腹は、♀に比べて少し小さい」らしいのですが、私には未だ性別をしっかり見分けられません。

【おまけの参考映像】
マルクビツチハンミョウの交尾前行動@動物行動の映像データベース

マルクビツチハンミョウは雌雄の形態差がほとんどなく,雄の触角は雌と同様であり,糸状で多少数珠状となる.


樹液酒場で飛ぶキタテハ、シータテハ、アカタテハ【ハイスピード動画&HD動画】



2013年10月下旬

樹液の滲むミズナラの幹にキタテハPolygonia c-aureum)、シータテハPolygonia c-album)、および後翅を破損したアカタテハVanessa indica)が集まっていました。
蝶が飛び回る様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
アカタテハが飛んで目の前を横切ったシーンは更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。



引きの絵のHD動画でも撮っています。


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts