2014/08/04

ヒメシジミの婚活(♀1♂3)



2014年6月中旬

ヒメシジミPlebejus argus micrargus)は数の多い普通種で性別を容易に見分けられるので、求愛行動の観察に適しています。
(翅表が褐色なのは♀、青色は♂。)

▼関連記事(♀1♂1の場合)
ヒメシジミ♂の求愛と♀の拒絶

ウツギの花に止まったヒメシジミの♀♂ペアが顔を突き合わせるようにお見合いしています。
♂aは♀を中心に歩いて回り込んだり飛び回ったりして求愛しています。
♀は交尾拒否の意向らしく、隣の花へ飛んで逃げています。
近くに居た別の♂b,cも飛来して参戦。
♂同士が闘争している間、♀は花の上で知らん顔で花の下に潜り込みました。
モテ期の♀は今回気に入る♂が居なかったのか(選り好み)、それとも交尾済みのヒメシジミ♀は二度と交尾しないのでしょうか?
あるいは♀が未だ性成熟していないのかな?
♀を見失った3頭の♂は激しく乱舞を続けています。

ヒメシジミ♂の求愛が成就して♀と交尾に至る例を未だ見たことがないんですよね…。





0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts