2014/01/04

ニホンザル死骸の生物分解【10倍速映像】



2013年9月下旬

ニホンザルの死骸を土に還す者たち:#01

害獣駆除のため山裾に仕掛けられた檻の中で野生ニホンザルMacaca fuscata)が2頭捕らえられたまま死んでいました。
餌に釣られて罠に閉じ込められたのは好奇心旺盛な子猿のようです。

山でニホンザルの行動を観察してきた者としては、殺された猿の姿を見ることはショックで色々と思うところはあります。
その一方で、農作物を荒らされ猿害の現実に苦しむ人々にも言い分があることを知っています。

野生動物の死体が生物分解される過程を観察できるチャンスは滅多に無いので、定点観察に通って一部始終を見届けることにしました。
木陰に設置された金網製の檻のサイズは98×98×185cm。
檻を破って逃げられないよう全面が(底も)丈夫な金網で覆われています。
金網は5×5cmの鉄格子。
これなら放置された死骸を誰かに悪戯されたり野犬やカラスに持ち去られる心配は無さそうです。
忌み嫌われる死を仏画の九相図のようにしっかり記録することが私に出来るせめてもの供養です。

先ずは横向きに倒れて死んだ個体Lに注目して、全身像を10倍速で微速度撮影してみました。
(手っ取り早くジオラマモードで撮った動画のため、画面の周縁部はティルトシフト処理でピンぼけになっています。)
死後数日が経過しているようで、死骸には夥しい数のハエの幼虫(蛆虫)が沸き、川の流れのように毛皮の上を蠢いています。
子供の頃に読んだ漫画『はだしのゲン』に登場するような地獄絵図です。
風下にはきつい腐臭が漂っています。
この日は気温を測るのを忘れました。

様々な昆虫が次々と死体に飛来し、掃除屋として各々の役割を果たしています。(これから順に紹介します)
自然界のリサイクル(輪廻転生)をテーマとして、しばらく長期連載します。

つづく→#2(ウジ虫の活動をリアルタイムの寄りの絵で撮りました)



キバナコスモスの花蜜を吸うモンキチョウ♂



2013年9月下旬

農道脇に咲いたキバナコスモスの群落でモンキチョウ♂Colias erate poliographus)が飛び回り訪花していました。
翅を閉じて吸蜜しています。



地中の巣に離着陸するヒメスズメバチ♀【ハイスピード動画】



2013年9月上旬

地中に営巣するヒメスズメバチVespa ducalis pulchra)を定点観察するため、6日ぶりに里山を登りました。
苔むした林道の真ん中に開いた巣口を写真に撮って前回と比べてみても変化なく、入り口の拡張工事は行われていないようです。
外被や巣盤の本体は巣坑の奥深くにあるようで、外からは見えません。
また、巣口を守る門衛という役割の蜂は居ないようです。

今回は巣穴の真横にカメラを置いて、出入りする蜂の飛翔シーンを側面からハイスピード動画(240-fps)に撮ってみました。
前回、上から見下ろすように撮ったときは当然ヒメスズメバチの背側しか見えず、帰巣する蜂の口元に巣材や獲物の肉団子が確認できませんでした。
その反省から今回は側面から狙うことにしたのです。
結果は残念ながら帰巣する蜂はいつも空荷でした。
巣を拡張する時期は過ぎていると考えれば、巣材を搬入しないことは理解できます。
肉団子を搬入しない点はどうでしょう?
この時期は餌が不足するため、狩りに出かけても不調に終わり手ぶらで帰って来るのでしょうか。
本種はアシナガバチの幼虫や蛹の体液を吸って帰るらしい※ので、他のスズメバチ類とは異なり肉団子の形で幼虫に給餌しないようです。

※ 関連記事→「ヒメスズメバチvsキアシナガバチ

長時間観察していると、本コロニーのワーカー♀は少なくとも6匹居ることが分かりました。
続けざまに帰巣する、あるいは続けざまに出巣する蜂を数えることで判明。
本などで得た知識では巣口は一つの筈ですけど、もし私の気づかない離れた場所に別の出入り口があったら、この推定はご破算になります。
正確に数えるために蜂を片端から捕獲して個体標識しようか迷ったのですが、なるべく介入しないことに決めました。
このときは後日、コロニーが解散したら地中の巣を発掘するつもりでした。
蜂を麻酔するための花火をこの巣口に突っ込んでみれば、もし秘密の出入り口があるとすればそこからも煙が立ち昇る筈です。
これも思っただけで、計画倒れに終わりました。

姉妹のワーカー♀が大体いつも連続して帰巣することも不思議です。
外役では仲間と行動を共にしているのでしょうか?
しかし私の知る限り、ヒメスズメバチはたとえ豊富な狩場(アシナガバチの巣)を見つけても仲間を呼び寄せたりしない筈です。

関連記事:「キアシナガバチの巣を襲うヒメスズメバチの個体標識
巣内の幼虫から栄養交換で得たエネルギーが切れて空腹になったら帰巣すると考えれば、外で飛び回る外役の時間はカラータイマーのように決まっているのかもしれません。
それで結果的に帰巣のタイミングも揃ってしまうのでしょうか。

飛翔シーンをスローモーションで見ると、アシナガバチとは異なり脚を体に引き寄せて飛んでいます。
なるべく体型を流線形にして空気抵抗を減らしているようです。

余談ですが、地面を徘徊するアリが決して巣坑に侵入しない点が興味深く思いました。
ヒメスズメバチの匂いを怖がって忌避しているのでしょうか?

雨が降っても巣坑は浸水しないのかな?
排水の工夫が施されているのかどうか、興味があります。
もしかすると、大雨が降り始めたら巣口を中から塞ぐのだろうか。

蜂を撮影しながら、こうした多くの疑問が気になりずっと考えていました。
つづく



2014/01/03

アオサギ(野鳥)の羽繕いと偵察飛行



2013年6月中旬

川沿いの建物の屋根でアオサギArdea cinerea)が羽繕いしています。
やがて羽繕いを止めて屋根から飛び立ちました。(@1:10)
低空飛行でそのまま川に着水するかと思いきや旋回して、今度は別の屋根に着陸。
再び羽繕いを念入りに続けます。
川の堰堤に降りて魚を採食したいようですが、対岸の堤防に立って撮影している私を警戒し、羽繕いで時間を潰しているのかもしれません。

この直後、意地悪なカラスが屋根にやって来て、アオサギと一悶着がありました。

つづく→「羽繕い中のアオサギを追い払うハシボソガラス【野鳥:烏鷺の争い】



キツリフネを訪花するトラマルハナバチ♀



2013年9月下旬

山裾に咲いたキツリフネの群落でトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。

薄暗い林縁で花から花へと非常に忙しなく飛び回るので、撮り難いです。
後脚の花粉籠に花粉団子の有無を確認できず、吸蜜だけでなく集粉も行っているのか不明です。



【追記】
加藤真『夜の送粉共生系』を読んでいて、とても興味深いことを知りました。
スマトラはツリフネソウ属Impatiensがいちじるしい適応放散をとげている場所である。そこでは黄色の花をつけるツリフネソウ類はおもに長舌のハナバチによって昼間に送粉され、赤紫色のツリフネソウは薄暮活動性のスズメガによって送粉されていた。 (『花の自然史:美しさの進化学』p84より引用)
個人的な印象では日本でも同じことが当てはまりそうなので、キツリフネとツリフネソウの送粉者をこれからも観察し続けていきます。



2014/01/02

ダニ付きのヤミイロカニグモ♂(蜘蛛)



2013年6月中旬

山間部の道端の草むらでヤミイロカニグモ♂(Xysticus croceus)らしき小さな徘徊性クモ(カニグモ科)を発見。
黒い体色から♂だと思うのですけど、触肢の形状を確認する前に素早く逃げられてしまいました。
腹部の縁にオレンジ色のダニが2匹付着(寄生?)しています。



飛べ!ナナホシテントウ【ハイスピード動画】



2013年9月上旬

畑の片隅に咲いたユリズイセンで見つけたナナホシテントウCoccinella septempunctata)が飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
花弁に登ると翅を広げ、後翅を羽ばたかせて離陸しました。
後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。


2013/12/31

ヘラオオバコを訪花するフタスジスズバチ



2013年9月下旬

田園地帯を貫く農道の脇に背高く生えたヘラオオバコの群落でヤマトフタスジスズバチ(別名フタスジスズバチDiscoelius japonicus)が訪花していました。
忙しなく飛び回る様子を見ても、吸蜜が目的なのか獲物となるイモムシを探索中なのか、よく分かりませんでした。
そもそも蜂の性別を見分けられていないのですけど…。

そう言えばオオバコは確か風媒花だった筈?…と思い出しネット検索してみると、ヘラオオバコも受粉に昆虫の助けを必要としないようです。

こちらのブログ記事がとても分かりやすくまとめられており参考になりました。→「ヘラオオバコの開花の仕方
となると花の蜜腺もほとんど発達していない筈で、やはり今回のフタスジスズバチは狩りモードだったのでしょう。

まさか、細長い花序が狩蜂に芋虫と誤認させる超正常刺激になっているとか?
だとしたら狩蜂がもっと殺到している筈ですね。
そもそもヘラオオバコが擬態する意味(目的)がいまいち分かりません。

【追記】
『昆虫の集まる花ハンドブック』p7によると、
動物媒花・流体媒花:同花受粉花の間に明確な区分はなく、風媒花として知られるオオバコの花にハナアブの仲間が来て花粉をなめ、花粉を体につけて雌しべに運ぶときもある。

▼関連記事
ヘラオオバコの実を襲うコガタスズメバチ♀


ヘラオオバコ花
ヘラオオバコ葉

ハルジオンの花蜜を吸うダイミョウセセリ



2013年6月中旬

参道の路傍に咲いたハルジオンの花でダイミョウセセリDaimio tethys)が吸蜜していました。



2013/12/30

ヤブガラシの花蜜を舐めるキアシナガバチ♀



2013年7月上旬

街路樹の根元に生い茂ったヤブガラシキアシナガバチPolistes rothneyi)のワーカー♀が飛び回り花蜜を吸っていました。
途中でニアミスした二匹は同じ巣から来たワーカーですかね。

隣でセイヨウミツバチ♀も訪花しています。



飛べ!プライアシリアゲ♀【ハイスピード動画】



2013年5月下旬

里山で下草に止まっていたプライアシリアゲ♀(Panorpa pryeri)が羽ばたいて飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。

ラストはNGシーン。
離陸に失敗して葉上で転び、慌てふためいて起き上がり葉裏に隠れる姿がなんとも可笑しいですね。

複数個体(3匹?)を撮影。



2013/12/29

ササコナフキツノアブラムシを捕食するアメイロアリ♀と兵隊カーストの反撃



2013年9月上旬

笹(アズマネザサ?)の葉裏に群がるササコナフキツノアブラムシCeratovacuna japonica)のコロニーを観察していると、アメイロアリParatrechina flavipes
)のワーカー♀が一匹やって来ました。
なんとなくヒメアリかなと思ったのですが、YouTubeにて、releasewindknotさんからアメイロアリParatrechina flavipes)だろうとご教示頂いたので訂正。
驚いたことに、アブラムシの若齢幼虫を選んで狩りを始めました。
獲物を咥えて巣に運ぶ途中、兵隊アブラムシと遭遇しました。
2本の角で攻撃されたのか、蟻が獲物を落としました。
更にもう一匹の兵隊アブラムシが寄ってきたので、殺されたアブラムシが警報フェロモンを発したのかもしれません。
ところが慌て者の兵隊アブラムシは落とした獲物(同胞)に対して攻撃を加えました。
その間にアメイロアリが別の兵隊アブラムシを狩りました。
蟻酸に頼らずその場で噛み殺し次々と捕食します。
アブラムシを殺さずに飼って守りお返しに甘露を貰う、という共生戦略を採るつもりは無いようです。

異変を感じて駆けつけた援軍の兵隊アブラムシがアメイロアリに反撃!
格闘になり葉から落ちました。

動きの敏捷性ではアリに敵いませんが、身を挺してコロニーを守ろうとする兵隊アブラムシの奮闘を目の当たりにして興奮しました。


雨の日のノスリ?(野鳥)



2013年6月下旬

小雨が降る中、田園地帯の電線に猛禽類が止まっています。
水田を見下ろし獲物を探しているのかもしれません。

私が少しずつ近づきながら望遠で狙うと、ときどきこちらを向いて眼光鋭く睨みます。
欲張って更に距離を詰めたら警戒して逃げて行きました。
少し飛んだだけで田んぼの奥の電線に止まり直しました。
飛翔シーンを1/8倍速のスローモーションでリプレイしてみると、この鳥はノスリButeo japonicus)ですかね?(自信なし)
飛び立つ瞬間を撮り損ねて残念。




単独で徘徊するオビカレハ幼虫(蛾)



2013年5月下旬

里山の山道を歩いていると、笹の葉にオビカレハMalacosoma neustrium testaceum)の幼虫を発見。
いくら広食性とは言え、笹は本種の食草では無いので、上にある木の枝葉から落下したようです。
群れから離れる分散期なのかもしれません。
本種の幼虫は5令幼虫になるとおのおのが巣を出て単独で行動するそうです。(wikipediaより)
笹の葉を横断した毛虫は、更に茎を下り始めました。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts