2014/07/05

ヒメジョオンの花蜜を吸う2頭のウラギンヒョウモン♂



2014年6月上旬

農道脇に咲いたヒメジョオンの群落で2頭のウラギンヒョウモン♂(Fabriciana adippe)が花蜜を吸っていました。
ライバルの♂同士なのに、互いに激しい縄張り防衛行動などをしないのが少し意外でした。
むしろ互いに近くの花で吸蜜したがる印象を受けました。
♀だと誤認して花に近づくも、「あ、違う!♂だった!」とすぐに気づくのかな?
この時期に未だ♀を全く見かけないということは、雄性先熟なのでしょうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts