2014/08/05

栗の花とコアオハナムグリ



2014年6月中旬

山中の沢沿いに聳え立つクリの高木でコアオハナムグリGametis jucunda)が訪花していました。
花穂を歩き回り、花粉を食べているようです。
複数個体を撮影。

『昆虫の集まる花ハンドブック』p63で初めて知ったのですが、クリは

風媒花から虫媒花に進化の舵を切り変えた花。
雄花は蜜を出し、雌花は蜜を分泌しないので昆虫はまれに触れるだけ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts