2014/02/01

ドングリから脱出したコナラシギゾムシ?終齢幼虫の歩き方



2013年10月上旬

シギゾウムシの生活史を謎解きした本『わたしの研究11:どんぐりの穴のひみつ』を読んでとても感動しました。


早速、私も真似して里山でドングリを拾い集めてきました。
ガラス瓶に入れて保管。

やがて、ドングリの中で実を食べて育ったシギゾウムシの一種(おそらくコナラシギゾムシ)の終齢幼虫が蛹化するためにドングリの硬い殻に穴を開けて脱出しました。
容器内を徘徊する幼虫をガラス瓶越しに接写してみました。
歩脚は完全に退化しているのに、体全体を蠕動させて活発に前進します。
驚いたことに、ガラスの壁面を少しだけなら登れるようです。
滑落しても七転び八起きで繰り返しガラスの壁を登ろうとします。
(ここまでの映像はYouTubeの動画編集時に自動色調補正処理を施してあります。)

深いガラス瓶を自力で登って脱出できる力はさすがに無さそうです。
幼虫を瓶から取り出して、方眼紙上に乗せてみました。
体が伸び切ったときの体長は〜8.5mm。
1対の鋭い大顎を歩行面に打ち込み、そのグリップで力強く前進していることが分かりました。
まるでアイスハーケンやピッケルのようです。

(セイウチも手足が退化したら2本の長い牙だけで浜辺を徘徊するようになるかもしれないなー、と妄想してみました。)
転んで仰向けになっても、自力で起き上がれます。


幼虫がドングリの中から穿坑して脱出する過程を動画に記録したかったのですけど、忙しくて片手間に見ているだけでは撮り損ねてしまいました。
来年こそはじっくり腰を据えて(覚悟を決めて)取り組むつもりです。
まるで未知の世界なので、今年は飼育経験を積むための練習です。
ドングリの勉強もしなくちゃなー。
今回拾い集めたドングリの樹種はコナラかミズナラかな?

つづく→「コナラシギゾウムシ?終齢幼虫の徘徊運動【微速度撮影】



芝生で虫を捕食するハクセキレイのつがい【野鳥】



2013年10月中旬

川の裏手にある公園でハクセキレイMotacilla alba lugens)のつがいと思われる2羽が芝生を嘴でつついて回り、虫を捕食していました。
ときどき身震いして羽根に付いた水滴を落としています。
激しいにわか雨が降り出したので、樹の下で雨宿りしながら望遠で撮影しました。

黒斑が濃い方が♂、全体に薄い方が♀(または若鳥?)


フタモンアシナガバチ♂の群飛と誤認交尾【HD動画&ハイスピード動画】



2013年10月上旬

道端の石垣でフタモンアシナガバチ♂(Polistes chinensis antennalis)が群飛していました。
♂は顔(頭楯)が薄黄色で触角の先がカールしているので簡単に見分けられます。

石垣で日光浴(休息)しながら交尾相手の新女王♀が飛来するのを待ち伏せしているようです。
ところが集まるのは♂ばかりで、♀との交尾に成功した♂は一匹も見当たりません。(深刻な嫁不足)
そそっかしい♂は周囲の♂を♀と誤認してお互い手当り次第に飛びついて交尾を試みています。

巣がどこにあるのか不明です。



このようにあまりにも忙しない行動を記録するにはハイスピード動画(240-fps)の出番です。
気づいた点をメモ。

  • 石の上で身繕いしている♂に別の♂が飛び付いて来ます。
  • 空中戦のように飛んで追いかけっこしている♂達もいます。
  • 石の上で休む♂は、別個体♂がマウントしようと迫ると腹部を高く持ち上げることがあります。これが交尾拒否の姿勢なのでしょうか。
  • 襲われても腹端や翅を持ち上げたりせず従順にじっとしている♂もいます。もちろん同性愛的な行動ではないでしょう。相手がすぐに誤認に気づき、勝手に飛び去ってくれました。
  • 飛びつかれる前に自分から飛び去って身をかわす♂もいます。
  • ♂が♂にマウントしているところに更に3、4匹目の♂が飛来・参戦して組んず解れつの大騒ぎになるケースがありました。
  • 襲いかかる方は誤認しようがとにかく似た相手を確保するスピードを優先するようで、体の前後の向きが逆にマウントすることも多々あります。
  • ♂には毒針がないので、襲われても噛み付くぐらいしか反撃の手段がありません。しかし喧嘩や闘争にはなりません。♀と交尾する前に♂同士が戦って順位を決めているのだとしたら非常に面白いですけど…。ニホンザルのように儀式的なマウント合戦を繰り返して社会的な順位を決めている…とか妄想してみました。
もしも実験で♀の死骸や標本を置いたならば、♂は飛びついて来るでしょうか?


2014/01/31

ハシボソガラスのクルミ割り行動:投げ落としⅢ【野鳥】



2013年10月中旬

農村部の路上でハシボソガラスCorvus corone)が硬いクルミの実を啄んでいました。
こちらを見て警戒しています。
クルミの実を咥えて飛び上がり、電線に止まりました。
電線で横歩きをして狙いを定め、下の舗装路にクルミをぽとりと落としました。
追いかけるように自分も飛び降りてクルミを回収。
実を咥えたまま飛んで逃げてしまいました。
どうやら私に見られているとカラスも落ち着いて作業できないようです。

カラスのクルミ割り行動は何度か撮影できるようになったのですけど、割れた実をほじくって食べるところまではなかなか見せてくれません。
私のフィールドのカラスは高所に止まって単純に落とすタイプと飛び上がって空中から投げ落とすタイプと2種類やり方があるようですけど、今回は前者でした。

『スズメの少子化、カラスのいじめ:身近な鳥の不思議な世界』p90によると、貝やクルミを落として割る行動はこれまでのところ確実な記録はハシボソしかないらしい。





ミゾソバの花蜜を吸うクロマルハナバチ♂



2013年10月上旬

湿地帯に咲いたミゾソバの群落でクロマルハナバチ♂(Bombus ignitus)が忙しなく飛び回り、花蜜を吸っていました。
クロマルハナバチ♂は同種の♀と体色が全く異なり(性的二型)、その明るく陽気でユニークな配色を見るといつも笑いそうになります。

ちなみに近くに生えているセイタカアワダチソウは未だ蕾でした。



2014/01/30

休耕田で捕食するアオサギの群れ(野鳥)



2013年10月中旬

休耕田で採食中のアオサギArdea cinerea)を3羽発見。

湿地で捕食した獲物は何でしょうか?
遠くてはっきりしませんが、ザリガニまたはカエルのように見えます。
もう一羽が近くに飛来しましたけど、獲物を横取りするようなことはありません。
脱糞シーンも撮れています。(左の個体@2:50)

群れの関係性はつがいなのか、親子なのか?

非繁殖期には単独で生活するが、小さな群を作ることもある。(wikipediaより)

接近中の台風の影響で風がやや強い日でした。



飛べ!ヒメギフチョウ【ハイスピード動画】



2013年5月中旬

雑木林の日当たりの良い斜面をヒメギフチョウLuehdorfia puziloi)が飛んで往復していました。

落ち着かなく飛び回り、なかなか止まってくれません。
飛翔シーンを240-fpsのハイスピード動画で撮ってみると、フワフワと舞うように見えます。
落ち葉の上で休むときは、翅を全開にして日光浴。
幼虫の食草ウスバサイシンに止まり葉裏に腹端で触れて確認する行動を繰り返すことから♀ですかね?

『日本の昆虫1:ギフチョウ』p50によると、

食草の認知。昆虫の脚の先端にある跗節には、味覚を感じる感覚器官があり、これによって食草を見分けるのであろう。

この直後に、産卵シーンを撮影することができました。
関連記事→「ヒメギフチョウ♀がウスバサイシンの葉裏に産卵【ハイスピード動画&HD動画】






2014/01/29

コガタスズメバチ軒下の巣(2013)まとめ映像



2013年7月中旬〜10月下旬

軒下に営巣したコガタスズメバチの定点観察#4

不定期に通って撮影した映像のハイライトをまとめてみました。
コガタスズメバチVespa analis insuralis
)ワーカーの活動があってもなくても、毎回少なくとも1分間は撮影しました。
つなげれば「微速度撮影」風に見えるかな?と期待したのですけど、毎日きちんと撮り貯めないといけませんね。
現場の状況から、ここにはどうしても三脚を据えられないのです。
巣の
外被は一気に大きくなったようです。
後半は他のプロジェクトで手一杯になり、あまり通えなくなってしまいました。
できれば初期巣の段階に発見したかったなー。


シリーズ完。

ミドリヒョウモン♀の産卵と交尾拒否



2013年9月下旬

山裾の林道の草むらでミドリヒョウモン♀(Argynnis paphia)が産卵しているようです。
そこへもう一頭(♂)が飛来しました。
産卵中の♀に求愛するも、拒否されたのかすぐに飛び去りました。
♀がどのような交尾拒否行動をしたのか、よく分かりませんでした。



2014/01/28

巣口から排泄するコガタスズメバチ♀



2013年7月下旬

軒下に営巣したコガタスズメバチの定点観察#3

この日の天気は雨。
コガタスズメバチVespa analis insularis)は巣内で盛んに活動しているようですけど、ほとんど外出しませんでした。

内役していた♀(ワーカーまたは創設女王)が巣口から腹端を出し、透明の?液体を大量に排泄しました。
腹端から出たので、水を吐き戻したのでは無いと思います。
映像の後半は1/4倍速のスローモーションでリプレイ。

偶然撮れた映像ですが、スズメバチ類の脱糞シーンは初めて見ました♪
巣内を汚さないよう巣口から外に排便するとは感心、感心。
腫れている日は外役のついでに飛びながら排泄すると思われます。(外役に出かけない女王蜂は常に巣口から脱糞?)


つづく→シリーズ#4



飛べ!ヤマトシリアゲ♂【ハイスピード動画】



2013年6月上旬

薄暗い林床の下草にヤマトシリアゲ♂(Panorpa japonica)が止まっていました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。



2014/01/27

巣材の樹皮を丸ごと巣に搬入するコガタスズメバチ♀の謎



2013年7月下旬

軒下に営巣したコガタスズメバチの定点観察#2

コガタスズメバチVespa analis insularis)の巣に出入りするワーカー♀の活動を観察していたら、非常に興味深い映像が撮れました。

何か細長い褐色の物体を大顎で咥えた蜂が画面を横切って飛来し、巣の横の白壁に一瞬止まりました。
映像をスロー再生(1/4倍速)で見直すと、獲物ではなく生の樹皮を剥いだものでした。

実はこの建物のすぐ横に針葉樹(メタセコイアの高木)が聳え立っており、巣から幹までの直線距離は約3mもありません。
巣材集めの蜂がその樹皮を力任せに剥がした際に、勢い余って壁まで飛んで来たのかな?
「どこかに止まり直し、樹皮をゆっくり噛みほぐしてペレット(団子状のパルプ)にしてから巣に搬入するのだろう」とこれまでの常識から想像しました。

ところが、240-fpsのハイスピード動画に切り替えて撮影を続けると、意外な展開になりました。
外被の上部で増築作業を続けているワーカーがいる一方で、細長い樹皮を咥えた(先程の?)ワーカーが帰巣しました。
未加工で嵩張る巣材を巣口から中に搬入しようと苦労しています。
門衛(門番)役の蜂に中から押し戻されているようにも見えます。
更に別個体が帰巣し、巣口で渋滞になりました。
ようやく2匹とも巣内に入りました。
巣材を噛み解す作業は巣内で行うつもりなのでしょう。
樹皮が大量に採れたときは仲間に分配し、手伝ってもらうのかもしれません。
(獲物の肉団子を幼虫に給餌する際は、狩りから帰った蜂が在巣のワーカー仲間に肉団子を分配することがあります。)

この異例の行動は、巣材を採取する樹木と巣がきわめて近距離にあるために起きた珍事なのでしょうか。
それとも、外役経験の浅い不器用なワーカーなのかな?


つづく→シリーズ#3


ミゾソバの花蜜を吸うオオハナアブ♂



2013年10月上旬

湿地帯に咲いたミゾソバの群落でオオハナアブ♂(Phytomia zonata)が訪花していました。
吸蜜後は化粧(身繕い)してから飛び立ちました。



2014/01/26

交尾に手間取るオオアオイトトンボ♂♀のペア



2013年9月下旬

林縁を連結飛行しているイトトンボのカップルが居ました。
エメラルドグリーンの金属光沢が美しい種類です。
落ち着いて交尾できる場所を探している様子。
(映像はここから。)

草の茎に止まって交尾を試みるも、どういう訳かなかなか結合出来ず、手間取っています。
…というように見えたのですが、帰ってから調べてみると、少なくとも前半は交尾の準備のために♂が交尾器に精子を移し替えている行動だったらしい(参考サイト)。

止まり木で♂は断続的に腹部を曲げて♀を引き寄せようとするも、♀が非協力的です。
♀♂共に翅は半開きの状態。


♂が痺れを切らしたのか(?)、尾繋がりのまま少し飛んで場所を何度か変えました。
タンデムでゆっくり停空飛翔(ホバリング)しながら林縁で適当な止まり木を探しています。
結局、元の小枝に舞い戻りました。

この間、私は離れた位置にじっとして望遠マクロで狙っているので、私を警戒して逃げたのではない筈です。
飛び立つ際のタンデム飛行の主導権はどちらが握っているのでしょう?
ハイスピード動画に撮れば明らかになったかもしれませんけど、今回は余計なことをせずに我慢して撮影続行。

マユミ?幼木の小枝に♂が止まり直すと♀は脚が届かず、手放しで♂にぶら下がった状態になりました。(これが♂の狙いなのか?)
♂は断続的に腹部を曲げて♀を引き寄せようとするも、依然として♀が乗り気でない(ように見えます)。
♀が腹部をまっすぐに伸ばしたままでぶら下がるのは交尾拒否の意思表示なのでしょうか?
あるいは♂のスタミナを値踏みしているのかな?(妄想)
首根っこを掴まれたままの♀がようやくその気になったのか、あるいは♂の準備ができたのか、腹端を♂の副性器に近づけようとする素振りを示し始めました。
それでも交尾器が上手く結合できず、再び♀はだらんと力無くぶら下がってしまいました。


よほど相性が悪いのか、交尾経験が浅いのか、♀が頑なに交尾拒否しているのか、別種のペアなのか、などと疑い始めた頃、ようやく結合に成功しました!(@6:20)
諦めなかった♂の粘り勝ちか?

本種の交尾はいつもこれほど手間取るのでしょうか?
タンデムの後方に位置する♀が尾部を曲げて交尾を行うので、ハート形になります。


マクロレンズに切り替え、逃げられる覚悟で近づき接写を試みました。
いざ交尾が始まってしまえば意外に鈍感のようです。(没我の境地?)
交尾器の結合部をアップで撮ることができました。
小枝に捕まっているのは♂だけです。

♀は全体重を♂に預け、自らの曲げた腹部を脚で抱え込んでいます。



交尾の終了(ペアの解消)まで見届けたいと思う反面、どうしても種名を正しく知りたい希望が勝りました。
同定するため交尾中のペアを有り合わせの容器で一網打尽に採集しました。
したがって、交尾の所要時間は不明です。
三角紙を折る紙を持ちあわせていなかったので、そのまま持ち帰りました。
捕らえられてもしばらくは♂が把握器で♀の首根っこを掴んで離しません。
尾繋がりのまま容器内で暴れていました。

まずは♀の標本写真。


次は♂の標本写真。



『トンボ入門』を紐解いてみると、♂の胸部側面で見られる以下の特徴からアオイトトンボではなくオオアオイトトンボLestes temporalis)と判明。

  • オオアオイトトンボは緑色の上端が第2側縫線まで達する。
  • 成熟しても青白い粉を吹かない。
  • 翅を半開きにして止まる。♂のみ、腹部の先に青白い粉を吹く。

更にオオアオイトトンボの繁殖行動について調べてみました。

  • オオアオイトトンボは、餌場である林の中で♂は♀を射止める。(同書p74-75)
  • オオアオイトトンボは水辺の木の枝に多数が集まり”おつながり”の状態で産卵する。(同書p113挿絵)
  • 特定の枝に多数が集中して産卵する傾向があるため、集中的に産卵された枝は弱って枯れてしまうことがある。(p112)
今回もし私が捕獲しなかったら、この連結ペアはそのまま止まり木で産卵行動に移行したかな?
交尾の現場は水辺ではないので、産卵場所まで飛んで移動したかもしれません。

稲刈り後の田んぼでカエルを捕食するハシボソガラス(野鳥)



2013年10月上旬

稲刈りが済んだ後の田んぼで4羽のハシボソガラスCorvus corone)が群れで採食のため歩き回っていました。
口の中が未だ赤い幼鳥が混じっており、おそらく親子のようです。。
隣の隣の田んぼには未だ稲穂が残っているのですけど、そちらには行きません。

一羽が稲藁の間からカエルの死骸を見つけました。
稲刈りの際にコンバインなど農業機械に巻き込まれて死んだカエルでしょうか。
獲物を嘴に咥えると、物欲しげに見ている仲間から少し離れたところで啄み始めました。
仲間が近寄っても獲物を分けたり給餌することはありません。

横でカーカー♪うるさく鳴き騒ぐ個体がいます。



巣に出入りするコガタスズメバチ♀の飛翔【ハイスピード動画】



2013年7月下旬

軒下に営巣したコガタスズメバチの定点観察#1

高い建物の軒下(東面)にコガタスズメバチVespa analis insularis)が巣を作っていました。
既にワーカーが羽化した後で、初期巣に特有の細長い入り口は切り落とされています。

巣に出入りする外役ワーカー♀の離着陸を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
帰巣する蜂は肉団子や巣材を咥えて搬入しているものと思われます。
しかし高所の巣まで遠く軒下は薄暗いので、口元の様子はよく見えませんでした。
巣口を中から守る門衛や外被
を増築中のワーカー♀も居ます。

2日連続の定点観察で撮った映像をまとめました。
この間、増築中の外被
の形状が大きく変わっています。

つづく→シリーズ#2

1日後、外被がかなり増築されていた

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts