2014/07/04

初期巣に離着陸するフタモンアシナガバチ創設女王【ハイスピード動画】



2014年5月下旬
▼前回の記事
階段下で初期巣を増築するフタモンアシナガバチ創設女王

巣作りが一段落したフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)創設女王が巣を離着陸する様子を240-fpsのハイスピード動画で撮影してみました。
飛んで出巣するまでかなり粘って長撮りを繰り返しました。
巣にアリ避け物質を塗布するのが外出の前兆だと思っていたのですけど、今回はなぜか見られませんでした。
出かけた女王蜂はすぐに戻って来ました。
空荷で帰巣した蜂は身繕い(化粧)してから育房の点検を始めました。

階段という無機質で人工的な繰り返し構造の環境で、蜂が自分の巣の位置をどのように記憶するのか興味があります。
いかにも迷子になって二巣並行営巣を始めそうな環境です。

▼関連記事
二巣並行営巣を始めたキアシナガバチ創設女王
キアシナガバチ創設女王による二巣並行営巣の謎
たとえばコンクリート階段にところどころ生えたツルマンネングサの黄色い群落を目印としているかもしれません。
このツルマンネングサを除去したり移植したりすればアシナガバチの帰巣能力に影響するでしょうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts