2013/09/28

ヌルデを訪花するセイヨウミツバチ♀



2013年8月上旬

ヌルデの潅木にセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
花蜜を吸って回る蜂の後脚の花粉籠にはオレンジ色の花粉団子が付いています。

映像の前後半で別個体を撮りました。




ハシボソガラスの給餌拒否(野鳥:子別れ)



2013年8月上旬

ハシボソガラスCorvus corone)の成鳥が軒下の植え込みの陰でゴソゴソと何かを採食していました。
私が近づいたら少し飛んで逃げました。
(動画撮影はここから。)

駐車場横の空き地(原っぱ)に移動した親鳥の元に幼鳥が甘えた声で鳴きながら歩み寄り、餌をねだります。
親鳥は嘴に何か黒い物を咥えています。
口内の赤い幼鳥が必死でせがんでも、親鳥と思われる成鳥は逃げ回り給餌しようとしません。
後ろ姿でよく見えなかったのですが、親鳥が自分で食べてしまったようです。
巣立った幼鳥が充分に育ったので、そろそろ自立を促す子別れの時期なのでしょう。
原っぱを歩き回る親鳥の後を幼鳥が付いて歩きます。
親鳥の側で幼鳥は 両方の翼を広げながら鳴き騒いでいます。
巣に居た時はこれが親鳥に餌を催促するディスプレーだったと思われます。


(餌をねだる子が親鳥に対して)翼をばたつかせる甘えのポーズも、多くの鳥に共通している。♀が♂に餌をもらうとき(求愛給餌)や、交尾の前の♀にも見られる。(『スズメの少子化、カラスのいじめ:身近な鳥の不思議な世界』p88より)



最後はもう一羽のカラスが飛来しました(つがいの片割れ?)。
それに驚いたのか、幼鳥→親鳥の順に一羽ずつ飛び立ちました。

幼鳥の鳴き声を声紋解析してみる?


▼関連記事
巣立ち雛に給餌するハシボソガラスの家族群(野鳥)





トモンハナバチの交尾@クサフジ【HD動画&ハイスピード動画】



2013年7月下旬

クサフジの花でトモンハナバチAnthidium septemspinosum)の交尾行動も繰り返し観察できました。

吸蜜中の♀に突然♂が背後から飛び付いてマウントしました。
蜂の仲間にしては珍しく、体長は♀よりも♂の方が大きいです。
まず考えられる理由としては、カブトムシのように配偶相手の♀を巡って♂同士の闘争があるため大型に進化したのではないかと予想されます(同性間競争による性淘汰)。
しかし、実際に喧嘩しているトモンハナバチ♂は見れていません。

腹部両側に♀は10紋、♂は12紋あることを確認しました。
♀の腹部下面には花粉を集める毛(スコパ)が密生しており♂にはスコパが無い点、♂の顔が白い点も性別判定のポイントになります。
交尾中も♀はそのまま吸蜜を続けます。
短い交尾が済むと♂は別れて飛び去りました。



240-fpsのハイスピード動画でも交尾シーンが撮れています。

クサフジで吸蜜中の♀を見つけた♂は一気に加速して飛びつきました。
すかさずマウントに挑むも乱暴すぎたのか♀が暴れて逃げられました。
♀による交尾拒否があるのかもしれません。
♂が♀に飛び付くシーンはどうしても撮り損ねることが多いです。

花に掴まった♀は交尾中に体勢を保つためか、ときどき羽ばたきながら花蜜を吸っています。
♂は翅を休めて交尾に専念しています。
交尾を終えた♂が先に離れて飛び去った後も♀はしばらく吸蜜を続けます。




【追記】
『但馬・楽音寺のウツギヒメハナバチ:その生態と保護』p92によると、
日本産のトモンハナバチAnthidium septemspinosumでは、♂が花に採餌にきた♀と頻繁に交尾する。大型の♂ほど花資源の豊かな場所になわばりをもつという。

2013/09/27

ヌルデに訪花吸蜜するスズバチ



2013年8月上旬

ヌルデの潅木でスズバチOreumenes decoratus)が訪花していました。
花蜜が目当てなのか獲物となる芋虫を探索中なのか、初めは分かりませんでした。

なんとか吸蜜シーンが撮れました。
蜂の性別は?






柳の木を登るシロスジカミキリ♀



2013年8月上旬

湿原に生えたヤナギの幹にシロスジカミキリBatocera lineolata)を発見。
感動的なほど巨大な個体でした。
触角の長さから♀かなと思うものの、カミキリの性別はいつも自信がありません…。
産卵行動を期待したのに、幹をひたすら上に登るだけです。
最後は樹冠の葉陰に隠れてしまいました。
ようやく静止し幹に口を付けるも、大顎で樹皮を齧っている様子はありません。
夜まで待てば低い所まで下りてきて産卵を観察出来たかな?

帰ってから調べてみると、確かにヤナギ科はシロスジカミキリのホストの一つに挙げられていました。




2013/09/26

タケニグサの花で振動集粉するクロマルハナバチ♀



2013年7月下旬

里山の雑木林でタケニグサの群落がヒトの背丈を優に超える高さまで育ちました。
その白い花でクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が何匹もせっせと振動集粉していました。
後脚の花粉団子に白く大きな花粉団子を付けています。

花から花へと停空飛翔(ホバリング)する間に空中で脱糞する様子も映像に写っていました。
白い花粉が体から落ちたのではなく、排便だと思います。




ブチヒゲカメムシの交尾



2013年8月上旬

川の土手に咲いたムラサキツメクサの花の上でブチヒゲカメムシDolycoris baccarum)の♀♂ペアが交尾していました。
この時期にあちこちでよく見掛けるカメムシですが、どうもムラサキツメクサの花、それも咲き終えて枯れかけの花が好みのような印象を受けます。
という事は、吸蜜ではなく実(子房?)から吸汁しているのかもしれません。
交尾器を連結したまま花の上で歩き回ります。
静止状態でも小柄な♂が尻をピクピク動かしています。




2013/09/25

生垣の竹筒を物色するオオハキリバチ



2013年8月上旬

川沿いにある民家の庭でウコギの生垣を束ねる竹筒をオオハキリバチMegachile sculpturalis)が物色していました。
蜂が竹筒(内径Φ15〜17mm)の中に侵入したのを見て、撮影開始。
しばらくすると、蜂が竹筒の中から後退して外に出て来ました。
竹筒の穴の場所を記憶するために定位飛行してから飛び去りました。
状況説明のため引きの絵にしたら蜂がすぐに戻って来ました。
ウコギの生垣を挟み込むように2本並んだ竹筒を、蜂はホバリングしながら見比べているようです。
再び右の竹筒を選ぶと、穴の中に頭から潜り込みました。
やがて中から後退して出てくると飛んで巣穴を離れました。

こんな街中(平地)にオオハキリバチが生息しているとは意外でした。
観察した行動から、今回の個体は♀のような気がします。
♀だとしたら営巣に適した穴を探索しているのでしょう(借坑性)。
近くに神社があるので、巣材の樹脂は境内の御神木(スギ、マツ)から調達できそうです。
(もし♂だとしたら、巣から♀が羽化するのを待っているのかもしれません。)

この場所は遠くて滅多に通えないのですが、結局この竹筒にオオハキリバチ♀が正式に営巣することはなかったようです。
近場で太目の竹筒トラップを仕掛けたらオオハキリバチの営巣を観察できそうです。




飛べ!ヨツスジハナカミキリ【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月下旬

里山の雑木林でタケニグサヨツスジハナカミキリLeptura ochraceofasciata ochraceofasciata)が多数訪花していました。
葉から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮り始めました。
朝露に濡れた葉を歩き回りながら身繕いしたり水滴を飲んだりしています。
口を付けた水滴が一気に小さくなるのが面白いですね。



ハイスピード動画は固定焦点なので、カミキリがタケニグサ群落の周りを激しく飛び回る様子は通常のHD動画に切り替えて撮影。
ぶら下がった花から落ちるように飛び立つ個体もいました。

ヨツスジハナカミキリの黄色と黒は勇気の印♪、ではなくて蜂の警告色にベーツ擬態しているようです。
このタケニグサ群落ではマルハナバチ類やクマバチなど多数の蜂に混じってワンワン飛び回り訪花していました。



2013/09/24

コウゾリナの花を食すアシグロツユムシ幼虫



2013年7月下旬

林道脇に咲いた背の高い黄色い花をアシグロツユムシPhaneroptera nigroantennata)の幼虫が食べていました。
隣の花に歩いて移動すると、花弁に食痕が残されていました。
接写してみると、今度は雄しべの花粉を食べているようです。





花弁の食痕

さて、この黄色い花の名前は何でしょうか?
キク科であることは間違いないのですが、コウゾリナですかね?
もし間違えていたらご指摘願います。




フェンネルに訪花吸蜜するコアシナガバチ♀



2013年8月上旬

民家の庭でコアシナガバチPolistes snelleni)のワーカー♀がウイキョウ(=フェンネル)を訪花していました。
小雨がぱらつき始める中、1匹が花蜜を吸っていました。




2013/09/23

山の広場を一周するニホンカモシカ♂(左角欠け)



2013年7月下旬

尾根筋の広場にて、茂みから物音がするのでカメラを構えて待っていると野生のニホンカモシカが登場。
至近距離にも関わらず、撮影者に全く気付かず広場を横断します。
カモシカがおそろしく近眼であることを今回も痛感しました。
フィールドでカモシカの性別を見分けるのは至難の業ですが、股間に睾丸らしきものが見えるので♂でしょうか?
陰茎はよく見えませんでした。
立ち止まって道草を食いました(キク科の草を採食)。(@0:45〜1:05)
残念ながら後ろ姿で採食メニューはよく見えませんでした。
広場の林縁を一周してアカマツの木の下まで来ると何か潅木の葉を採食したようです。(@3:03〜3:18)
採食メニューの樹種はヤマウルシかな?

採食シーンをしっかり撮ろうと足音を忍ばせて茂みに接近したものの、カモシカに気づかれてしまいました。
気付くの遅いってば!
こちらを正面から見据える顔を観察すると耳介にギザギザがあり、同じ日に麓の杉林で遭遇した個体とは明らかに違います。
また、左角の先端が欠けている気がします。
しばらく対峙した後、フシュフシュ♪と鼻息で威嚇してきました。
やがて身を翻してリョウブの茂みの奥に走り去りました。
斜面を少し下って逃げたところで隠れていた模様。



股間に睾丸?

股間に睾丸?



ウイキョウに訪花吸蜜するフタモンアシナガバチ♀



2013年8月上旬

民家の庭先でフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)のワーカー♀がウイキョウ(=フェンネル)を訪花していました。
小雨が降り始める中、少なくとも2匹が花蜜を吸っていました。





ところで、この黄色い花の名前を調べるのに手こずりました。
オミナエシにしては葉の形が違います。
極細の糸のような葉っぱなのでアスパラガスの変種なのかと思い、「アスパラガスの花」で画像検索すると白い花のみ。
ようやくフェンネルの花と知りました。




クサフジに訪花するトモンハナバチ♀の飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月下旬

用水路沿いの草むらでクサフジの群落に見慣れない蜂が多数訪花していました。
初めはてっきりハエかと思ったのですが、腹部腹面にスコパ(花粉刷毛)が見えることからハキリバチの仲間と気づきました。
帰ってから調べるとトモンハナバチ♀(Anthidium septemspinosum)と判明。
♀は腹部側面に和名の由来となった計10個の紋が並んでおり、スコパを有し、黒い顔が特徴です。

ハエのように動きが速いので、240-fpsのハイスピード動画で飛び立つ瞬間を撮ってみました。



通常のHD動画でも訪花シーンを撮ってみました。

【追記】
たくさん撮った映像素材の中から♀の訪花シーンを選んで編集したつもりでしたが、見直すと1箇所だけ顔の白い♂の映像が混じっていました。(@2:26 - 3:34)





クサフジ花

クサフジ群落・全景

2013/09/22

カノコガ(蛾)の死骸に群がるアメイロアリ



2013年7月下旬

里山の雑木林の林床にて。
コナラ?幼木の葉の上でカノコガAmata fortunei fortunei)が死んでいました。
その死骸に小さなアリが群がっています。
見慣れないアリでしたが、とにかく小さく、頭部および腹部にメタリックな光沢がありました。
調べてみると、おそらくヒメアリMonomorium intrudens)のようです。
YouTubeにて、releasewindknotさんからアメイロアリParatrechina flavipes
だろうとご教示頂きました。

蜂にベーツ擬態して天敵から身を守っているカノコガはなんと、猛毒の青酸化合物を体内に蓄積しているそうです。(参考サイト
死骸とは言え、アリが食べても平気なのでしょうか?






ヤブガラシに訪花吸蜜するセグロアシナガバチ♀



2013年7月下旬

農道のガードレールを覆い尽くしたヤブガラシの群落でセグロアシナガバチPolistes jokahamae)のワーカー♀が花蜜を吸っていました。
初めはキアシナガバチと迷ったのですが、前伸腹節が黒いことからセグロと確定。

ちなみに最近になって、従来の学名(Polistes jadwigae)が訂正されたらしい。





リョウブに訪花吸蜜するミドリヒョウモン♂



2013年7月下旬

林道脇に咲いたリョウブミドリヒョウモン♂(Argynnis paphia)が訪花していました。
翅を開閉しながら花蜜を吸っていました。

薄暗い映像に自動色調補正を施してあります。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts