2013/12/14

褐色型トノサマバッタ♂♀の交尾



2013年9月中旬

河川敷の堤防(舗装路)で褐色型のトノサマバッタLocusta migratoria)が交尾していました。
そっと近寄ってよく見ると、♂は♀の背にマウントしているだけで交尾器は連結していません。
交尾後ガードなのかな?

♂が右前脚で顔(右触角)を拭って身繕いする以外は目立った動きはありませんでした。
いつもはすぐに逃げられてしまうので、今回も警戒して飛ぶかな?と思い念の為に動画で撮ったのですけど、ペアは静止したままでした。

後で思えば、♂だけでも採集して「バッタ釣り」の実験をしてみればよかったですね…。

【追記】

バッタは産卵管が短いので♂が上になり、腹端を曲げて♀の腹の下側から交尾する。直翅目でも産卵管の長い種類では♀が上になる交尾が行われる。(『日本動物大百科8昆虫Ⅰ』p103-104より)





アレチウリの花蜜を吸うクマバチ♀



2013年9月中旬

河原の堤防に生い茂ったアレチウリの群落でキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が飛び回り、花蜜を吸っていました。
後脚の花粉籠は空荷です。



オオスズメバチvsチャイロスズメバチ:樹液酒場での序列【HD動画&ハイスピード動画】



2013年9月中旬

ミズナラの樹液酒場は千客万来です。
最後に真打のオオスズメバチ♀(Vespa mandarinia japonica)が登場しました。
強力な大顎で樹皮を齧り樹液を舐めています。

やはりオオスズメバチが最大かつ最強です。
数で勝るチャイロスズメバチを易易と追い散らします。
オオが幹から飛び立ち、近くの樹液酒場に居たチャイロを追い払いました。(餌場の占有行動)
オオスズメバチの数が少ないことと、樹液酒場が幹のあちこちに分散しているため、平和がある程度保たれているようです。(チャイロを追い払っても別の樹液スポットに戻るだけで、イタチごっこになる。)

今回観察できたスズメバチ(Vespa属)3種の力関係はオオ>チャイロ>モンでした。
これは本の記述と合致しています。

『本能の進化:蜂の比較習性学的研究』 岩田久二雄・眞野書店 p318 によると、樹液の出る場所での席次争いで強いものから弱いものへの順列は、オオ>チャイロ>コガタ>モン>ヒメ(スズメバチ)らしい。




2種の空中戦を240-fpsのハイスピード動画で記録してみました。
通常は追い回すだけですが、稀に空中で激しい格闘となり、もつれ合うように落下しました。
オオスズメバチが幹を登ると、上の樹液ポイントに居たチャイロが慌てたように飛んで逃げます。



2013/12/13

ギンリョウソウの花に出入りするアメイロアリ♀



2013年9月中旬

前回の撮影から4日後の定点観察。
なんとか時間を見つけて、スギの植林地にぽつんと咲いたギンリョウソウの小群落を再訪しました。

ヒメアリMonomorium intrudens)と思われる小さなアメイロアリParatrechina flavipes
のワーカー♀がこの日も花に群がり徘徊しています。
ギンリョウソウの花に出入りする様子をマクロレンズで接写してみました。
「花の奥の蜜腺を目指して一目散に潜り込む」ようながっついた様子は無く、「ウロウロと徘徊しては時々花の中も探索してみる」といった印象です。
花内部での滞在時間もそれほど長くありません。

マルハナバチなど蜂類の送粉者はこの日も見られず、期待外れでした。
そのうち他のことが忙しくなったり台風が次々に上陸したりで、足が遠のきました。
久しぶりに見に行くと、このギンリョウソウの群落は黒く溶けたように消えてしまい、結実の有無を見届けられませんでした。
もし上手く受粉できていれば、来年も同じ場所に花を咲かせるかな?




アレチウリの花蜜を吸うヒメスズメバチ♂



2013年9月中旬

堤防に繁茂するアレチウリの群落でヒメスズメバチ♂(Vespa ducalis pulchra)が飛び回り花蜜を吸っていました。
触角および腹部が長いので♂だと思います。


【追記】
『昆虫の集まる花ハンドブック』p66によると、
スズメバチ類は舌が短いため、(アレチウリの)蜜を吸うときに必ず口の周囲に雄しべか雌しべに触れる。

2013/12/12

スキバホウジャク?幼虫(蛾)の痙攣



2013年9月中旬

山間部の車道で見つけたイモムシです。
黒い尾角が目立つのでスズメガ科の一種と思われます。
側面に眼状紋の列などはありませんでした。

なぜかピクピクと痙攣を繰り返すだけで、蠕動による徘徊運動をしません。
車に轢かれた様子はありません。
ひょっとして天敵に襲われたのか?と思ったら、近くでオオカマキリ♀がイモムシの動きを凝視していました。
もうしばらく待てば、次第に落ち着いて正常に徘徊を始めたでしょうか。
あるいは何者かに体内寄生された影響で神経系に異常を来しているのかもしれません。
食草の情報が不明なので、採集・飼育して確かめる気になれませんでした。

「幼虫図鑑」サイトで自分なりに絵合わせしてみると、スキバホウジャクの幼虫と雰囲気が似ている気がしました。
未採集、未採寸。



アレチウリを訪花するスズバチの飛翔【HD動画&ハイスピード動画】



2013年9月中旬

堤防に繁茂するアレチウリの群落でスズバチOreumenes decoratus)が飛び回り往復していました。
複数個体を撮影しましたが性別不明です。
獲物(または交尾相手の♀)を求めて探索飛行する合間に花蜜を吸っていました。
吸蜜している花で芋虫が動いても狩ろうとしません。
狩りの対象に選り好みがあるのか、あるいはスズバチが♂なのかもしれません。

近くの歩道でスズバチ♀が採土する光景も目撃しました。(映像なし)



アレチウリの花から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。



2013/12/11

イワガラミの葉を食害するアメリカシロヒトリ(蛾)終齢幼虫【微速度撮影】



2013年9月上旬

アメリカシロヒトリの飼育記録5

餌として与えているイワガラミを毎朝を新しい葉に取り替えてやります。
アメリカシロヒトリHyphantria cunea)終齢幼虫の行動を15時間48分間、微速度撮影してみました。
10秒間隔でインターバル撮影した計5,555枚の写真から早回し映像を作成しました。
蚕食、徘徊、脱糞行動を一日中ひたすら繰り返しています。
容器の蓋代わりに透明なラップで密閉していたら後半は葉からの蒸散でラップが少し曇ってしまいました。

成長後期のアメリカシロヒトリ幼虫は食べ方に無駄がない(汚らしくない)というか、端から食べ進んでほとんど食べ残しをしないので、見ていてとても好感がもてます。
そこが害虫として嫌われ恐れられている所以ですけど…。

もしかすると夜の方が摂食活動が活発なのかも(本来は夜行性?)と思ったりもしましたが、夜間の微速度撮影は試していません。

【追記】
その後、忙しくて観察が疎かになり容器内でいつの間にか繭を紡ぎました。
蛹で越冬し、いつの間にか成虫が羽化していました。

触角が櫛歯状であることから♂と判明。

シリーズ完。

繭+羽化殻
繭:羽化口

アレチウリを訪花吸蜜するフタモンアシナガバチ♀



2013年9月中旬

堤防に生い茂ったアレチウリの群落でフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)のワーカー♀が花蜜を吸っていました。



2013/12/10

ヒメジョオンの花蜜を吸うシロオビノメイガ(蛾)



2013年9月中旬

河原の堤防に咲いたヒメジョオンの群落でシロオビノメイガSpoladea recurvalis)が花蜜を吸っていました。




飛べ!オオスズメバチ♀@ミズナラ樹液酒場【ハイスピード動画】



2013年9月中旬

樹液が滲み出るミズナラの木にオオスズメバチVespa mandarinia japonica)のワーカー♀もやって来ました。
吸汁後に幹から飛び立つ様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。


頭楯の下の突起は2つ

2013/12/09

シロツメクサの花蜜を吸うツメクサガ(蛾)



2013年9月中旬

河川敷に咲いたシロツメクサの群落でツメクサガHeliothis maritima adaucta)が訪花していました。
吸蜜後は少し飛んでからシロツメクサの葉に翅を閉じて止まり、しばしの休息。
本種の幼虫はムラサキツメクサやシロツメクサなどのマメ科の牧草を食草とするらしいので(wikipediaより)、河川敷で成虫がよく見られるのは納得です。



ミズナラの樹液酒場から飛び去るコガタスズメバチ♀



2013年9月中旬

樹液が滲むミズナラの幹にはコガタスズメバチVespa analis insularis)のワーカー♀も来ていました。
数は少なくておそらく一匹だけ。
初めはモンスズメバチやオオスズメバチと迷ったのですけど、単眼の周囲が黒くなく、小楯板が黒いのでコガタと判明。

この樹液酒場はスズメバチ類が千客万来で、どれを撮ろうか目移りするほどでした。
チャイロスズメバチが占有する場所にはコガタは近づけないようで、少し離れた下の方の樹液スポットに甘んじています。

『本能の進化:蜂の比較習性学的研究』 岩田久二雄・眞野書店 p318 によると、樹液の出る場所での席次争いで強いものから弱いものへの順列は、オオ>チャイロコガタ>モン>ヒメ(スズメバチ)らしい。
今回の観察結果と合致しました。


映像の後半は1/4倍速のスローモーションで飛び立つ瞬間をリプレイ。



2013/12/08

ミヤマクワガタ♂同士の喧嘩



2013年9月中旬

同じミズナラの木で捕獲した二匹のミヤマクワガタLucanus maculifemoratus)で闘争行動を観察してみましょう。

初めは家に持ち帰ってから戦わせるつもりでしたが、樹液の強烈な匂いが漂う採集現場の方が闘志が沸くかな?と思い直しました。
朽木の枝を地面に置いて対戦の舞台とします。
両雄を乗せて対峙させるも、しばらく動きがありません。
画面の右側が小型の♂a(大顎発達不良で左右非対称)、左側が大型の♂b(大顎は正常)です。

先に仕掛けたのは意外にも小柄な♂aでした。
果敢に♂bへ立ち向かいました。
朽木上ですれ違う瞬間に♂bがライバルに向き直りました。
立派な大顎を大きく広げて威嚇します。
顎広げをしている間に、相手の力量を測っているらしい。
ゆっくり移動し、2匹の体勢が入れ替わりました。
ようやく互いにしっかり向き合い、本格的に闘争が始まりました。
♂bが相手の大顎を素早く挟みました。
胸部の下から掬い上げるように持ち上げて朽木から投げ落とし!
リングの高さが無いので豪快な投げは決まらず、そのまま大顎を離しました。
敗れた♂aは退散しようとするも、爪先が落ち葉に引っかかり逃げられません。

体長も大顎も大きな♂aが勝利したのは予想通りでしたが、意外に白熱した一戦になりました。
今回の決まり手は、ミヤマクワガタにしては珍しく「下手投げ」でした。

『カブトムシとクワガタの最新科学:闘争や交尾後の行動に潜む進化の秘密』p71-76によれば、ミヤマクワガタ♂同士の喧嘩の決まり手は

  • 上手投げ(相手の背中側から挟み、持ち上げるようにして投げる本種が得意とする戦法)が72.7%、
  • 挟み投げ(大顎と大顎が挟み合わさった状態で投げる技)が22.7%、
  • 下手投げ(相手の腹側から、大顎を使って持ち上げて投げる)は僅か4.6%らしい。
素人目にはたまたま組み合った瞬間の体勢で決まるような気もするのですけど、統計をとるとそのような傾向が現れるのだそうです。



アレチウリの花蜜を吸うキタテハ秋型



2013年9月中旬

河原の堤防に生い茂ったアレチウリの群落でキタテハPolygonia c-aureum)秋型が花蜜を吸っています。
秋晴れの日差しが強いので、基本的には翅を閉じて花に止まっています。



北米から侵入し繁殖力の強いアレチウリは侵略的外来種ワースト100に指定されています。



チャイロスズメバチvsモンスズメバチ:樹液酒場での序列【HD動画&ハイスピード動画】



2013年9月中旬

ミズナラの樹液酒場でチャイロスズメバチを観察していると、後からモンスズメバチVespa crabro)のワーカー♀も1匹飛来しました。
単眼周囲および小楯板が黒いことから、コガタスズメバチではなくモンスズメバチと判明。
体長はモン>チャイロなのに、力関係は逆転しています。
数で勝るチャイロが樹液酒場を制圧しました。

幹の上部に滲み出る数カ所の樹液ポイントはチャイロが占有し、モンスズメバチは近づけません。
追われたモンが同じ木の根元付近に別の樹液ポイントを見つけ、ようやくそこで落ち着いて吸汁しました。
発酵した樹液が白く泡立っていますけど、チャイロが来ていないということは1ランク質の劣る樹液ポイントなのでしょうか。
戻って来る度に近くのチャイロと小競り合いになり、空中戦で追い払われました。

チャイロスズメバチは社会寄生種で、モンスズメバチは寄主の一つです。
そのような寄生関係にあることが樹液酒場での力関係に影響しているのかもしれません。
従って、ここに集まったチャイロもモンも実は同じ巣から通っている可能性もあります。
つまりこのモンスズメバチは、巣を乗っ取られてチャイロのワーカーを育てた奴隷かもしれません。
それなら体表の匂いが似ている筈なので、協同で餌場を防衛しても良さそうなものです。
9月中旬では完全にコロニーを乗っ取られている時期かもしれない、と考えればその可能性は薄くなります。
巣の位置を突き止めれば解明できたでしょう。



チャイロスズメバチ♀の占有行動を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
樹液酒場を独り占めして樹皮を齧ったり吸汁したりしているチャイロは、モンが飛来する度に向き直って警戒姿勢をとります。
モンスズメバチは停空飛翔で偵察するだけで決してチャイロに戦いを挑みません。
怖くて近づけないという印象です。
チャイロvsモンの空中戦は残念ながら撮れませんでした。

今回観察できたスズメバチの序列は本で読んだ記述の通りでした。

樹液の出る場所での、席次争いで強いものから弱いものへの順列は、オオ>チャイロ>コガタ>モン>ヒメ(スズメバチ)
『本能の進化:蜂の比較習性学的研究』 岩田久二雄・眞野書店 p318 より




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts