2013/10/05

リョウブに訪花吸蜜するルリチュウレンジ



2013年8月上旬

里山に咲いたリョウブの花でルリチュウレンジArge similis)と思しきハバチが吸蜜していました。
全身がメタリックに輝く紺色です。
性別判定法を知りませんが、左右に割れている腹端の形状で見分けられたりしないかな?

同一個体を撮り続けました。



ムクゲの花を食すマメコガネ



2013年8月上旬

民家の生垣でムクゲの花に居るマメコガネを発見。
花弁の中央を食しています。
花弁に付着した花粉を舐めている可能性もありますが、それにしては一ヶ所に留まって口を動かしています。
花弁に食痕の有無を調べて見たかったのですけど、ちょっと手の届かない位置でした。
他人の家の花を勝手に毟り取る訳にもいきませんし…。

隣の株には別個体のマメコガネが開きかけの白い花の上に乗っていました。
こちらは撮り始めたらすぐに花の陰に隠れてしまい、映像は割愛。




草むらで交尾するカノコガ(蛾):結合部のアップ



2013年8月上旬

山地の道端に生い茂ったススキの葉裏でカノコガAmata fortunei fortunei
が交尾中でした。
翅を半開きで静止しています。
側面から接写してみると、左側の個体が腹部が太いので♀のようです。
その♀は右側の前翅・後翅共に完全に破損しています。
天敵に襲われたのか、おそらくもう飛べないでしょう。
たとえ飛べなくなっても性フェロモンで♂を呼び寄せて交尾し、卵を産むことは可能なようです。
交尾器の結合部を接写してみました。




2013/10/04

フェンネルに訪花吸蜜するコモンツチバチ♀



2013年8月上旬

民家の庭先に咲いたウイキョウ(=フェンネル)に見慣れないツチバチの仲間が訪花していました。
集合花の上を歩き回って吸蜜しています。
帰ってから調べてみるとコモンツチバチ♀(Scolia decorata ventralis)と判明。
コモン〜とは「小紋」土蜂の意味で、common(ありふれた、普通種の)ではありません。
私はこれが初めての出会い。
触角が短いので♀です。
胸部は黒。

余談ですが、このウイキョウの群落にはオオカマキリの終齢?幼虫が花の直下に潜んでいて獲物を待ち伏せしていました。
もしその花にコモンツチバチ♀が近づいていたら狩られていたでしょうか?(毒針で返り討ちにしたかな?)





飛べ!ゴマダラカミキリ♀【HD動画&ハイスピード動画】



2013年8月上旬

川の土手の草むらで見つけたゴマダラカミキリAnoplophora malasiaca)。
触角がそれほど長くないので♀ですかね?
葉っぱの天辺に登ると、不安定な足場から翅を広げて飛び立ちました。



上手く飛べずにすぐ近くに着陸したので、今度は240-fpsのハイスピード動画でも羽ばたきを撮ってみました。
飛び立ちの瞬間を更に2回撮れました。
三度目の正直でようやく長距離の飛翔となり、姿を見失いました。
河畔林の柳の方へ向かったようです。




2013/10/03

マルバハギに訪花吸蜜するトラマルハナバチ♀



2013年8月上旬

山道の横に咲いた萩の群落にトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠に白っぽい花粉団子を付けています。





萩にも色々と種類があるようです。
ヤマハギと迷いましたが、これはマルバハギでしょうか。




リョウブの葉を食すヒメスジコガネが脱糞



2013年8月上旬

山道の横に生えたリョウブ潅木でヒメスジコガネMimela flavilabris)と思われる甲虫が葉を食べていました。
撮り始めた矢先にポロリと脱糞しました。
葉の食痕(虫食い跡)を見るに、かなりの大食漢のようです。

この日の山行では同様の光景をあちこちで見かけました。




2013/10/02

タニウツギの葉を蚕食するオビガ(蛾)幼虫【微速度撮影】



2013年8月上旬

林道脇のタニウツギの潅木で葉裏にオビガApha aequalis)の幼虫が止まっていました。
茶色の毛虫で白髪交じりの長毛でした。
葉裏に隠れながらタニウツギの葉をもりもりと食べています。
現場に三脚を立て、蚕食シーンを微速度撮影してみました。

遅ればせながら最近になって知ったのですが、私のカメラ(Panasonic LUMIX DMC-FZ200-K)をジオラマ・モードに切り替えて動画を撮ると、10倍速の早回し映像が簡単に撮れることが分かりました。
微速度撮影するには他にも幾つか方法があるのですが、一長一短です。

今回はジオラマモードを初めて試してみます。
最近はやりのチルトシフト処理を施しているようで、被写界深度が浅く画角の周囲に意図的なボケが強調されるのが難点です。
(余計なティルトシフト処理を外すオプションを付けて欲しいものです…。)



カメラの電池が切れるまで、ときどき撮影アングルを変えながら長撮りしました。
10倍速の早回しでは未だ物足りない結果だったので、動画編集ソフトで更にスピードアップした30倍速の映像をご覧下さい。

葉表から撮ると、毛虫の姿は隠れてほとんど見えません。
それでも虫食い跡がみるみる広がっていく様子が面白いですね。
オビガ幼虫は葉の縁に跨り、上半身を前進させながら食べ進みます。
途中で樹上を徘徊中のアリに攻撃され、しばらく擬死しました。
ほとぼりが冷めたら食事を再開。
初めは葉の主脈を食べ残していましたけど、最後はきれいに食べ尽くしました。
気持ちの良い食べっぷりです。



ちなみに↑こちらがオリジナルの10倍速映像です。(ブログ限定公開)
ときどき風で三脚が振動したり葉が揺れたりするので、動画編集時に手ブレ補正処理を施してあります。




ムラサキツメクサを訪花するトモンハナバチ♀の飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月下旬

ムラサキツメクサの群落でトモンハナバチ♀(Anthidium septemspinosum)が訪花していました。
花から花へと飛び回る様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
複数個体を撮影。



♀は主にクサフジの群落(パッチ)で訪花しているのですが、交尾目当ての♂がしつこく迫ってきます。
私の印象では、♂を相手にするのが面倒になったら♀は隣のムラサキツメクサ群落に移動してのんびり吸蜜するようです。
♂はなぜかムラサキツメクサの群落には行かないようで、そちらでは交尾シーンを見ていません。
(花蜜の豊富な?)クサフジのパッチを選んで♂が縄張りを張っているのかもしれません。

飛来したマメコガネとのニアミスも偶然撮れました。



通常のHD動画でも撮ってみました。

『完訳ファーブル昆虫記第4巻上』の第8章は植物の綿毛を集めて小部屋を造る(フランスの)モンハナバチの営巣習性を扱っていて、日本産トモンハナバチの参考になりそうです。



『花の虫さがし』p29によると、ムラサキツメクサの花で

蜜を吸いに来るハチの種類が、シロツメクサより少ないわけは、花の長さがシロツメクサより長いために、舌の短いハチでは、蜜が吸えないからです。






2013/10/01

リョウブに訪花吸蜜するクマバチ♀



2013年8月上旬

山道沿いに生えたリョウブの群落でキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が訪花していました。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けています。
リョウブの花の形状は盗蜜の必要がないようで、クマバチも正当訪花しています。





ヌルデを訪花するシロテンハナムグリ



2013年8月上旬

大型のハナムグリがヌルデの花で食事していました。
背中の斑点模様をなかなかこちらに向けてくれなくて接写に四苦八苦していたら、飛んで逃げてしまいました。
シロテンハナムグリProtaetia orientalis submarumorea)ですかね? (もし間違えていたらご指摘願います。)




2013/09/30

ヘクソカズラに訪花吸蜜するセイヨウミツバチ♀



2013年8月上旬

ヘクソカズラの藪の奥で頻りに蜂の羽音がするので覗いてみると、セイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けています。
盗蜜行動ではなくヘクソカズラに正当訪花することを確認しました。
(花筒に頭を突っ込んで舌を伸ばし蜜腺を舐めています。)
花から花へと飛び回る動きが素早い上に、生い茂った薮の奥に潜り込んで採餌しているので、とにかく撮影し難くくて仕方がありません。
酷暑の日中はミツバチも熱中症にならないよう直射日光の当たらない日陰の草むらの奥を選んで訪花しているのでしょうか。
私も暑さでぼーっとしてしまい、気温を測り忘れました…。
あるいは日向の花はもはや流蜜が枯れてしまったのかもしれません。

ところで、ヘクソカズラの花から集めた蜂蜜の風味はやはり臭いのかどうか興味があります。




鳥糞を吸汁するコムラサキ♂【HD動画&ハイスピード動画】



2013年8月上旬

水辺のコンクリート護岸にコムラサキ♂(Apatura metis substituta)が止まっていました。
日光浴しているのかと思いそっと近寄ってみると、野鳥が排泄した白い糞を口吻で舐めていました。
水鳥の羽根も糞の近くに落ちています。

暑いのか、基本的に翅を閉じたまま吸汁しています。
ときどき羽根を開閉します。
♂にしては構造色の紫色光沢が薄い気がしたのは、翅の角度のせいかな?

後半、コムラサキ♂が少し歩いて鳥糞から離れた際にコンクリートを舐めた跡が唾液で濡れていました。
水分を吐き戻しながら鳥糞のミネラルを溶かして吸汁していたのでしょうか?
映像を観直しても、鳥糞を舐めながらセセリチョウのようにオシッコは排泄していないと思います。

飛び立ってもしばらくすると同じ場所あるいは隣の鳥糞に舞い戻って来ます。
私の横を通り過ぎる際にパタパタと軽快な羽音が聞こえます。

幼虫の食草であるヤナギが近くに生えているので、この溜池でコムラサキを見掛けるのは納得しました。



同一個体が鳥の糞から飛び立つ瞬間の羽ばたきを240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。






2013/09/29

青虫を肉団子にするコアシナガバチ♀



2013年8月上旬

草むらでコアシナガバチPolistes snelleni)のワーカー♀が狩ったばかりの獲物で肉団子を作り始めました。
細長い青虫を狩る瞬間は見ていません。
イネ科の葉の上に乗って風に揺られながら食肉処理しています。
大顎で獲物をしごくようにして腸の内容物を捨てているようにも見えます。
肉団子が完成すると飛んで帰巣しました。





ヘクソカズラを訪花するクマバチ♀



2013年8月上旬

フェンスを蔓で覆い尽くしたヘクソカズラの群落でキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が訪花していました。
クマバチと言えば盗蜜行動の常習犯ですし、以前ヘクソカズラの花でクロマルハナバチが盗蜜していたので、どのように吸蜜するのか興味津々で撮り始めました。
残念ながらクマバチはすぐに飛び去ってしまい、肝心の口元が撮れず盗蜜の有無は確認できずじまいでした。
後脚の花粉籠は空荷のように見えました。


【追記】
4年後にようやく決定的な映像を撮ることが出来ました。

▼関連記事
ヘクソカズラの花で盗蜜するクマバチ♀


畑で採食するハクセキレイ幼鳥【野鳥】



2013年8月上旬

民家の家庭菜園で見つけたハクセキレイMotacilla alba lugens)。
全体的に色が薄いので幼鳥でしょうか。
ヒト慣れしているようで、私が立ち止まって撮り始めても逃げません。
トレードマークの尾羽根を上下にピクピク振りながら畑を歩き回り、地面をときどき嘴でつついて回ります。
ときどき早足になります。
最後は舗装路を渡り、一声鳴いて飛び去りました。






ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts