2014/02/15

キアゲハ前蛹aが蛹になるまで



2013年6月下旬・室温25℃

キアゲハの飼育記録11

激しく蠕動していたキアゲハPapilio machaon)の前蛹aの体表が割れて蛹化(脱皮)が始まりました。
約3分で抜け殻を脱ぎ捨て(※)、黄緑色の蛹が現れました。
こうしてオオハナウドの葉裏で無事に帯蛹となりました。
蛹になってからもしばらく蠕動を続けています。

※ 脱皮に3分もかかったのは、葉裏に作られた前蛹の角度がほとんど水平に寝ていたからだと思います。
もし前蛹の角度が斜めに起きていれば、もっと短時間に完了したはずです。

いろいろと反省点の多い結果になりました。
経験を積むしかありませんね。

  1. 脱皮開始の瞬間を撮り損ねてしまいました。せめてインターバル撮影で監視・記録すべきでした。以前飼育していたクロアゲハの蛹化と異なり、前兆がよく分からず油断していました。
  2. 三脚に固定したカメラを準備していたのですけど、咄嗟のアングル調節が間に合わず、焦っていまいちな映像になりました。むしろ手持ちカメラの方がよかったぐらいです。ビデオカメラ専用の良い雲台が欲しいなー。
  3. 脱皮直後の帯蛹は薄い緑色でしたが、照明のLEDリングライトのせいで白飛びしてしまいました。ディフューザーを使って光を和らげるべきでしたね…。

つづく→シリーズ#12


ミズナラ樹液酒場を占有し蝶を追い払うオオスズメバチ♀



2013年10月下旬

樹液が滲むミズナラの幹にオオスズメバチ♀(Vespa mandarinia japonica)が居座っています。
幹を歩き回ったり、立ち止まって日光浴や身繕いしたりしています。

あちこちの樹液酒場で吸汁している先客の蝶(ヒオドシチョウ、シータテハ、アカタテハなど)を見つけると駆け寄って乱暴に追い払います。
樹液の占有行動に精を出す割に、もう満腹なのか自ら吸汁は行いませんでした。
すぐに飛び立って辺りをパトロールします。
同じ巣の仲間が飛来するまで餌場を防衛するようです。
実際に少なくとも2匹のオオスズメバチが集まっていました。



ミヤマセセリの飛び立ち【ハイスピード動画】



2013年6月上旬

里山でミヤマセセリErynnis montanus)が敏捷に飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
羽ばたきが早過ぎて1/8倍速のスローモーションでも捉えきれていません。
翅を半開きの状態で地面の枯れ草やミズナラの葉に止まっていました。
同一個体を追いかけて撮影。


2014/02/14

キアゲハ終齢幼虫aが前蛹になるまで【微速度撮影】



2013年6月下旬・室温22℃→21℃

キアゲハの飼育記録10

2匹飼っていたキアゲハPapilio machaon)終齢幼虫のうち、先に蛹化した個体aの微速度撮影です。
この日は食欲がなく、ひたすら徘徊を続けていました。
脱走して一時行方不明になり、焦りました。
ようやく室内で発見して戻してやると、食草として与えたオオハナウドの葉裏で主脈を丹念に調べてから完全に静止しました。
いよいよここで蛹化するようです。

10秒間隔で2時間強インターバル撮影した計769枚の写真から早回し映像を制作しました。
油断していたら、絹糸を吐いて足場糸を掛ける前半の作業を見落としてしまいました。
体の緑色が褪せています。
次に体の回りに糸の輪を作って上半身も固定し、前蛹となりました。
脱皮(蛹化)の準備で激しく蠕動しています。

つづく



ミズナラの樹液を吸うアカタテハ



2013年10月下旬

ミズナラの樹液酒場でアカタテハVanessa indica)も翅を開閉しながら樹液を吸っていました。
ハエが近寄って来ると、アカタテハは翅を素早くパッと広げて威嚇し、追い払いました。(専有行動)




2014/02/13

ミズナラの樹皮を齧り樹液を吸うオオスズメバチ♀



2013年10月下旬

ミズナラの木でオオスズメバチ♀(Vespa mandarinia japonica)が樹液を吸うために樹皮に噛み付いています。
強大な大顎で樹皮をかじる音がパチパチと聞こえ、砕けた樹皮の破片が飛び散ります。
(巣材集めの樹皮かじりではありません。)
触角を拭うと飛び去りました。
この時期の♀はワーカーなのか新女王なのか、私には分かりません。



タヌキの溜め糞から飛び立つベッコウバエ【ハイスピード動画】



2013年10月下旬

堤防のコンクリート階段に残されたタヌキの溜め糞にベッコウバエNeuroctena formosa)が群がっていました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
物を投げつければ飛んで逃げますが、しばらく待てば戻ってきます。



2014/02/12

網にかかったオツネントンボ♂を捕帯でラッピングするイシサワオニグモ♀(蜘蛛)



2013年9月下旬

前回の記事はこちら→「イシサワオニグモ♀(蜘蛛)オオアオイトトンボ♀の捕食と再ラッピング【10倍速映像】

山陰に日が落ちてすっかり暗くなりました。
帰る前にもう一つだけ実験してみます。
正常円網の甑(こしき)で未だ前の獲物(オオアオイトトンボ♀)を食べている時にまた別の獲物が網にかかったらイシサワオニグモ♀(Araneus ishisawai)はどうするでしょう?
近くで捕獲したオツネントンボ♂(Sympecma paedisca)の翅を毟ってから網に投げつけ給餌してみました。
オツネントンボは前翅と後翅の縁紋がずれています。)

真っ暗なので、白色LEDのライトで照らしながら動画に記録します。
昼間の自然光よりもクモの糸が白く光り、はっきり見えますけど、いまいちピントが合いません。
(暗視可能な赤外線ビデオカメラが欲しいなぁ…。)
今回は捕帯で軽くラッピングした獲物を網に残したまま、クモは手ぶらで甑に戻りました。
下向きに占座すると食べかけの獲物(アオイトトンボ♀)に再び食いつきました。
2匹目の獲物は(網にかかった位置を覚えておいて?)後で取りに戻るのでしょう。
素人考えでは、せっかく手に入れた2匹目の獲物もとりあえず甑に持ち帰り、近くの網に引っ掛けておけば良さそうなものです。
クモがそうしない(二度手間を厭わず取りに戻る)理由は何でしょうね?
甑付近の糸に重量制限があるのかな?
これでこの日の観察を打ち切って帰りました。

獲物を網に付けてやった直後

翌朝、再訪すると夜の間に獲物を二匹とも食べ終えたようです。
正常円網はあちこち破れたままでしたが、食べ残しなどは網から全て取り除かれていました。

つづく→「網にかかったノシメトンボ♀を隠れ家に運んで食すイシサワオニグモ♀


ミズナラの樹液を吸うルリタテハ



2013年10月下旬

ミズナラの樹液酒場にルリタテハKaniska canace no-japonicum)もやって来ました。
翅をリズミカルに開閉しながら口吻を伸ばして白く固まった樹液を吸汁しています。



2014/02/11

イシサワオニグモ♀(蜘蛛)オオアオイトトンボ♀の捕食と再ラッピング【10倍速映像】



2013年9月下旬

オオアオイトトンボを捕食するイシサワオニグモ♀:後編(捕食と獲物の再ラッピング)

前編はこちら


正常円網の中央にある甑(こしき)に持ち帰った獲物のオオアオイトトンボ♀(Lestes temporalis
イシサワオニグモAraneus ishisawai)♀成体がゆっくり捕食する様子を記録してみました。
長撮りした動画素材を10倍速の早回し映像に加工してみました。
無音だと寂しいので、現場の背景音を等倍速で付け足しています。
クモは獲物を噛む位置を変えながら体外消化しています。
捕食の合間にときどき獲物を捕帯でラッピングし直しています。
食餌が進むと体外消化液で捕帯の糸も一緒に溶けてしまい、梱包がほどけてしまうのでしょうか。
普段は下向きに占座していますが、再ラッピングの作業時は必ず糸疣を下に向ける(体の向きを上下変える)ようです。
次第に獲物は原形を留めない肉塊へと変わりました。



【おまけ】
リアルタイム再生のオリジナル動画もブログ限定で公開しておきます。
42分弱の長編です。


帰る頃にはもはや獲物は原形を留めない。

水溜まりで行水、飲水するヒガラとカワラヒワの混群(野鳥)



2013年10月下旬

林道の轍にできた水溜まりでヒガラPeriparus ater insularis)とカワラヒワCarduelis sinica)の混群が行水していました。
岸辺から水を飲んだり、水溜まりの近くで地面を啄んで採食したりしています。

手前に生えたススキの穂が邪魔でフラストレーションが溜まりますけど、私が少しでも横に動けば野鳥は間違いなく警戒して逃げてしまいます。
じっと我慢して(気配を消して)撮影。
たまたま望遠レンズを外していたのも残念でした。





汗を舐めるシタキモモブトスカシバ?(蛾)の停空飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年8月上旬

登山道の東屋で休憩していると、一頭の蛾(スカシバガの一種)がどこからともなく飛来しホバリングしながら私の脚にまとわりついてきました。
濃い脛毛がお見苦しいのですが、毛深い「腿太」同士の奇跡の邂逅です。
これぞまさに「類は友を呼ぶ」♪

よく見ると、蛾は口吻を伸ばして私の体表から汗を舐めています。
ミネラル(塩分)補給しているのでしょう。
汚物やヒトの汗に集まる蝶は珍しくありませんけど、蛾では初めて見ました。
しぐま汁がよほど気に入ったのか、私がじっと立っていると繰り返し飛来します。
ズック靴の甲から靴下、脛へと吸汁ホバリングしながら登って来ました。
単なる脚フェチではなく、足の匂いフェチなのかな?(フェロモン成分と似ていたりして…。)
脛毛も気にせず素足の脛から吸汁を続けます。
近寄ってきたクロアリに驚いて飛び去っても、すぐに戻ってきます。

停空飛翔(ホバリング)を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
吸汁の間は前脚を掛けつつも、決して羽ばたきを止めません。
高速で羽ばたく翅の動きは、1/8倍速のスローモーションでも速すぎてよく見えません。

ホバリング中に毛深い後脚を左右交互に動かしているのが興味深く思いました。
羽ばたきの風圧で毛束がなびいているだけなのかと初めは思いました。
ところが『擬態:だましあいの進化論〈1〉昆虫の擬態』という本によると、深い意味があるようです。

(オオモモブトスカシバやシタキモモブトスカシバは訪花の際に)前脚を花にかけて空中で翅をはげしく動かしてホバリングしながら、セイヨウミツバチやマルハナバチ類のように後脚を「く」の字に曲げて交互に動かして吸蜜しながら花から花へと移動していく。飛翔しながら後脚を「く」の字に曲げて交互に動かす行動は、ミツバチ類とまったく同じである。(p68-69)

関連記事(横から見た映像が分かりやすい)→「オオモモブトスカシバ?(蛾)の吸蜜ホバリング【ハイスピード動画】



同一個体を通常のHD動画でも撮ってみました。
見下ろすアングルでは蛾の口吻になかなかピントが合いません。
せめて私の腕に移動してくれれば撮影しやすいのですが、汗ばんだ腕を差し出してみても、なぜか気に入らないようで逃げられました。
結局、私の脚に戻ってきます。

山中の草むらを歩いて来た際に蛾の好きな花の芳香が脚に付着したのではないか、とコメントをYouTubeで頂きました。

驚いたことに、この蛾は少なくとも4分半以上も私の汗を吸い続けました。
「生きる小型扇風機」が懸命に扇いでくれて、束の間の涼を得ました。

蛾の種類はオオモモブトスカシバMelittia sangaica nipponica)またはシタキモモブトスカシバMelittia inouei)と思われます。
しっかり同定するためにストロボ写真も撮るべきでしたが、動画撮影に夢中になりチャンスを失いました…。


動画を撮りながらのスナップショットではシャッター速度が遅くて翅がぶれてしまう。

2014/02/10

網にかかったオオアオイトトンボ♀を捕帯でラッピングするイシサワオニグモ♀(蜘蛛)



2013年9月下旬

オオアオイトトンボを捕食するイシサワオニグモ♀:前編(捕帯によるラッピング)

里山の林道脇に立派な正常円網が張られており、中央の甑にイシサワオニグモAraneus ishisawai)♀成体が占座していました。
円網は厳密には垂直ではなく、やや斜めに傾いています。
周囲の環境は、ササの群落、ニセアカシア潅木、スギ幼木、クリの木など。
林道を挟んで反対側にはアカマツが生えていました。
円網の主な枠糸は倒木の枝に付けられており、右側の長い枠糸はニセアカシアの枝先に固定。

夕方で薄暗くなってきました。
近くで生け捕りにしたオオアオイトトンボ♀(Lestes temporalis
)を生き餌として、片側の翅を毟ってから網に給餌してみました。
網の右側に獲物を投げると、クモはすぐに駆けつけて、先ず噛み付きました。
次に大量の捕帯で獲物をラッピングし始めました。
毒液を注入されたトンボが初め少し暴れたものの、すぐに動かなくなりました。
梱包した獲物を円網に糸で固定してから、獲物の周囲にある粘着性の横糸を少しずつ歩脚で切っていきます。
再び獲物を捕帯でラッピングし直します。
梱包をくるくると回しながら、余計な横糸を歩脚の先で切ったり大顎で横糸を噛み切ったりします。
獲物は細長い腹部を折り曲げられてコンパクトになりました。
梱包作業を終えると右第4歩脚で獲物をぶら下げ、甑(こしき)に持ち帰りました。
甑の数カ所に獲物を固定すると、下向きに占座。
ようやく落ち着いたイシサワオニグモ♀は、糸が粘りついた歩脚の先を舐めて身繕い。
最後に獲物を口元に引き寄せると、食事開始。

つづく→後編(捕食シーンの早回し映像)


【追記】
『スパイダー・ウォーズ』p143によると、
梱包ラッピング:ヨコ糸を切断して餌を運ぶ前に行われるラッピング。チョウやトンボなどの大きな(または長い)餌は、梱包しないと途中で網にからまり、網を壊してしまいます。こんなことにならないように、クモは糸を巻きつけて餌を小さな固まりにし、梱包します。



ミズナラの樹液を吸うキアシナガバチ♀



2013年10月下旬

キアシナガバチ♀(Polistes rothneyi)もミズナラの樹液酒場に来ていました。
この時期はワーカーだけでなく新女王の可能性もあります。
やけに色褪せた個体だなと思いました。
歩いて幹を移動すると、近くで吸汁していたヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)が威嚇するように翅を広げて蜂を追い払いました。(専有行動)
この一件から察するに、力関係ではヒオドシチョウ>キアシナガバチのようです。



2014/02/09

ミズナラの樹液を吸うヒオドシチョウ



2013年10月下旬

林道沿いに立ち並ぶミズナラの幹から滲み出す樹液が発酵して、辺りに濃密な芳香が漂っていました。
千客万来の樹液酒場で先ず目についたのはヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)でした。
翅を開閉しながら口吻を伸ばし白く固まった樹液を舐めています。


日光で翅が透けてしまい、ストロボを焚かないと翅裏の紋様がよく見えない。


夕刻の雑木林で出会ったニホンカモシカ



2013年10月下旬

里山から下山すると、麓の雑木林にてニホンカモシカCapricornis crispus)を発見。
振り返った姿勢のまま、こちらを凝視しています。
角が未だ細いので若い個体のようです。
大きな耳は左右対称で、私に個体識別できる特徴がありません。
薄暗い夕方なので、ズームすると相当暗いです。

やがて警戒を解くと前を向き、駆けて逃げて行きました。
録画を停止してしまい撮れていないのですけど、フシュフシュ♪と威嚇する鼻息が林の奥から聞こえてきました。

実はこの日の朝にも近くの杉林でカモシカを目撃しています。(映像なし)
この辺りを縄張りとしている同一個体かもしれません。

最近は治山工事の騒音の影響なのかニホンカモシカの姿が見えなかったのですが、久しぶりの嬉しい遭遇でした。



跳べ!ネコハエトリ♂【蜘蛛:ハイスピード動画】



2013年5月上旬

資材置き場を徘徊するネコハエトリ♂(Carrhotus xanthogramma)成体を発見。
同一個体の跳躍シーンを240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
左の第4歩脚だけが細いのは、再生肢なのかもしれません。

レンズに向かって跳び付いてくる様子が可愛らしくもあり、迫力の映像が撮れました♪

この日は付近に♀の姿を見かけませんでした。
例年より繁殖期が遅れているのでしょうか。


『瞬間をとらえる:生物のハイスピード写真集』p90によると、
(ハエトリグモの)極めて素早いその跳びかかり方は、実は筋力によって生み出されたものではなくて、脚内の水圧作用によってもたらされるものである。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts