2013/10/19

ユリズイセンに訪花するフタモンアシナガバチ♀2つの採餌戦略(正当訪花/盗蜜)



2013年8月中旬

前回の観察記録はこちら→「フタモンアシナガバチ♀がユリズイセンの花で盗蜜!?

交差点横の花壇を翌日に再訪しました。
驚いたことに、今度はユリズイセンに正当訪花して吸蜜しているフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)のワーカー♀がいました。
花の奥に潜り込んだまま、なかなか出て来ません。

正当訪花
正当訪花

少なくとも2匹のワーカーが繰り返しユリズイセンを訪花しており、もう一匹の個体は前回と同じく盗蜜していました。
花筒の根元を外側から噛み破り穿孔盗蜜しているのか、あるいは別種の蜂が噛み切った盗蜜跡を利用して吸蜜しているのか、どちらでしょう?

盗蜜
盗蜜
盗蜜
盗蜜

この夏あちこちの花壇でユリズイセンを気にして見て歩くと、色々な品種があるようです。
満開に咲くと大きく開いた花弁の根元に隙間が自然に生じることが分かってきました。
花筒の形状をなさなくなるのです。
こうなれば舌の短い蜂もわざわざ穿孔盗蜜する必要はなく、花弁の隙間から容易に蜜腺を吸えることでしょう。
つまり咲きかけのユリズイセンを訪花するフタモンアシナガバチの行動は、穿孔盗蜜ではなく「花弁(花びら)や蕚(がく・花被片)の間から蜜を吸い取る」タイプの盗蜜行動なのかもしれません(wikipediaより)。
雄しべに触れずに吸蜜するので花の受粉には関与せず、盗蜜と呼ぶのは問題なさそうです。
ユリズイセン(アルストロメリア)は南米原産の園芸種ですから、たとえ蜂が受粉してくれなくても人工受粉などにより見栄え重視で品種改良されてきたのかもしれません。

(追記:おそらくユリズイセンは球根で増やすのでしょう。)
全く別の花壇で後日に撮影。隣り合う花弁の間に根元にも隙間ができる。


この日私が観察していた限りでは、盗蜜個体が正当訪花に切り替える例もその逆も見られませんでした。
(つまり、盗蜜の常習犯がいるのです。)
同一個体が時と場合に応じて2つの採餌戦略をスイッチするのか、個体差や日齢、体長の違いによるものなのか、経験や学習の成果なのか、同じコロニー出身なのか、など知りたいことがたくさんあります。※
そのためには先ず蜂を生け捕りにして採寸したり個体標識したりする必要があります。
こんな人通りの多い場所で目立つことをやり始めたら間違いなく「何してるんですか?」と尋ねられ、虫嫌いの人だと大騒ぎして蜂の駆除業者に通報されそうです。
これからも定点観察に通いたいので、そんな事態はなんとしても避けたいところです。
個体識別のマーキングは泣く泣く諦めました。
いかにも花壇に咲いた綺麗な花を撮っている風を装ってさり気なく観察するだけにとどめます。

※ ちなみに、オオマルハナバチでも春に咲くタニウツギの花で穿孔盗蜜する個体と正当訪花する個体が2種類います。

関連記事→「オオマルハナバチ♀の盗蜜行動

スズメ(野鳥)の砂浴び



2013年8月中旬

家庭菜園の畑でスズメPasser montanus)が砂浴びをしていました。
畝の横の地面を掘った穴にスッポリ収まり、体を冷やしているようにも見えます。
スズメの群れが何羽も砂浴びしていたのですけど、逃げられてしまい撮れたのはこの一羽のみ。

連日の酷暑で近くの水溜まりも干上がっており、水浴ができないのでしょう。
鳥の砂浴び行動を初めて撮影できて、興奮しました。


砂浴びは乾燥した気候に適した羽毛の手入れ法といわれている。(『スズメ百態面白帳』p162より)

【追記】
『カラー自然シリーズ26:スズメ』より
頭で砂を掃いて、前の方へ突き飛ばすようにしながら、砂埃を上げます。翼でバサバサと、砂を跳ね飛ばします。こうして、砂と一緒に、体に付いたダニ、ふけ、細かい抜け毛などを取り去ります。

ヌルデの花で吸蜜するマドガ♂(蛾)



2013年8月中旬

山道の脇に咲いたヌルデの花でマドガThyris usitata)という可愛らしい昼蛾が吸蜜していました。
恥ずかしながらマクロレンズが汚れており、紗のかかった眠たい映像になってしまいました…。
腹端の毛束がこんなに長かったっけ? (ヘアーペンシルなのかな?)と思いつつ接写していたら、マドガ♂の特徴なのだそうです。

オスの腹端は細く伸び、メスの腹端は鈍く丸い。(wikipediaより)


2013/10/18

飛べ!スズバチ【ハイスピード動画】



2013年8月中旬

この日は山道で多数のスズバチOreumenes decoratus)と出会いました。
葉に止まって休んでいる蜂が飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に繰り返し撮ってみました。
交尾相手の♀を待ち構える♂なのかな?と想像したりするものの、私に性別は見分けられません。
狩りや巣作りをしている♀が翅を休めていたのかもしれません。


ヌルデを訪花するアカハナカミキリ



2013年8月中旬

林道脇に咲いたヌルデアカハナカミキリStictoleptura (Aredolpona) succedanea)が訪花していました。
忙しなく動き回り花蜜や花粉を食べています。
食事が済むと念入りに身繕い。



2013/10/17

マルバハギに訪花吸蜜するヤノトガリハナバチ♀



2013年8月中旬

里山で林道沿いに咲いたマルバハギの群落で見慣れない蜂が忙しなく飛び回り訪花していました。
腹端が尖っているので、ハキリバチ科トガリハナバチ属の仲間でしょうか。
未採集ですが、映像や写真を見る限り、翅は透明で顔色も白っぽい気がします。
腹部の横縞は黄色?
オオトガリハナバチと迷いましたが、おそらくヤノトガリハナバチCoelioxys yanonis)だと思います。
スミスハキリバチやツルガハキリバチなどの巣に労働寄生するらしい。
ということは、ヤノトガリハナバチは♀でも腹面にスコパ(花粉刷毛)を持たないのでしょう。
ヤノトガリハナバチ♂の腹端には棘状の突起があるらしいのですが、この個体には無いので♀と判明。



笹の葉裏でアブラムシの甘露を舐め産卵するゴイシシジミ♀



2013年8月上旬

山道を歩いていたら笹の群落(アズマネザサ?)から2頭のゴイシシジミTaraka hamada)が飛び立ちました。
しばらく待つと笹の葉裏に戻りました。
2頭とも翅が丸みを帯びているので♀だと思います。

♀の翅は丸みを帯び、とくに前翅の外縁は丸みが強いが、♂では直線状で翅の端が尖るので区別できる。寒地産の♀の前翅の表には、はっきりした白い斑紋が出ることがある。(『標準原色図鑑全集1:蝶・蛾』p52より)

その葉裏にはササコナフキツノアブラムシと思われるアブラムシがびっしり群がっています。
ゴイシシジミの幼虫は笹に付くアブラムシを捕食する(完全肉食性)という唯一無二の珍しい食性をもちます。
そのため成虫♀はアブラムシのコロニーに産卵します。

♀が腹端で葉裏に触れながらゆっくり移動しているのは産卵なのか、単に探っているだけなのか、現場ではよく分かりませんでした。
(夕暮れ時のため、動画を撮るにはやや光量不足でした。)
直後の葉裏に卵の有無も確認すれば良かったですね…。
アブラムシのコロニーで伸ばした口吻を動かし、甘露(アブラムシの分泌液)を吸汁しているようです。

ゴイシシジミもアブラムシも、その生態はとても興味深いので、少し予習をしてから定点観察に通うことにします。

つづく→「笹の葉裏でアブラムシを捕食するゴイシシジミ幼虫【微速度撮影】

ゴイシシジミ吸汁@アブラムシ
ゴイシシジミ吸汁@アブラムシ
ゴイシシジミ吸汁@アブラムシ



こちらの動画は8月中旬の昼間に再訪して撮ったものです。
これも♀の産卵行動でしょうか。

ずっと見ていると、どうもササ以外の葉に止まった際も腹端を葉に擦り付けて歩くことがあるようです。
思わせぶりな行動ですけど、必ずしも産卵行動ではないのかもしれません。
腹端の感覚器でアブラムシの存在を探っているのでしょうか。


2013/10/16

崖で採土するエントツドロバチ♀



2013年8月中旬

里山で尾根道の脇のちょっとした崖でエントツドロバチ♀(Orancistrocerus drewseni)と思われるドロバチが巣材の泥玉を作っていました。
私がこれまで観察してきたエントツドロバチはいつも平坦な地面で採土していたので、崖の斜面で巣材集めする行動は珍しいと思って撮りました。
たとえばスズバチはこの細い山道のほぼ平坦な地面から採土しています。
このエントツドロバチ♀がそうしないのは何か理由があるのかしらん?
(ひょっとすると近縁の別種だったりして…。)
飛び立つ間際に振り返った頭楯の色を確認したかったのですけど、ハイスピード動画ではないので無理でした。



飛べ!アブラゼミ♀【ハイスピード動画&HD動画】



2013年8月中旬

河川敷でニセアカシアの潅木の幹にアブラゼミGraptopsaltria nigrofuscata)が止まっていました。
逆光ですけど、飛び立つ瞬間を狙って240fpsのハイスピード動画で撮影してみました。
映像後半は更に1/5倍速に落としたスローモーションでリプレイ。
離陸した瞬間に空中でオシッコを排泄するシーンをいつか撮ってみたいものです。



すぐ隣のニセアカシア潅木に着陸した同一個体のセミを追って、今度は通常のHD動画に撮ってみます。
幹や枝を器用に登り下りしたり裏側に回りこんだりするものの、食事のため口吻を幹に突き刺している様子はありません。
前進だけでなく、後退もできるのですね。
鳴いている♂を撮っているつもりが、発声器官の腹弁が見当たらないので実は♀でした。
至近距離から聞こえる鳴き声は別個体♂のものでした。
となると♀が産卵場所を探索しているのでしょうか。
幹に静止した際に肝心の産卵管が翅に隠れて見えません。
それとも、求愛歌を歌っている気に入った♂のところに♀が向かい、これから交尾するのでしょうか?

最後は幹を徘徊するクロアリがしつこくセミの足にまとわりつき、アブラゼミ♀は嫌がって飛び去りました。



2013/10/15

オオマルハナバチ♀がタケニグサの花で振動集粉



2013年8月上旬

山地の道端に咲いたタケニグサオオマルハナバチBombus hypocrita)のワーカー♀が忙しなく訪花していました。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けています。
花に止まる度に翅を休めるのですが、耳を澄ませるとこのとき羽音よりも甲高い音がかすかに聞こえます。
これは振動集紛を行うために胸部の飛翔筋を震わせている音です。

振動集粉は一般に下向きに咲く花で行われることが多く、花粉の入った葯に止まって体を小刻みに振動させて落ちた花粉を体毛で受け止めて集める方法である。風媒花はこの振動集粉のおかげで受粉するが、ミツバチではこのような受粉はできない。(『日本産マルハナバチ図鑑』p167より)

オオマルハナバチ♀の振動集粉を声紋解析してみる

元のMTS動画ファイルから音声をWAVファイルに抽出してから、適当に切り出した部分のスペクトログラムを描いてみました。
背景でセミが絶えず鳴き続けていたり、上空を通過するジェット機の騒音が邪魔ですね。
振動集粉と飛翔時の羽音(5〜6秒)の違いが出るかと期待したのですけど、余りはっきりしませんでした。
やはり専用の録音機材を揃えないと、声紋解析しようとしても無理があるようです。


2箇所の鋭いピークはノイズ。

繭を紡ぐヨシカレハ(蛾)終齢幼虫【30倍速映像】



2013年8月中旬

ヨシカレハの飼育記録1

里山でススキの葉に止まっていたヨシカレハEuthrix potatoria bergmani)の幼虫を採集してから4日後。
この間、女竹や葦など食草をあれこれ与えてやっても全く食欲がありません。
そのうちに徘徊が激しくなり、繭作りを始めそうな予感。
何度食草に戻してやってもボトッと床に落ちてしまいます。
プラスチックの飼育容器内では絹糸が足場にくっ付きにくいだろうと出してやり、ボール紙でできたティッシュの空き箱に幼虫を閉じ込めました。
箱上部の透明ビニールカバーが覗き窓となって好都合です。
(脱走防止のため、切れ目をセロテープで塞いでおきました。)
薄暗い方が幼虫も安心して繭を紡いでくれそうです。
いざとなったらすぐに紙箱をハサミで切り開いて観察できるという利点もあります。

少し仮眠してから深夜に目覚めてチェックすると、紙箱の側面に繭を作っているところでした。
無から形を創り上げる最初の過程を観察できずに残念。
後で思うと、透明プラスチックの飼育ケースに紙箱の隅の部分だけを切って入れてやれば、外から進捗状況を確認しつつ、繭を作る位置も指定できたかもしれません。

カイコの場合、平面吐糸では繭を作れない。糸を張る足場となる2面以上で囲まれた立体空間が必要。(『糸の博物誌:ムシたちが糸で織りなす多様な世界』第6章:チョウとガの糸 p148より)

慌てて紙箱を切り開き、微速度撮影を開始。
ジオラマモードで撮った10倍速の動画を更にスピードアップした30倍速映像をご覧ください。
撮り始めた時には既にハンモックのような白い繭が大まかに作られています。
しばらく警戒していましたが、ようやく営繭を再開。
狭い繭の中で時折Uターンしながら絹糸を口から吐いて繭を紡いでいます。
休みなく営繭を続けます。
途中から急に絹糸が褐色に変わり、繭の中が透けて見えなくなりました。
絹糸の種類を変えたのか、あるいは何か絹糸を変質させる酵素を分泌し始めたのでしょうか?
毛虫の体毛を繭に植えているのかもしれません。
繭全体が少しずつ褐色を帯びていきます。
繭の網目を漉して落下した黒い脱毛が紙箱の床に少しずつ細かな綿埃のように溜まっていきます。
これに素手で触れるとかぶれるので要注意!

・毒針毛は繭にもあるが、成虫にはない。(wikipediaより)

・カレハガ科のマツカレハなどの繭には幼虫時代の刺毛が含まれます。(『糸の博物誌:ムシたちが糸で織りなす多様な世界』p156より)

完成した繭は灰褐色でした。
近縁種タケカレハの繭に見られたような黒点は無く、形は似ていても色が違います。

関連記事→「繭を紡ぐタケカレハ(蛾)終齢幼虫(150倍速映像)

参考サイト:「ヨシカレハの観察日記」@晶子のお庭は虫づくし

つづく→「寄主ヨシカレハ(蛾)の繭から脱出するヤドリバエ幼虫


紙箱に営繭

繭の直下には脱毛が散乱

採寸

側面

側面

後日、繭を切り開いて調べてみると、紙箱に接した部分は絹糸を節約していることが分かりました。
また、繭の内側には何か漆喰のような粘液を塗った後で白く固まったものが見つかりました。




2013/10/14

羽化直後のエゾゼミ♂が歩いて転ぶ



2013年8月上旬

山道の休憩所にて、エゾゼミ♂(Lyristes japonicus)が床にひっくり返っていました。
脚をばたつかせるだけで、自力では起き上がれないようです。
徘徊中のクロアリがちょっかいをかけてきます。
セミを起こしてやると歩き始めましたが、飛べないようです。
腹弁を持つ♂なのに、拾い上げても鳴いてくれません。
休憩所のベンチの上を歩かせると、ベンチの簀子状の隙間に足を踏み外して転倒しました。
寿命が近いのか、とにかく衰弱した個体のようです。
私が数時間滞在している間にもこのエゾゼミ♂は動かずベンチでじっとしていました。


【追記】
YouTubeのコメント欄にて、tead deatさんより貴重なご指摘を頂きました。
腹弁の色、翅脈の色からすると弱ってるより羽化したてに見えます。ついでに鳴かないまで来ると羽化したてしかないなぁと。
その可能性は全く考えてませんでした。
セミに疎い私はてっきりセミは夜に羽化するものと思い込んでいたのです。(エゾゼミは昼間に羽化するのですか?)
上述したように山道の休憩所(東屋)でひっくり返っていたのですが、地中から出てきた幼虫が開放的な東屋に迷い込んだとしても不思議ではありません。
この動画を撮ってから数時間放っておいてもベンチから逃げずに(飛ばずに)じっとしていました。
私が帰る前にもう一度腹弁を撮れば色が変わっていたのかな?
この記事のタイトルも「瀕死のエゾゼミ♂が歩いて転ぶ」から変更しておきます。





食草から落ちて逃げるヨシカレハ幼虫(蛾)



2013年8月上旬

林道脇に生えたススキの葉に巨大な黒い毛虫を発見。
ヨシカレハEuthrix potatoria bergmani)という蛾の幼虫です。
頭を下に向けて食事もせずに長時間静止しています。
毛に素手で触れるとかぶれる恐れがあるので※、鉛筆で体に触れると、初回は身を攀じって逃げました。
2度目の刺激では急にボトッと地面に落下し、林床を凄い勢いで逃走。
力強い蠕動で意外に素早く這い回ります。

※ 幼虫は、こげ茶色の毛虫で、タケカレハのように頭部付近と尾部付近に1束ずつ長い毒針毛の束を持つ。この束は、刺激を受けても膨らまない。(wikipediaより)




写真↑は風で揺れる条件下でストロボを焚いて撮ったので、肉眼や動画で見る真っ黒な印象とはどうしても色の感じが違います。

飼育するため、撮影後にありあわせのビニール袋で採集して持ち帰りました。
このとき既に終齢幼虫で、しかも体内寄生されていたことが後に判明します。
(つづく→営繭の微速度撮影

ちなみに↓こちらは、2006年7月下旬に撮った個体の写真です。



トラマルハナバチ♀とトモンハナバチ♂のニアミス【ハイスピード動画】



2013年8月上旬

ムラサキツメクサの群落でトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が忙しなく訪花していました。
後脚の花粉籠に大きな白い花粉団子を付けています。
吸蜜シーンを240-fpsのハイスピード動画に撮っていると、偶然トモンハナバチ♂(Anthidium septemspinosum)が飛来しました。(@1:55)
似ても似つかないのにそそっかしいトモンハナバチ♂が交尾相手と誤認したのかもしれません。
するとトラマルハナバチ♀は即座に両中脚・後脚を万歳のように持ち上げ、威嚇姿勢で追い払いました。
もしトモンハナバチ♂に飛びつかれていたら、自衛のためトラマルハナバチ♀は反射的に毒針で刺したかな?


2013/10/13

フタモンアシナガバチ♀がユリズイセンの花で盗蜜!?



2013年8月中旬

交差点の花壇に咲いたユリズイセンフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)のワーカー♀が訪花していました。
ところがこの蜂は開いた花筒の奥に素直に潜り込んで吸蜜しません。
もちろん巣材集めでもありません。
花筒の根元付近を外から食い破り、蜜腺を直接舐めているようです。
これはまさしく穿孔盗蜜と呼ばれる行動です。
盗蜜はハナバチと顕花植物との共進化の文脈で語られることが多いので、アシナガバチ(カリバチの仲間)も盗蜜を行うとは知らずとても意外でした。(※追記参照)
確かにアシナガバチの舌はさほど長くないため、正当訪花するのでは蜜腺に舌が届かないことがあるのでしょう。
注意して見ると、ユリズイセンの花の根元に盗蜜された古い傷跡が残っています。

撮影中にカメラのバッテリーが切れてしまい心残りでしたが、後日に再訪して更に詳しい観察ができました(映像公開予定)。
観察を重ねるうちにこれが本当に盗蜜行動と呼んで良いのかどうか若干の疑問が生じてくるのですけど、それは追々ブログに書いていきます。
この日は「衝撃のスクープ映像が撮れた!」と非常に興奮しました。

次の観察記録はこちら


※【追記】
1982年発行の『日本蜂類生態図鑑』PL46-3にフタモンアシナガバチが筒状の白い花の根本で外側から盗蜜している生態写真が掲載されていました。植物の名前が書いていないのが残念です。






川で冷やしたメロンを食すハシボソガラス【野鳥】



2013年8月中旬

ハシボソガラスCorvus corone)が川に入って何かを啄んでいます。
どうやら半分に切られたメロンが腐りかけで捨てられたのか、浅瀬に流れ着いたようです。
川の流水で冷やされたメロンはこの暑い日にはいかにも美味しそうです。
ヒトが川でスイカを冷やすのを見て覚え、自分で採ってきた(盗んできた)メロンを真似して水に浸して食べたのだとしたら凄い話ですけど、賢いカラスのことだからあり得ない話ではないかもしれません。

遠くから望遠で撮るだけでは飽きたらず、私が欲を出してカラスの背後から近づいたら驚いて飛び去ってしまいました。
むしろ正面からゆっくり近づいた方が警戒されなかったかもしれません。
逃げられては仕方がないので、メロンに残された食痕を撮影。


この味がいいねとカラスが言ったから、8月11日はメロン記念日

これぞまさしくウォーターメロン。

リョウブに訪花吸蜜するウラギンスジヒョウモン♀



2013年8月上旬

里山の尾根道沿いに咲いたリョウブを訪花していたウラギンスジヒョウモン♀(Argyronome laodice japonica)。
翅を開閉しながら吸蜜しています。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts