2014/03/01

ウルシ?の実を食すアオゲラ♂(野鳥)



2013年11月上旬

秋の雑木林でアオゲラ♂(Picus awokera)が何か木の実を採食しています。
頭頂部全体が赤いので♂ですね。
樹種は何でしょう?
遠くて見難いのですけど、ヤマウルシの実ですかね?
ヌルデにしては紅葉した葉の形が違います。
ハゼノキは関東地方以南にしか分布しないので除外。

食後は隣の木(イタヤカエデ)に飛び移り、幹を登り始めました。
幹に止まってあたりをキョロキョロ見回しています。
この後は姿を見失ってしまいましたが、啄木鳥がドラミングする音が盛んに聞こえました。

『野鳥と木の実ハンドブック』p64、66によると、

ウルシは10月頃から熟し始めるが、鳥が採食し始めるのは、早くても12月頃からである。鳥はとにかく、ウルシ属の木の実をよく食べる。

【追記】
キツツキ類はふだんは木をつついて中にいる昆虫を食べているが、果実がたくさんある秋冬になると食べ物を果実に切り替える。(直江将司『わたしの森林研究―鳥のタネまき​に注目して』p52より)

赤トンボ♂♀の連結打水産卵【ハイスピード動画】



2013年9月下旬

農道の水溜まりでアカトンボの仲間(種名不詳)が何組も一緒に産卵していました。
連結打水産卵の様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
タンデムの停空飛翔が見事で、影の動きもフォトジェニック♪
前で飛ぶ♂とのタイミングが合わず、ときどき♀が空振りすることもあります。

♀の腹面は白い。アキアカネ? ナツアカネ?
同定用の写真を撮ろうと思ったときには皆どこかへ行ってしまいました…。


2014/02/28

産卵中のクルマバッタモドキ♀



2013年10月下旬

河川敷の遊歩道で砂の多い地面に穴を掘って産卵しているバッタを見つけました。
胸背にX紋を確認したのでクルマバッタモドキ♀(Oedaleus infernalis)と判明。
この辺りは分布の北限(東北地方南部)らしい。
腹端を伸ばして地面に差し込んでいます。

産卵行動を最後まで見届けたかったのですけど、このジョギングコースを向こうから走って来る人が居ます。
このままではバッタが踏み潰されてしまうか、跳んで逃げられてしまう…と焦り、慌てて採集に切り替えました。
産卵中の♀は意外におとなしく(動きが鈍く)、ありあわせの紙袋を被せるだけで簡単に捕獲出来ました。

クルマバッタモドキ♀が産卵していた穴を覗いてみると、卵は無く未だ穴を掘っている段階だったようです。

交尾が済んで卵が成熟したメスは地面を掘り進みながら腹部を普段の2倍以上のばし、産卵する。卵は非常に細かい泡でくるまれており生まれたばかりは白いが固まると薄い赤褐色となる。メスは力つきるまでの3ヶ月間の間、3-6回ほど産卵する。(wikipediaより)

1円玉を並べた産卵坑

忙しくて数日間、死骸を放置していたら胸背にあったX紋が消えていました(非常に見えにくい)。
標本の翅を広げて、後翅の黒紋を確認しました。
♀にしては小柄な個体のようです。
飼育下での産卵観察にもいつか挑戦してみたいです。
腹部を解剖したら卵を見れたかもしれませんね。


標本:側面@方眼紙
標本:腹面@方眼紙
左翅
前翅
後翅に黒紋

ヒメジョオンの花蜜を吸うジガバチの一種



2013年6月中旬

道端に咲いたヒメジョオンの群落でジガバチの一種が花蜜を吸っていました。
見下ろすアングルなので、顔色が見えず性別不明です。

ヤマジガバチもしくはサトジガバチだと思うのですけど、標本を精査しないと分かりません。
採集する前に逃げられました。
現場の環境は里(山のふもと)なのですが、だからと言って単純にサトジガバチとは限らないのだそうです。



2014/02/27

イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の排便



2013年9月下旬

前回の記事はこちら→「網に付いた枯葉を取り除くイシサワオニグモ♀(蜘蛛)

イシサワオニグモ♀成体(Araneus ishisawai)の観察中に偶然撮れた脱糞シーンをまとめて紹介します。
クモは固形物を摂取しない体外消化なので、排泄物(尿酸混じりの白い液状)も少量で済みます。

シーン1:
食事中の獲物(ノシメトンボ♀)をラッピングし直して隠れ家に固定すると、スルスルと網の中央(甑)に戻りました。
歩脚で網を引き締めて揺すり、網に引っかかった枯葉の位置を探っているようです。
甑で下向きに占座したまま腹端を持ち上げ(網から肛門を離す)、白い液状の糞を大量(5滴)に排泄しました(@0:30)。

シーン2:
甑に占座していたクモが白い液状の糞をポトリ(1滴)と排便しました(@0:55)。
隠れ家に戻る途中で食べかけの獲物に立ち寄りました。
網に枯葉が付いていても、虫のように細かく動かしてやらなければクモは存在に気づいていない様子。(無視しているだけ?)

※ 動画編集時に自動色調補正を施してあります。



▼つづく▼
網にかかったヒメバチを捕食するイシサワオニグモ♀(蜘蛛)

飛べ!ウスバアゲハ【ハイスピード動画】



2013年6月上旬

ハルジオンの群落でウスバアゲハParnassius citrinarius)が花蜜を吸っていました。
花から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。

交尾嚢は付着していないようですけど、性別はどちらですかね?。


2014/02/26

網に付いた枯葉を取り除くイシサワオニグモ♀(蜘蛛)



2013年9月下旬

前回の記事はこちら→「イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の円網を霧吹きで可視化してみる

獲物を捕らえるための正常円網にゴミが付着すると、イシサワオニグモAraneus ishisawai)♀成体はどう対応するでしょう?
落ち葉を円網に投げ付けてみたのですが、隠れ家で食事中のクモは全く無反応でした。
続けざまに計5枚の落ち葉を網に付けても、クモは甑(こしき)に移動しただけで異物が網のどこに付いたか分からないようです。
(分かっているけど面倒なので無視しているだけ、という可能性もありますね。)
更にその枯葉を指でつついてもクモは知らん顔。
(映像はここから。動画を編集する際に自動色調補正を施し、円網の糸を強調しました。)

次に極細の小枝を拾って、しなる先端で網上の枯葉に細かい振動を与えてみます。
これでようやくクモを騙すことができました。
甑から駆けつけて獲物ではないと気づいたクモは、直ちに異物を網から取り除き始めました。
夕方で薄暗くなってきたので、白色LEDのライトで照らしながら撮影します。
枯れ葉に付いた糸を丹念に一本ずつ切って網から外すと捨てました。
いったん甑に戻ったクモは下向きに占座。
もう一つの枯れ葉にも気づいたようで、対処に向かいます。

ゴミを取り除く度に甑へ戻り下向きに占座すると、歩脚で何度か網を引き締めました。
このときの振動で網に異物が付いていないかどうか判断しているようです。
異状なしと分かればすぐに隠れ家に戻り、食べかけの獲物(ノシメトンボ♀)に食いつきました。
これを食べ終わるまでは、暗くなったからと言って食べかけの獲物を甑に運び直して居場所を変えることはないようです。

撮影中、照明に引き寄せられた虫が飛来し、網にかかりました。
捕帯でラッピングするまでもない小さな獲物なので、クモはそのまま捕食しました。

今度はカメラを三脚に固定してから、実験を繰り返してみます。
クモは5枚の枯葉を全て網から撤去しました。
商売道具のメンテナンスを欠かさない姿を見れば、誰でも感銘を受けるでしょう。

ゴミを取り除いた網は更に穴だらけになりました。
それでもクモは網を取り壊したり新しく張り替えたりしてくれません。
暗くなっても隠れ家に食べかけの獲物がある限りは、とにかく食事が優先なのでしょう。
ある程度空腹にならないと網を張り替える気にならないのかもしれません。
イシサワオニグモの造網作業をどうしても観察したくてあの手この手を使ってみたものの、結局この日も待ちぼうけでした。
下手に干渉したりせず、愚直に終日監視するしかなさそうです。

ところでクモはゴミの撤去作業に出かけている間も「食事の途中である」としっかり記憶しているのですかね?
もし、クモが隠れ家を離れて作業中にこっそり食べかけの獲物を盗んで網の別の場所に付け直したら、クモはどのように行動したでしょう?
網の振動を感知して全てはお見通しかな?

つづく→「イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の排便



【追記】
『網をはるクモ観察事典』p10によると、
造網性のクモは、網を振動させる行きた獲物だけをえさにします。そのため、小さな枯れ葉やゴミが網にかかっても、獲物とまちがえることはありません。でも、枯れ葉を音叉で振動させると、クモは枯れ葉を獲物とまちがえて糸を巻きはじめます。

クロバナエンジュを訪花するコアオハナムグリの群れ(花粉摂食、交尾失敗)



2013年6月中旬

道端に生えたクロバナエンジュ(=イタチハギ)の潅木でコアオハナムグリGametis jucunda)が花に群がっていました。
辺りをブンブンと活発に飛び回っているのは♂なのかな? 
ハナムグリの仲間は鞘翅(前翅)を閉じたまま飛びます。

緑色型4匹と紅型1匹が花穂を歩き回り、花粉を摂食しています。
そこへ新たに一匹が飛来し、花穂に着陸するや食事中の♀にいきなり背後からマウントしました。
ところがしがみ付かれた♀が暴れて、一緒に落下してしまいました。
交尾シーンを見届けられず残念。

映像後半は、花粉を食す口器を接写してみます。(複数個体)
風揺れに悩まされました。



2014/02/25

イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の円網を霧吹きで可視化してみる



2013年9月下旬

前回の記事はこちら→「イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の体外消化

イシサワオニグモ成体♀(Araneus ishisawai)は正常円網の左上にある隠れ家で食事を続けています。
網を可視化するために、持参した霧吹きで水滴を全体に噴霧してみました。
秋晴れで空気が乾燥している(湿度が低い)のか、糸に付着した水滴がすぐに乾いてしまいます。
そのため、可視化の効果は「まあまあ」でした。
雨上がりのクモの巣はフォトジェニックですよね。
※ 動画編集時に自動色調補正を施して網や糸を更にシャープに強調しています。
逆光になった部分は網が全く見えません。
網の背後に大きな黒い布を張り巡らそうかと考えたりもしました。

(そこまでするんだったら、採集して飼育下で観察するべきか…?)
静止画写真の場合はストロボを焚けば済む話ですけど、昼間に動画で記録するのは結構大変です。
現場に強力な照明機材を持ち込まないといけないでしょう。
おそらく前日から網を張り替えていないので、トンボを計3匹給餌した結果、網のあちこちが破けています。
どうせならきれいな状態の網に霧吹きして、美しい幾何学構造をお見せすれば良かったですね。

一方、隠れ家のクモは網の振動を感じているはずなのに霧吹きされても全く無反応で食餌に夢中です。
もしかしたら隠れ家から糸を引いて落下し慌てて逃げるかなと予想しましたが、そこまで臆病ではありませんでした。

実はもう一つ撮影したいテーマとして、造網開始を今や遅しとひたすら待っていました。
霧吹きで濡れた横糸の粘着力が落ちて使い物にならなくなり、網を張り替えてくれるかと期待したのです。(一石二鳥の狙い)
しかし、この日の観察では夕方まで待っても円網を張り替えませんでした。
観察する時間帯が悪いのかもしれません。
朝から大きな獲物(ノシメトンボ♀)を給餌したので、満腹状態のクモはわざわざ網を張り替える動機が薄れるのでしょうか。



つづく→「網に付いた枯葉を取り除くイシサワオニグモ♀(蜘蛛)

ヒャクニチソウを訪花するヒメアカタテハの飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年11月上旬

民家の庭に咲いたヒャクニチソウヒメアカタテハVanessa cardui)が訪花していました。
花から花へ飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。



同一個体の吸蜜シーンを通常のHD動画でも撮ってみました。
冬も近づき、ヒャクニチソウの花はかなり色褪せています(枯れかけ)。



2014/02/24

オオスズメバチ♂の身繕い



2013年11月上旬

山間部の道端でキイチゴの葉にオオスズメバチVespa mandarinia japonica)が止まっていました。
初めは休息・日光浴しているだけかと思っていたら、念入りに身繕いを始めました。
この個体は触角が長く腹部が7節あるので♂(雄蜂)でした。
捕獲して毒針が無いことを確かめようかと迷いました。
その間に、蜂は山林へ飛んで逃げました。
これから交尾相手の新女王を探しに行くのでしょうか。



ハルジオンの花蜜を吸うメスグロヒョウモン♀



2013年6月中旬

山間部の道端に咲いたハルジオンの群落でメスグロヒョウモン♀(Damora sagana)が花蜜を吸っていました。
翅をほぼ全開に広げ、緩やかに開閉しつつ吸蜜しています。
花は萎れかけのように(くたびれて)見えますけど、なかなか離れようとしません。
ヒメシジミ♂が飛来すると交尾拒否のような姿勢をとり(ぴくっと翅を動かし、腹端を軽く持ち上げる)、追い払いました。



2014/02/23

イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の体外消化



2013年9月下旬

前回の記事はこちら→「網にかかったノシメトンボ♀を隠れ家に運んで食すイシサワオニグモ♀

イシサワオニグモAraneus ishisawai)♀成体は隠れ家でノシメトンボ♀(Sympetrum infuscatum)を食べ続けています。
口器の動きを側面から接写してみました。
獲物の組織は強力な消化液で溶かされタール状に黒変しています。
鋭い大顎で肉塊を噛みしめると、ジューシーな肉汁が滲み出ています。
それを吸汁するだけで、クモの食事は固形物を飲み込みません。(体外消化

参考記事:「蛙を食すイオウイロハシリグモ♀

【追記】
クモの解剖学的な基本(上顎と下顎の機能の違い)をあやふやのままでしたが、
クモの餌の食べ方は上顎の牙を獲物の体に突き刺して、毒液を注射して弱らせ、下顎で噛んで、口から消化液を注ぎ込んで、肉を溶かす。消化されてジュースのようになった肉を、胃に吸い込むのだそうだよ。(『観察の本6:クモたちの狩り(上)』p7より)


体外消化が進むと獲物は原形を留めず黒変。
つづく→「イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の円網を霧吹きで可視化してみる


スズメ(野鳥)は有毒ヨウシュヤマゴボウの実を採食するか?



2013年11月上旬

民家の庭でヨウシュヤマゴボウの茂みにスズメPasser montanus)が賑やかに鳴きながら群れていました。
手前の茂みが邪魔でよく見えずもどかしいのですが、羽繕いしたり何か実を採食したりしています。
有毒植物であるヨウシュヤマゴボウの黒く熟した実をスズメが啄んでいるのか、それともたまたまヨウシュヤマゴボウの茂みで休んでいるだけなのか、非常に興味があります。
ヨウシュヤマゴボウの群落に巻き付いた別の蔓植物の実を啄んでいるのかもしれません。
明らかに私のことを警戒していますけど、少なくとも熱狂的にヨウシュヤマゴボウの実を採食するほど大好物という訳ではなさそうです。

鳥類では、成鳥が(ヨウシュヤマゴボウの)果実を摂食しても種子を破砕しないかぎり影響は少ないが、雛が摂食すると、死亡率の増加や運動失調などが見られる。(wikipediaより)

【追記】
「ヨウシュヤマゴボウの実を食べるキジバト」と題した生態写真が『カラー版自然と科学37:カワセミのすむ川』という本のp22に掲載されていました。



【追記2】

ヨウシュヤマゴボウという周食散布の外来植物が侵入してきている。この植物の果実は鳥に好んで食べられることが知られている。
(直江将司『わたしの森林研究―鳥のタネまき​に注目して』p136より引用)
ハシブトガラスがベランダに落としたフンやペリットに含まれる種子を調べた研究の結果、ヨウシュヤマゴボウの種子を散布していることが分かった。(同書p113棒グラフより)

果実をよく食べる鳥では、腸が短いこと、(解毒のために)肝臓が大きいことが知られている。
(同書p41より引用)


飛べ!ウスバミスジエダシャク【蛾:ハイスピード動画】



2013年6月中旬

渓流横のエンレイソウの葉の上に見つけた蛾です。
翅を全開にして止まっていました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
物を投げつけたら1回で逃げてしまったので、後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。

新・蛾像掲示板にて問い合わせたところ、デカイガさんから「ウスバミスジエダシャクHypomecis punctinalis conferenda)ではないか」と教えて頂きました。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts