2013/12/21

マルバハギの花蜜を吸うハラアカヤドリハキリバチ



2013年9月下旬

山間部の道端に咲いたマルバハギの群落の花期はもうそろそろ終わりのようです。
ハラアカヤドリハキリバチEuaspis basalis)が飛び回り、花蜜を吸っていました。
目測では小さな個体という印象。
本種の性別判定法を知らないのですが、♂なのだろうか。



ニホンリスの樹冠移動



2013年9月下旬

里山のスギ林でニホンリスSciurus lis)と遭遇。
初めは林床で見つけたのですが、撮り損ねてしまいました。
私がもたついている間に、リスは走って逃げて近くの杉の木を登りました。
複数の個体が樹冠を走り回っているようですが、下から見上げても茂みに隠れてほとんど見えません。


アキノノゲシを訪花するセイヨウミツバチ♀



2013年9月下旬

平地の草むらでアキノノゲシの小群落だけが草刈り後に残っていました。
そこでセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が花から花へと飛び回り吸蜜していました。
後脚の花粉籠には橙色の花粉団子を付けています。




2013/12/20

ミヤギノハギを訪花するクロマルハナバチ♀



2013年9月下旬

平地の道端に咲いたミヤギノハギクロマルハナバチ♀(Bombus ignitus)が訪花していました。
後脚の花粉籠は空荷のようです。

撮影条件はやや薄暗く、今にも雨が降り出しそうな生憎の曇り空でした。
逆光気味で動画が撮り難いので、後半は諦めてストロボ写真撮影に切り替えました。



シオヤアブ♀の交尾拒否?【ハイスピード動画】



2013年8月上旬

満開に咲いたリョウブの花の横でシオヤアブ♀(Promachus yesonicus)がミズナラの葉表に静止していました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮り始めたら、予想外のちょっと面白いシーンが偶然撮れました。

尾端に白い毛束を持つ♂が飛来しました。
葉上の♀は腹端を軽く持ち上げ、慌てて葉の縁にぶら下がり身を隠しました。
♂との交尾を回避する拒否行動でしょうか?
♂はそのまま上空を通過しました。
普段、虫を狩って捕食しているシオヤアブが♀の存在に気づかなかったとは思えません。
♀の交尾拒否のシグナルを読み取った紳士的な対応なのかもしれません。

求愛の成功例も見れたら良かったのですけど、♂が♀にいきなり飛びついてすぐに交尾を始めるのか、それとも何か儀式的な求愛行動があるのか、興味があるところです。

昔の観察記録を遡ってみても、交尾中のペアを撮っただけで、交尾を始める瞬間(求愛行動)は見ていません。

関連記事→「シオヤアブの交尾

2013/12/19

産卵中のマイマイガ♀(蛾)



2013年8月上旬

某山寺の板壁の隅にマイマイガ♀(Lymantria dispar japonica)がじっと止まっていました。
飛び立つ瞬間の動画を撮るつもりで翅に触れたのですが、全く動じません。
翅をめくると卵塊が見えたので、産卵中だったようです。
♀は死んでいるのかと思いきや、かすかに動きました。
「卵塊には産卵時に♀が植えた毛がある」らしいので、接写すればよかったですね。

ドクガ科でもマイマイガの成虫に毒毛はないので、触れてもかぶれたりする心配は無用です。

【追記】
英語版wikipediaの解説によると、マイマイガの♀は飛べないので羽化した場所の近くに産卵するらしい。


【追記2】
『繭ハンドブック』p107によれば、
(マイマイガ)卵塊の表面に♀成虫腹部の鱗毛を付着させている。





ウドの花蜜を吸うコガタスズメバチ♀



2013年9月下旬

畑の道端に咲いたウドの潅木でコガタスズメバチ♀(Vespa analis insularis)が吸蜜していました。



打ち上げ花火が放射状にパッと弾けたようなこの花を、見覚えがあるようで名前を知りませんでした。
うろ覚えの知識ではヤツデやハリギリの花に似ている気がしたのですけど、明らかに葉の形状が違います。
畑なので何か作物の花かな?と思いつつ調べてみると、こちらのサイト(ヤツデと似ている花を調べよう)で独活の花と判明しました。


【追記】
『昆虫の集まる花ハンドブック』p67によると、「スズメバチ類は(ウドなど)緑色の花が好き」とのこと。

2013/12/18

アシグロツユムシ♀の身繕いと排便@キツリフネ



2013年9月下旬

キツリフネの花の横でアシグロツユムシ♀(Phaneroptera nigroantennata)が葉に止まっていました。
産卵管を有する成虫の♀です。
のんびりと足先を舐めて掃除しています。
おもむろに糞を排泄しました。(@0:50)
肛門は産卵管の上にあるようです。
今回、糞を蹴飛ばす行動は見られませんでした。

関連記事


脱糞後はゆっくりと移動を始め、再び身繕い。






アレチウリを訪花するコアシナガバチ♀の飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年9月中旬

堤防を覆い尽くすように繁茂したアレチウリの群落でコアシナガバチPolistes snelleni)のワーカー♀が飛び回り、花蜜を吸っていました。
花から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。



通常のHD動画でも撮ってみました。
日差しが強くて白飛び気味の映像になってしまいました。

たまたま同じ花にもう一匹のコアシナガバチが着陸し、驚いて飛び立ちました。
最後は1/5倍速のスローモーションでリプレイ。



2013/12/17

アレチウリの花蜜を吸うキイロスズメバチ♀



2013年9月中旬

堤防に生い茂ったアレチウリの群落にキイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)のワーカー♀も来ていました。
他の蜂類とは異なり、獲物の探索が主目的のようです。
訪花シーンはほんの一瞬しか撮れませんでした。



ミゾソバの花蜜を吸うウラギンスジヒョウモン♀



2013年9月下旬

農道の道端に咲いたミゾソバの群落でウラギンスジヒョウモン♀(Argyronome laodice japonica)が訪花していました。
半開きの翅を開閉しながら吸蜜しています。



2013/12/16

アレチウリの花蜜を吸うセグロアシナガバチ♀



2013年9月中旬

堤防を覆い尽くすように繁茂したアレチウリの群落でセグロアシナガバチPolistes jokohamae)のワーカー♀が飛び回り花蜜を吸っていました。
複数個体を撮影。



飛べ!マエアカスカシノメイガ【蛾:ハイスピード動画】



2013年9月中旬

端山でモミジの葉に止まっていたマエアカスカシノメイガPalpita nigropunctalis)が飛び立つ瞬間を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
物を投げつけて飛び立たせました。
後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。



2013/12/15

チャイロスズメバチ♀同士の喧嘩@ミズナラ樹液酒場



2013年9月中旬

雑木林でミズナラの樹液酒場を占有しているチャイロスズメバチVespa dybowskii)のワーカー♀同士で突然激しい争いが勃発しました。
互いに大顎で咬み合って喧嘩しています。
幹から落下しても林床でしばらく格闘していました。
殺し合いには至らず、勝者が元の樹液酒場に戻りました。

てっきり同じ巣から来た仲間かと思ったのですが、違うのかな?
(個体標識して巣を突き止めるか、体表の化学組成を比較しないと確かなことは分かりませんね…。)
オオスズメバチ、モンスズメバチ、コガタスズメバチと様々な蜂が次々と飛来してその度に迎撃したり対応を迫られるので、気が立っていたのかもしれません。
たまたま虫の居所が悪くて、味方なのに敵と誤認したのかもしれません。



百日紅を訪花するセイヨウミツバチ♀



2013年9月中旬

公園に植えられたサルスベリの木でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
花はもう枯れかけのようですけど、後脚の花粉籠にオレンジ色の花粉団子を付けて忙しなく飛び回っています。
複数個体を撮影。



アレチウリの花蜜を吸うコガタスズメバチ♂



2013年9月中旬

河原の堤防に繁茂するアレチウリの群落でコガタスズメバチ♂(Vespa analis insularis)が飛び回り、花蜜を吸っていました。
触角が長く、腹部が7節あるので♂と判明。

本種の♀も同じ群落で訪花していましたが(→関連記事)、交尾行動は見られませんでした。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts