2014/02/22

網にかかったノシメトンボ♀を隠れ家に運んで食すイシサワオニグモ♀



2013年9月下旬

林道脇に正常円網を構えるイシサワオニグモAraneus ishisawai)♀成体の定点観察。

朝一番に見た時は網の甑(こしき)で下向きに占座していたクモが、いつの間にか円網左上の隠れ家に移動していました。
枠糸を固定した倒木の枝先を昼間の隠れ家としているようです。
ただし隠れ家と言っても、外からは丸見えです。
特に枯葉などでカモフラージュしている訳ではありません。


クモ生理事典2011」によるとイシサワオニグモは
網の一端を折り曲げて簡単な住居を作り,昼間はその中に 潜む.

脚先で信号糸?に触れ、網の振動を感知できるように待機。

現場の近くで捕獲したノシメトンボ♀(Sympetrum infuscatum
)を円網に投げつけ給餌してやりました。(予め前翅をむしってあります。)
ところが隠れ家のクモは知らぬ顔で無反応。
食欲がないのか、午前中は寝ているのか、あるいは網の振動が隠れ家まで伝わらなかったようです。
網にかかった獲物を草の葉でつついたらトンボが暴れ、ようやく気づいたクモが獲物に駆け寄りました。
(映像はここから。)
まず獲物に噛み付いて毒液を注入し、獲物の動きを止めます。
次に捕帯で獲物をグルグル巻きにラッピングし始めました。

前日(夕方)は獲物の包みを甑に持ち帰って捕食しましたが、今回(午前中)は甑を通り過ぎて隠れ家にテイクアウト。

前回の記事はこちら→「網にかかったオオアオイトトンボ♀を捕帯でラッピングするイシサワオニグモ♀(蜘蛛)
網の中央(甑)で白昼堂々、食事をするのは目立ち過ぎて野鳥やクモバチなどの天敵に襲われる危険が高いのでしょう。

獲物を枠糸に固定してぶら下げると下向きに静止し、身繕い。
ようやく落ち着いたクモが獲物の包みを手繰り寄せると、捕食開始。
食事(体外消化)の途中で何度も獲物を糸でラッピングし直します。
再ラッピングの際は捕帯の量が少ない気がします。
獲物が暴れているときとは違い、使う糸を倹約しているのでしょう。

クモが大顎でトンボの固いクチクラをカリカリ、バリバリ噛む音がときどき聞こえます。
初めクモはトンボの胸部を噛んでいましたが、やがて細長い腹部に口を付けて吸汁していました。
ノシメトンボ♀の尾端から卵塊が出ていました。
食事とラッピングを繰り返すと、次第に獲物はコンパクトな包みになりました。
体外消化が進むと、タンパク質が溶かされて獲物は真っ黒に変わりました。
翅がなければ最早トンボとは分からないでしょう。


つづく→「イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の体外消化

腹部の両肩に突起がある。
腹面中央に外雌器と垂体が見える。
体外消化が進むと獲物は原形を留めず黒変。

ヒヨドリ(野鳥)の羽繕い



2013年4月下旬

咲きかけの桜の枝にヒヨドリHypsipetes amaurotis)が止まり、嘴で羽繕いしています。




ハルジオンの花蜜を吸うキンモンガ(蛾)



2013年6月中旬

道端に咲いたハルジオンキンモンガPsychostrophia melanargia)が花蜜を吸っていました。
翅をゆるやかに開閉しながら吸蜜しています。
口吻の伸縮を接写することができました。



2014/02/21

タヌキの溜め糞で停空飛翔するキイロスズメバチ♀



2013年10月下旬

暗い杉林を通る林道(砂利道)の真ん中にホンドタヌキの溜め糞が残されています。
その周りで1匹のキイロスズメバチ♀(Vespa simillima xanthoptera)が地面すれすれに(低空で)ホバリング(停空飛翔)していました。
ハエなど糞食性の昆虫を狩ろうと探索・待ち伏せしているのでしょうか。
以前も別の場所(尾根道)でタヌキの溜め糞に来ているキイロスズメバチを観察したことがあります。

関連記事→「タヌキの溜め糞に集まるキイロスズメバチ♀
しかし実際に獲物を狩ったシーンを目撃したことは未だ一度もありません。
タヌキの溜め糞に監視カメラを設置してみようかな?

この時期の♀はワーカーとは限らず新女王の可能性もありますが、私には見分けられません。
同一個体の飛翔シーンをハイスピード動画に撮ってみたものの、光量不足で画質が悪く、使い物になりませんでした。


薄暗いのでストロボを焚いたら溜め糞のこんもりした立体感が失われてしまいました…。柿の種などが混じっています。

ボタンヅルを訪花するエゾクロツリアブ♀の停空飛翔【ハイスピード動画】



2013年8月下旬

農村部の民家の庭先に咲いたボタンヅルツリアブの仲間が訪花していました。
ホバリング(停空飛翔)の様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。

ビロウドツリアブとは異なり長い口吻を持たないので、停空飛翔しながらの吸蜜は無理な筈です。
それなのにボタンヅルの花の手前で結構長い間、ホバリングしていました。
ようやく花に着陸しても、少し舐めてからまたすぐに飛び立ちます。
おそろしく燃費の悪い無駄な行動のように見えますけど、何か理由があるのでしょうか?

ボタンヅルの葉や近くの建物の壁に止まって休んだ際に、しっかり写真に撮ることができました。
複眼の形状から素人目には♀のように見えます。
産卵(産仔)行動でもないようです。
寄主(マメコバチ)が訪花するのを待ち構え、巣まで尾行する作戦なのかな?

翅の模様を資料と見比べると、エゾクロツリアブAnthrax jezoensis)と判明。

【参考文献】 Genitalia of the Japanese Species of Anthrax and Brachyanax (Diptera, Bombyliidae) 1995 
(インターネットで検索すると全文PDFが無料でダウンロードできます。)
マメコバチの巣に寄生するらしい。(ソース1ソース2



【追記】
英語版wikipediaで近縁種のAnthrax anthraxの行動について興味深い記述を見つけました。
花の上でホバリングをするスローモーションの映像が掲載されており、それを注意深く見ると、飛びながら前脚で花に触れて花粉を集めているようです。
その後に空中で足先を舐めて花粉を摂取するのでしょうか?
解説はこちらのサイト(Insect Behavior)の方が少しだけ詳しい。
私も次に機会があれば、停空飛翔するクロツリアブの側面から撮影して集粉行動かどうか突き止めたいものです。


2014/02/20

翔べ!ゴマダラカミキリ♀



2013年8月上旬

里山で林道脇の潅木の葉に止まっていたゴマダラカミキリAnoplophora malasiaca)が飛び立ちました。
一度は飛び損ねたものの、2度目で成功。
近くの枝に着陸した後に、再び飛び去りました。
左の触角の先が欠損している個体です。
触角がそれほど長くないので、性別は♀ですかね?



セイタカアワダチソウの花蜜を吸うキクキンウワバ(蛾)



2013年11月上旬

平地の畑を通る農道の脇に咲いたセイタカアワダチソウの群落でキクキンウワバThysanoplusia intermixta)が訪花していました。
腹部が丸々と太った個体なので、もしかすると♀なのかもしれません。
口吻を伸ばして吸蜜している最中も、翅を小刻みに震わせています。
いつでも飛び立てるように準備運動を怠らないのでしょうか(アイドリング運転)。

黄金色に輝く三日月模様が前翅にあり、お洒落ですよね。
蛾の苦手な人にぜひ見てもらいたい美麗種のひとつです。

夕暮れで薄暗いので、映像のラスト1分間だけ自動色調補正を施しています。
色合いが少々どぎつくなってしまったかもしれません。

『昆虫の集まる花ハンドブック』p25によると、帰化植物セイタカアワダチソウは

蜜や花粉が大量、かつ容易に摂れるので、様々な昆虫が集まる。(中略)日本在来の植物の花粉媒介者を奪ってしまうともいわれる。

翅裏
全景

2014/02/19

アカヤマアリ♀の群れ



2013年8月下旬

アカヤマアリFormica sanguinea)の巣の定点観察。

奴隷狩りの様子を是非とも観察したかったのですけど、既に時期を過ぎてしまったのでしょうか。
気軽に通える場所ではないので、夏は他のことが忙しくなると足が遠のいてしまいました。
久しぶりに見ると、このコロニーの奴隷アリ(クロヤマアリFormica japonica
)は激減してほとんど姿を見なくなりました。

アカヤマアリのワーカー♀が巣口の付近をうろうろと右往左往しています。
巣口は路肩の影となり、撮りにくい…。



オニベニシタバ(蛾)の威嚇と飛翔【ハイスピード動画】



2013年10月下旬

ミズナラの幹に止まって樹液を吸っているオニベニシタバCatocala dula dula)は翅を閉じていると周囲の樹皮に完璧に紛れ込んでいます。
後翅の赤い模様を広げた瞬間を見たくて、240-fpsのハイスピード動画で長撮りしてみました。

シーン1:
近づいてきたハエに対して翅を広げて威嚇しました。

シーン2:
先客のアカタテハに対して翅を激しく広げて追い払いました。(占有行動)
この瞬間の後翅の黒紋からオニベニシタバと判明。
力関係の序列はオニベニシタバがアカタテハよりも上になるようです。
(オオスズメバチ>オニベニシタバ>アカタテハ>ハエ)

シーン3:
飛び立ちの瞬間を撮りたかったのですが、何度も小石を投げ付けたくらいでは逃げませんでした。
自分の保護色に絶対の自信があるようです。
蛾の横から幹を棒で叩いたら漸く飛んでくれました。
驚かせたら翅を広げて派手な後翅を見せてくれるかな?と思ったりもしたのですけど、飛んで逃げました。

シーン4:
シータテハを撮っていたら、目の前を偶然オニベニシタバが飛んで横切りました。


(オニベニシタバの)あざやかな後翅には、捕食者である鳥への視覚撹乱効果があるとされており、飛んで逃げる際に消失する色、この視覚情報の切り替えに鳥は惑わされるといわれる。
『樹液に集まる昆虫ハンドブック』p27より



2014/02/18

樹液酒場で口付けを交わすオオスズメバチ♀(栄養交換)



2013年10月下旬

樹液が滲むミズナラの幹を歩き回ったり、立ち止まって身繕いしているオオスズメバチ♀(Vespa mandarinia japonica)がいます。
樹液酒場で吸汁している蝶を見つけると、駆け寄って追い払っています。(餌場の専有行動)

幹を徘徊パトロール中にもう1匹のオオスズメバチ♀と遭遇し、出会い頭に長い口付けを交わしました。(@2:05)
これは社会性ハチ類で見られる栄養交換と呼ばれる行動で、同じコロニーから来た仲間に口移しで樹液を分け与えているのだろうと初めは思いました。
2匹の体長にやや差があります。
ただの個体差なのか、それとも新女王とワーカーの組み合わせなのか、不明です。
近くでシータテハが鬼の居ぬ間に樹液を吸汁しています。

しばらくすると、ミズナラの木の周囲でオオスズメバチ♀同士が激しい空中戦をしていました。(映像なし)
慌てて録画を始めると(@3:00)、2匹が幹に止まってからまたもや口付けを交わしました。
喧嘩の続きで大顎で噛みつき合っているようには見えません。
挨拶の結果、同じ巣由来の仲間であると認識し、和解できたようです。
相次いで平和に飛び去りました。
ただし巣がどこにあるのか突き止めないことには、上の解釈も想像に過ぎません。

スズメバチ関連書を読むと、オオスズメバチは同じ巣の仲間と協同で餌場を防衛・占有し、異なるコロニー間では餌場を奪い合う争いがあるのだそうです。

とりあえずこの樹液酒場に何匹のオオスズメバチが通ってきているのか知りたいところです。
そのためには、蜂を片端から生け捕りにして個体標識する必要があります。
相手がオオスズメバチでは特にしっかり準備して挑まないと危険が伴いますので、今後の課題です。
せめてその場で体長を測れれば、ワーカー/新女王の区別が付いたかもしれません。

以前、コナラの樹液酒場でも同様の栄養交換を観察しています。

関連記事→「樹液酒場のオオスズメバチ

【参考】
「都市のスズメバチ」サイトによると、

栄養交換は成虫同士でも頻繁に行われ,甘露や樹液などの液状の食物を口移しでやりとりします.行う場所は巣盤,巣口,外皮などですが,オオスズメバチでは樹液の採集場所でも頻繁に行われます.


キアゲハ帯蛹aの胎動【10倍速映像】



2013年8月下旬・室温23℃→24℃

キアゲハの飼育記録13

オオハナウドの葉裏に蛹化してから62日後、キアゲハPapilio machaon)の帯蛹aは未だに羽化しません。
この日は朝からときどき自発的に蠕動しています。
最近は朝晩が涼しくなったので、休眠から目覚めて羽化間近なのでしょうか?

この突発的な胎動を動画に記録しようとすると、いつ動くのか全く予測不能なので長時間監視するしかありません。
ジオラマモードの動画(10倍速の微速度撮影)で長撮りしてみました。

ところが、この蠕動運動もやがて見られなくなり、秋が来ても冬になっても成虫は羽化してきませんでした。
変態に失敗して蛹が死んでしまったのでしょうか。
蛹を解剖して中を調べてみるべきか、迷っています。
春になったら羽化するんじゃないかという僅かな可能性に賭けたい気もあります。
体内寄生されているのなら、蜂でもハエでも出てきて欲しいものです。

蛹化してから室内の卓上に放置していたのですが、もしかすると夜の照明で蛹の体内リズムが狂い、長日条件(秋が近い)と勘違いしたのかもしれません。

2匹の幼虫を飼ってみた結果、1匹(個体b)はアゲハヒメバチに寄生されており、もう1匹(個体a)も蛹で死んでしまいました。
機会があれば飼育に再挑戦し、キアゲハの羽化を見てみたいものです。


【追記】
2014年5月下旬
依然として羽化しない帯蛹の殻を割ってみました。
やはり変態に失敗したようで、中身はパリパリに干からびており正常な成虫の形にもなっていませんでした。


2014/02/17

ミズナラの樹液を吸うオニベニシタバ(蛾)



2013年10月下旬

ミズナラの樹液酒場にカトカラの仲間も来ていました。
前翅の模様が樹皮にそっくりで、動かなければまず見つけられないでしょう(保護色)。
ところがなぜか翅を半開きにしているので、赤い後翅が目立ちます。
エゾベニシタバにしては前翅の黒いギザギザ線が違います。
オニベニシタバCatocala dula dula)ではないかと思うのですが、どうでしょうか?

赤い口吻を伸ばして樹皮を舐めながら幹を歩き回っています。
樹液の滲む場所を探し当てると、口吻を差し込み夢中になって吸汁しています。
そこへオオスズメバチが飛来し、追い払われました。(@1:50)
さきほど後翅を少し広げ警告色?(眼状紋にしては不完全)を見せていたのは、オニベニシタバの緊張の現れだったのかもしれません。
今度はリラックスしているのか、樹液を吸いながら翅を閉じています(後翅の赤紋は見えない)。
しばらくすると再び同じミズナラの幹にこっそり舞い戻ってきました。(※)

(※)左翅の縁が破損しているので同一個体だと思ったのですが、改めてよくよく見ると微妙に違うかもしれません。
発酵した樹液の匂いに誘われて後からやって来たハエ(種名不詳)が図々しく近寄ると、オニベニシタバは突っかかるように威嚇して追い払いました。(@7:20、8:05)
相手がハエだと蛾然強気です。(餌場の専有行動)
威嚇の際に翅も少しだけ動かしましたが、後翅の派手な模様を見せつけるまでは広げませんでした。

昼間の樹液酒場は蝶が多いですけど、夜になれば他にも色々な蛾がやって来て面白そうです。
夜間の観察は今後の課題。



アレチウリに訪花するコアオハナムグリの飛翔【ハイスピード動画】



2013年9月下旬

河原の土手に繁茂したアレチウリの群落でコアオハナムグリGametis jucunda)も訪花していました。
飛翔シーンと花に着陸する様子を240-fpsのハイスピード動画で撮れました。
ハナムグリの特徴として、鞘翅を閉じたまま、後翅だけで羽ばたいています。
偶然ミツバチも通り過ぎました。



2014/02/16

蛹化直後のキアゲハ帯蛹a【微速度撮影】



2013年6月下旬

キアゲハの飼育記録12

食草オオハナウドの葉裏で蛹化したキアゲハPapilio machaon)の蛹aを微速度撮影してみました。
30秒間隔で翌朝までの一晩中(6時間48分間)インターバル撮影した計814枚の写真を素材に早回し映像を制作しました。
帯蛹はかすかに蠕動しています。
水差しにしておいたオオハナウドの葉が萎れてきたようで、帯糸で蛹が固定された葉の角度がみるみるうちに急になりました。
蛹の色の変化を記録するつもりでしたが、照明の白飛びでほとんど分からず仕舞いでした。
白色LEDライトの光をディフューザーで和らげればよかったですね。
全く同じ失敗を凝りもせずに繰り返しているようですが、(だからこそ今までお蔵入りしていた訳です。)
この時期は飼っていた2匹のキアゲハ幼虫a,bが次々に蛹化したので撮影に精一杯で、撮れた映像を確認して反省・改善する暇がありませんでした。

つづく→シリーズ#13


ススキの穂から飛び立つカシラダカ【野鳥】



2013年11月上旬

平地の畑でちょっと見慣れない鳥を発見。
木の枝から飛び立つと、枯れススキの穂にしばらく止まっていました。
背景でうるさく鳴いているのは確かヒヨドリだったと思います。

ホオジロ♀やヒバリかと思ったのですが、お腹の色が白いことから、たぶん冬鳥のカシラダカEmberiza rustica)だと思います。
もし間違っていたらご指摘願います。

参考サイト:カシラダカとホオジロの見分け方


ヒバリの北部個体群や積雪地帯に分布する個体群は冬季になると南下する(wikipediaより)



ミズナラの樹液を吸うシータテハ



2013年10月下旬

シータテハPolygonia c-album)がミズナラの幹に止まり、翅を全開にしています。
口吻を伸ばして樹液を吸汁しているようです。
(日光浴をしているだけかもしれません。)
樹液酒場を占有しようとオオスズメバチが飛来し、シータテハは慌てて逃げて行きました。
それでもまたすぐに別の樹液スポットに戻って来るので、結局イタチごっこになります。

シータテハが樹液を舐めながらオシッコを排泄するシーンも目撃しました。(映像なし)
ハイスピード動画で記録したかったのですが、千客万来の樹液酒場で目移りしている間に撮り損ねてしまいました。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts