2013/09/14

蜂蜜を舐めるアゲハヒメバチ♀




2013年7月下旬

キアゲハ(Papilio machaon)の帯蛹bから羽化した直後のアゲハヒメバチ♀(Holcojoppa mactator)に餌として蜂蜜を与えてみました。
蜜滴が大きすぎて、口器の動きが余りよく観察できませんでした。
吸蜜中は口髭をリズミカルに動かしています。
顔の正面から接写すると、頭楯の中央に縦の黒条が目立ちます。
満腹したら落ち着いてくれました。

映像の後半は自動色調補正を施してあります。








採寸替わりに1円玉を並べてみる。

以下は標本写真。


翅脈





腹端を接写しても産卵管は見えず。

【追記】
蜂類情報交換BBSにてBacon.Lさんより以下のコメントを頂きました。

しぐま様のブログのアゲハヒメバチは♀です。この種では、♂の触角はより鋸歯状になっていることからも判別できます。見かけ上の腹部の露出している背板の数は、ヒメバチ亜科では属により様々ですが、♂のほうが1つ多く見えます。


リョウブの花蜜を舐めるニトベベッコウハナアブ♀



2013年7月下旬

山中に咲いたリョウブの花にニトベベッコウハナアブ♀(Volucella linearis)が来ていました。
花蜜を舐めています。

ベッコウハナアブの仲間はスズメバチの巣に寄生する掃除屋・天敵として知られています。

ニトベベッコウハナアブを見つける度に、一瞬「チャイロスズメバチだ!」と見間違えてしまいます。
捕食されないようにベーツ擬態するなら、もっとメジャーな(個体数の多い)スズメバチに似せた方が有効である気がします。
そもそも日本のスズメバチ属(Vespa)の中でチャイロスズメバチだけが独特の体色で、この配色にミューラー擬態した蜂を他に知りません。
もしかすると、チャイロスズメバチの巣に潜り込んで産卵するための攻撃的(?)擬態なのかな〜と想像を逞しくしてみる。
いつか産卵シーンを観察してみたいものです。



2013/09/13

ハナトラノオの花で盗蜜するクマバチ♀



2013年7月下旬

民家の花壇に咲いたハナトラノオ(=カクトラノオ)にキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が数匹、訪花していました。
朝は蜜量が多いのか、のんびり時間をかけて吸蜜しています。

ところがよく観察してみると、花の根元を外側から食い破って穿孔盗蜜していました。
後脚の花粉籠が空荷である点も受粉に関与しないことを物語っています。
筒状の花の入り口から潜り込むには体が大き過ぎる上に口吻が短いので、クマバチはハナトラノオに正当訪花しても蜜を吸えないのです。

途中で花壇に飛来したスズメバチとクマバチがニアミスしました。
スズメバチは訪花吸蜜せず、獲物を探索中のようです。





杉林のニホンカモシカ



2013年7月下旬

里山の登り口の杉林でいきなり野生ニホンカモシカCapricornis crispus)に遭遇しました。
これほど里に近い場所まで下りてくるとは驚きです。
杉林でカモシカに出会ったのは初めて。※
手入れされずに放置された植林地なので、下草が生い茂っています。

正面を見据えて対峙するカモシカの顔を観察すると、角も耳も左右正常でした。
はっきりと個体識別できるほどの特徴は見当たりませんが、心なしか耳介が非対称で右耳が丸みを帯び左耳が尖っているかもしれません。
やがてクルリと踵を返すと、斜面を駆け登って逃げました。
鼻息による威嚇は行わず。

こちらも足音を忍ばせて林道を登り、追いかけます。
カモシカはこちらを振り返って立ち止まっています。
今度は斜面をゆっくり登り始めました。
三度目に追いついた時には口をモグモグ動かしていたのですが、採食シーンやメニューは確認できませんでした。(反芻かも?)


※【追記1】
春から夏にかけ、カモシカは午前10時頃から午後2時頃までの間に、休息反芻のためにスギ林や伐採地に入り座る。この時間帯にカモシカの姿を発見するのが、かなり難しいのはこの為である。(『野生のカモシカ:その謎の姿を追う』p44より)


【追記2】
一年後に同じ山系で同一個体と再会しました。
このときは鼻息威嚇が見られました。
▼関連記事葛折の山道で丸耳ニホンカモシカと遭遇

2013/09/12

キアゲハに寄生したアゲハヒメバチ♀の羽化



2013年7月下旬・室温25℃

キアゲハの飼育記録9

割箸に蛹化してから31日後の朝、キアゲハPapilio machaon)の帯蛹bから茶色の寄生蜂が羽化してきました!
慌てて動画に撮りました。
蛹から脱出したばかりの蜂は、割箸に登って身繕いを始めました。
後脚を互いに擦り合わせています。
やがて割箸から飛び降りました。

帯蛹bの胸部側面に大きな脱出口がぽっかり開いています。
待てど暮らせどキアゲハの成虫が羽化しなかった理由がようやく判明しました。
終齢幼虫を採集してきた段階で既に体内寄生されていたことになります。
蛹に触れて刺激しても蠕動運動が見られませんでした。

さて、この寄生蜂はアゲハチョウの天敵として有名なアゲハヒメバチHolcojoppa mactator)です。

アゲハチョウ科の幼虫に産卵し、蛹から羽化脱出する内部・単寄生蜂。
本種は♀でも産卵管が見えないので、素人目には性別が分かりません。
【追記】蜂類情報交換BBSにてBacon.Lさんより、以下のコメントを頂きました。
「しぐま様のブログのアゲハヒメバチは♀です。この種では、♂の触角はより鋸歯上になっていることからも判別できます。見かけ上の腹部の露出している背板の数は、ヒメバチ亜科では属により様々ですが、♂のほうが1つ多く見えます。」

白色LEDで照らしたら映像のホワイトバランスがやや狂ったので、動画編集時に自動色調補正してあります。

つづく→シリーズ#10



【追記2】
本田計一, 村上忠幸『ワンダフル・バタフライ―不思議にみちたその世界』p48によると、

アゲハチョウの寄生蜂は何種類かいます。
私(本の著者)が経験したものは二種類で、一つは蛹の内部から蛹の表面に穴を開けて、数ミリの成虫が無数に出てきたアオムシコバチ、もう一つは蛹を割って―これは一匹でしたが―一センチ程度の成虫が出てきたアゲハヒメバチの仲間です。
いずれにしても幼虫の段階で卵を産みつけられているようです。





リョウブの花蜜を舐めるアカウシアブ♂♀





2013年7月下旬

里山の尾根道に咲き誇るリョウブアカウシアブTabanus chrysurus)が訪花していました。
吸蜜したり身繕いしたりしています。
初めに♂の動画を、次に同じ日に別な場所で撮った♀を紹介します。
複眼の形状から性別が見分けられます。
左右の巨大な複眼が中央で接しているのが♂です。

アカウシアブ♀を交尾相手と誤認したのかヨツスジハナカミキリが急に飛びついてきた事件が興味深く思いました。







2013/09/11

狩り直後のフタモンクモバチ♀@スギ倒木



2013年7月下旬

里山で細い山道を塞いでいるスギの倒木上にフタモンクモバチ♀(旧名フタモンベッコウ、Parabatozonus jankowskii)を見つけました。
蜂はすぐに飛んで逃げました。
ところが映像を見直すと、狩ったクモが近くに置かれています。
スギの枯葉に紛れたクモが保護色で撮影中は全く気づきませんでした。(痛恨のミス!)
狩りの直後か獲物の運搬中だったと思われます。
しばらく待てば逃げた蜂が獲物を取りに戻って来たはずです。

麻酔した獲物はコガネグモ科でしょう。
フタモンクモバチはオニグモ類を専門に狩る日本最大のクモバチらしい
クモの長い歩脚がスギの枯れ葉に引っかかり、運ぶのが大変そうです。
蜂も立ち往生していたのかもしれません。


イチモンジセセリ♂♀の求愛と交尾拒否@ススキ葉【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月下旬

水辺に近い堤防の草むらでイチモンジセセリParnara guttata)がススキの葉に2頭並んで止まっていました。
時折一頭が飛び回っています。
これは求愛飛翔ではないかと思い、すぐハイスピード動画(240-fps)を撮り始めました。
全編を更に1/2倍速のスローモーションに加工してあります。(トータルすると実際の1/16倍速スローモーション)
途中で小雨が降りだしたので、傘を差しながら撮影しました。

行動を見るになんとなく、下に止まっている方が♂だと思います。
撮影アングルを変えて横から見ると、上に止まった個体のほうが腹部が太く、♀のようです。
たまたまこのペアの場合、♂の方が翅の地色が暗いです。
保育社『標準原色図鑑全集1:蝶・蛾』p9によると、イチモンジセセリの雌雄の区別は

斑紋はほとんど同じであるが、♀は翅の幅が広く、白色の斑紋が♂に比べて一般に強い。

2頭は縦に並んで葉に止まっています。
♂はときどき軽く飛び立って素早く元の葉に戻る、という行動を繰り返しています。
♀の直後→右後→左後と場所を変えています。
♂は求愛して♀の許諾を待っているようです。
視覚的に♀に何か求愛誇示するのなら、♀の前に出る必要があるのでは?と思うのですけど、これがイチモンジセセリの恋の流儀なのでしょう。
♂が動いて♀に触れる度に、♀は前翅を小刻みに震わせています(交尾拒否の合図?)。
迫る♂は片方の触角で♀の翅に触れてその振動を常に感じています。
♀は頑なに交尾拒否をするぐらいなら、なぜ飛んで逃げないのか不思議です。
吸蜜にも行かず静止しているのは雨宿りなのかな?
後で思うと、幼虫の食草はイネ科やカヤツリグサ科らしいので、♀はススキの葉に産卵しようとしていたのかもしれません。

つれない♀に痺れを切らしたようで、諦めた♂が飛び去りました。
例えば最後に撮った回のハイスピード動画では、♂は4分弱の間になんと計16回も♀にアタックしていました。
交尾に至る過程を記録観察したかったのに、恋が成就せずに残念でした。
頑として交尾を拒否する♀は基本的に翅を閉じたままでした。
♀が♂の求愛を受け入れるときはこの翅を広げるのかな?



途中で通常のHD動画に切り替えて同一のペアを撮っています。



実はこの直後、近くで別のペアの求愛を観察しています。

▼関連記事▼イチモンジセセリの求愛と交尾拒否@アカツメクサ花【ハイスピード動画&HD動画】


【参考動画1】
イチモンジセセリの求愛行動(@MOMO:動物行動の映像データベース)
吸蜜中の♀に対して♂が求愛しています。
このペアは♂♀どちらも焦げ茶色の翅。

【参考動画2】

イチモンジセセリの交尾(by peatarochanさん)

互いに逆を向いて腹端を連結しています。
交尾終了後はオスがすぐに飛び去る。


2013/09/10

キンシバイの花で回転集粉・振動集粉するクロマルハナバチ♀



2013年7月中旬

マンションの植え込みに咲いたキンシバイクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が数匹訪花していました。

後脚にオレンジ色の大きな花粉団子を付けています。
幾つかの特定の花が気に入ったようで、これを巡回していました。
花に止まると円形に並んだ雄しべから回転集粉します
ときおり振動集紛の音がかすかに聞こえるものの、車の騒音でかき消されてしまいます。
交通量の多い街中なのに、一体どこで営巣しているのか興味があります。



ノスリをモビングするハシボソガラス【野鳥】



2013年7月下旬

二羽のハシボソガラスCorvus corone)が天敵の猛禽類を追い回しています。
後からもう一羽のカラスが加勢しに来ました。
モビングを受けている鳥は翼の下面が白く中央が黒いのでノスリButeo japonicus)と判明。
ノスリが上昇気流に乗って飛ぶ姿は優雅ですけど、今は低空を必死で羽ばたき逃げています。
この間、カラスがガーガー♪鳴いていたと思うのですが、遠過ぎて録音されていません。
最後はカラスの一羽が遠くの樹冠に止まりました。
手前のススキの茂みが撮影の邪魔ですね…。

モビング疑攻撃、英:mobbing) 大型の天敵などに対し、同種の仲間が集団になって攻撃を仕掛けて被捕食から逃れる行動。(wikipediaより)

2013/09/09

キベリヘリカメムシがヒメジョオンの花で吸蜜



2013年7月中旬

道端に咲いたヒメジョオンの群落でキベリヘリカメムシMegalotomus costalis)が花に来ていました。
よく見ると、花に口吻を突き刺して吸汁/吸蜜しています。
レンズを近づけ過ぎると警戒して花の上を少し移動します。
この日は炎天下でヘロヘロになっており、マクロレンズに交換するのも億劫でマクロモードでお茶を濁しました。
今回は飛んでくれませんでした。

関連記事→「蜂に似たキベリヘリカメムシの飛翔【HD動画&ハイスピード動画】




飛べ!コクロアナバチ【ハイスピード動画】



2013年7月中旬

山道でコクロアナバチIsodontia nigella)と思われる黒ずくめの蜂がノブドウの群落で訪花していました。
花蜜を吸ったり身繕いしたりしてから忙しなく飛び立つ瞬間を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。

ちなみに、同じ日に別な場所でヤブガラシにも訪花していました。

関連記事→「コクロアナバチがヤブガラシに訪花吸蜜


2013/09/08

キンシバイの花で回転集粉するセイヨウミツバチ♀



2013年7月中旬

花壇に咲いたキンシバイセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠にオレンジ色の花粉団子を付けています。
円形に並んだ雄しべの上をグルグル歩き回って効率よく花粉を集める回転集粉行動が見られました。
吸蜜は行わず、花粉集めに専念しているようです。

一度キンシバイの花から飛び立つも、よほど花粉の量が豊富なのか同じ花に舞い降りて
集粉再開することもありました。
大通りに面したマンションの植え込みなのに、一体どこで営巣していて蜜源まで通って来るのか、興味があります。


『日本産マルハナバチ図鑑』p167によると、
回転集粉は花床をグルグルと何回も回り続けたり、転げ回って集粉する場合と円柱状の穂花の周りを何周も回り続けて集粉する方法である。




タチアオイに訪花するオオマルハナバチ♀



2013年7月中旬

道端の花壇でオオマルハナバチBombus hypocrita)のワーカー♀がタチアオイを訪花していました。
吸蜜しようと白い花に潜り込むだけで体中に白い花粉が大量に付いてしまいます。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts