2013/08/31

ヒメクモバチ♂gが泥巣から羽化脱出する瞬間



2013年7月中旬・室温24℃

ヒメクモバチ羽化の飼育記録4

前回のヒメクモバチ♂e(旧名ヒメベッコウ;Auplopus carbonarius)が羽化して4日後。
この日も早朝から泥巣を動画で監視記録していると、7匹目の新成虫♂gが羽化してきました。

映像をよく見ると、今回の♂gは脱出直前に育房の内部から水を吐き戻して土壁を柔らかくする行動は見られませんでした。
同じ母蜂から生まれたヒメクモバチ♂でもこの行動をする個体(♂e)としない個体(♂g)がいるという結論になりました。

泥巣の端に作られた育房から順に脱出口が開いています。
育房はあと一つ残っているように見えますけど、その後はもう新成虫の羽化はありませんでした。
計7匹で打ち止め。
今回タニウツギの葉裏から採集したヒメクモバチ泥巣の被寄生率は零でした。

参考記事→「ヒメベッコウの巣から羽化したホシツリアブとヤドリクモバチ
ちなみに、6匹目♂fの羽化脱出は3日前の夜に行われたものの、残念ながら見逃してしまいました。
それでも網室内で無事に蜂を捕獲。

▼つづく

交尾と交尾拒否



ヒメシジミ♂♀の交尾(結合部のアップ)



2013年6月中旬

道端のイネ科の葉に止まって交尾中のヒメシジミPlebejus argus)♀♂ペアが居ました。
左が♂、右が♀。
よく見ると、後翅裏の斑紋に微妙な性差がありますね。

翅を閉じたまま逆向きに静止し、腹端の交尾器を結合しています。
あぶれ♂(またの名をお邪魔虫)が数匹飛来するも、早い者勝ちなのか強引に割り込んだりせずにあっさり諦めて飛び去りました。
風揺れに悩まされながらも、マクロレンズで交尾器結合部を接写してみました。

交尾中にペアの片方が歩いて少し前進すると、それに引っ張られて他方も結合したまま後退します。
♀は脚で顔を拭ったりしています(身繕い)。

よく似たミヤマシジミの分布は東北地方南部〜中部地方南部らしいのですが、レッドデータによれば山形県でミヤマシジミは絶滅(EX)したとされているので除外しました。


全景




あぶれ♂の飛来

2013/08/30

ヒメクモバチ♂eが泥巣から羽化脱出する瞬間(水の吐き戻し)



2013年7月上旬・室温24〜25℃

ヒメクモバチ羽化の飼育記録3

前回のヒメクモバチ♀c(旧名ヒメベッコウ;Auplopus carbonarius)が羽化して2日後。
この日も早朝から泥巣を動画で監視記録していると、5匹目の新成虫eが羽化してきました。
今回の脱出口はやや小さ目で、成虫の顔色が白いので案の定♂でした。
本種の♂は腹端の背面に白点を有します。
脱出口の並びを見ると、育房の作られた順番が推測できます。
泥巣の端の育房から順に羽化しているようです。

ヒメベッコウの成虫が壺から出てくる際、口から水を吐き出して、泥を柔らかくし、壁を破る。(『ファーブル写真昆虫記2:つぼをつくるかりうど』p40より)


映像をよく見てみると、今回の♂eは確かに口から水または唾液を吐き戻して泥巣を軟化させてから脱出しているようです。
脱出の直前に泥巣のじわっと濡れた部分が黒く見えます。
決定的な瞬間を初めて映像に記録することができました。(感無量…♪)
実は本の記述を内心疑っていたので、まさか蜂が本当にこんな芸当をするなんて驚きました。
私の観察からは、「ヒメクモバチは羽化脱出の際に育房内から水を吐いて土壁を軟化する個体と、これを行わずに大顎で土壁を齧るだけで脱出する個体がいる」という玉虫色の結論になりました。
脱出戦略に性差があるのか、単なる個体差なのでしょうか?
幼虫に与えられた獲物(麻酔されたクモ)の大きさや水分含有量に依存するのかもしれません。
育房の土壁がたまたま厚ければ、中から湿らせても(水分が足りずに)外側からは見えない可能性もあります。
もしサーモグラフィーで録画すれば、脱出の直前に泥巣を水で濡らした部分の温度が気化熱で下がるはずなので、可視光下で見るよりも明瞭に分かるかもしれません。
サーモグラフィーにそこまでシビアな時間的・空間的な解像度を期待するのは無理かな?

ちなみに4匹目♀dの羽化はこの前夜に行われ、残念ながら撮り損ねました。
必ずしも朝に泥巣から脱出するとは限らないようです。

つづく→「ヒメクモバチ♂gが泥巣から羽化脱出する瞬間


ヒメクモバチ♂eの羽化脱出直後の泥巣










拾った枝を奪い合うハシボソガラスの遊び【野鳥】



2013年7月中旬

空き地でハシボソガラスCorvus corone)の三兄弟が枯れ枝を地面から拾い上げて遊んでいました。
2羽で取り合いになり、綱引きしています。
飽きて手放した枝でも仲間に取られると惜しくなり、奪い返そうとする様子が微笑ましいです。
枝を咥えて木製パレットの上に登った個体が簀子板を踏み抜いてずっこけました。

なんとなくこの三羽烏は、同じ巣から生まれた幼鳥の兄弟のような気がします。



2013/08/29

飛べ!イタヤカミキリ♂【HD動画&ハイスピード動画】



2013年7月中旬

イタヤカミキリMecynippus pubicornis)が葉に乗っていました。
触角が長いので♂でしょうか。
同一個体が2回続けて飛びました。
後半は240-fpsのハイスピード動画で飛び立つ瞬間を撮ってみました。
結構、長い距離を飛んだのが印象的でしたが、それを動画に記録するのは至難の業です。(魚眼レンズなどで撮ればよいのでしょうけど、高嶺の花です。)



東屋で遊ぶ野生ニホンザルの群れ



2013年7月上旬

登山道の休憩所として建てられた東屋で、遊動中の野生ニホンザル(Macaca fuscata)が数匹たむろしていました。
初めは頻りにこちらの様子を窺っています。
東屋の柵から柱を身軽によじ登って屋根へ移動。
トタン屋根の上で遊んでから下りる際は、頭を下向きに柱を降りる猿もいれば、柱にしがみ付き尻から滑り降りる猿もいました。
東屋の屋根と桜の枝との間をピョーンと跳び移る軽業まで披露してくれました。

生き生きと遊ぶニホンザルの様子は見ていて飽きません。




2013/08/28

クロマルハナバチ♀がオオキンケイギクに訪花【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月中旬

川沿いの民家の庭に咲いたオオキンケイギククロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。
植物の外来種や園芸種には疎いのですが、「キク科、オレンジ色の花」でネット検索してなんとか辿り着きました。
もし間違っていたらご指摘願います。
キバナコスモスは花季も葉の形も違います(参考サイト)。
蜂が花から花へと忙しなく飛び立つ瞬間を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。



同一個体の訪花シーンをHD動画でも撮ってみました。




ドバト(野鳥)の白変種



2013年7月中旬

公園に集まるドバト(=カワラバト、Columba livia)の群れの中に、アルビノ変異

白変種と思われる個体が居ました。
羽根の模様が白地に薄い赤紫色です。
瞳の色は赤っぽく見えます。


【追記】
YouTubeのコメント欄にて「この鳩はアルビノではなく白変種」とご指摘を頂きましたので訂正します。

ヒトに飼われているレース鳩のようで、両足首に個体識別のための足輪を付けていました(右:黄色、左:水色と緑色)。
「石橋をつついて渡る」性格の鳩でした。
飛び立つシーンを撮り損ねましたけど、飛行能力に問題はないようです。

白いという理由で「みにくいアヒルの子」のように群れから仲間外れにされたり、孤立したり、虐められている様子はありませんでした。
ただし配偶相手として選り好みされる可能性はある気がします。

こちらのブログ「白いドバト」で似たようなタイプのアルビノが紹介されています。




ブレた写真ですが、正常個体との比較。羽根や瞳の色に注目。

足輪


2013/08/27

マミジロハエトリ♂(蜘蛛)の求愛失敗



2013年7月上旬

堤防の草むらを徘徊中のマミジロハエトリ♂(Evarcha albaria)を発見。

♂は♀を見つけると近づいて正面から対峙し、第一脚を大きく広げました。
♂の触肢は前面が白色で目立つのですが、このとき触肢の動きはありませんでした。
むしろ♀の方が毛だらけの触肢を揃え上下に動かしました。
♂が特にアクションを起こさないうちに、♀が向きを変えました。
焦った(?)♂が跳び付くも、♀に逃げられたようです。
1/8倍速のスロー再生で確認すると、どうやら♂は目測を誤ったようです。
♀を目がけて跳びついたのではなく、その上を通り過ぎたので驚いた♀が逃げたようです。
♂の万歳姿勢は求愛誇示ではなく、単なる跳躍準備の姿勢だったのでしょうか?

残念ながら交接には至らず、♂は徘徊・探索行動に戻りました。

【参考】
研究報告『ハエトリグモの誇示行動』によると、本種の♂同士の威嚇誇示行動は

第Ⅰ・Ⅱ脚で「ワグ(wag)」した後、少し「接近(approach)」、 その後一方が「逃走(decamp)」。



ヤマトシミ♀の食事



2013年7月上旬

白い壁紙にヤマトシミCtenolepisma villosa)が止まっていました。
点灯してもカメラのフラッシュを焚いても逃げません。
壁紙そのものを食害しているというよりも、紙の表面に付着した糊(ご飯粒?)を食べて糊口を凌いでいるようです。
口器が咀嚼する動きを接写してみました。
採寸のため定規を横にそっと当てたら振動でぴくりと動き、向きを変えました。
しばらくすると警戒を解いて摂食再開。
本種は書庫に住んで、和紙や澱粉糊のついた紙を好んで食べるらしい。
紙魚をちゃんと観察したのは初めてでした。
素早く逃げて物陰に隠れる動きが印象的だったのですが、ハイスピード動画に撮れば良かったですね…。





採寸

食痕


2013/08/26

オオバギボウシに訪花するクロマルハナバチ♀



2013年7月上旬

民家の庭に咲いたオオバギボウシの群落でクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠にオレンジ色の花粉を付けています。

(クロマルハナバチは)マルハナバチの中でも舌が短く、花筒が短い花を好む。花筒に穴をあける盗蜜を行い、他のハチがあけた穴を二次利用することもある。(wikipediaより)
ところが、この個体は盗蜜せずにしっかり花の中に潜り込んで採餌していました(正当訪花)。
一方、体の大きなクマバチはオオバギボウシの花の奥に潜り込めず、穿孔盗蜜せざるを得ませんでした。
関連記事→「クマバチ♀の盗蜜行動@オオバギボウシ


畑でトマトをねだるハシボソガラス幼鳥(野鳥)



2013年7月上旬

遠くの畑で3羽のハシボソガラスCorvus corone)がうるさく鳴き騒いでいます。
口内が赤い2羽の幼鳥(巣立ち雛)が翼をばたつかせながら必死に鳴いて餌をねだると、採食中の親鳥は左側の幼鳥に欠片を少しずつ分け与えたように見えました。
右側の幼鳥はおあずけを食っています。

…というストーリーに見えたのですけど、実は3羽とも幼鳥で餌の取り合いの兄弟喧嘩だったのかもしれません。
見方によっては親鳥が嘴を振り立ててうるさい幼鳥に威嚇したようにも見えますね(給餌拒否)。

何かに驚いてカラスが一斉に飛び去った後で調べると、争っていた餌は果物ではなくて未だやや青いトマトでした。


八咫烏のポーズ!(JFAのエンブレムみたい)

口の中が赤い幼鳥が餌をねだる。

未熟なトマトが食べかけで残された。

2013/08/25

首輪付きの野生ニホンザル♀2頭



2013年7月上旬

山中の広場で遭遇した野生ニホンザルMacaca fuscata)の群れの中に、発信機付きの首輪を装着させられた個体が少なくとも2頭いました。

一頭目の首輪猿は見慣れない青い箱(発信機?)を付けていました。@2:24
子猿同伴で広場を横切りましたが、性別はしっかり見分けられませんでした。

二頭目の首輪猿は単独行動の成獣で、発信機は黒い箱。@3:51
近くに子猿の姿はないものの、乳首が長いので♀。
顔つきからも先程の首輪猿が戻って来たのではなく別個体であることが分かります。
落ち着いた足取りで威風堂々と広場を横断。

猿害対策の一環として群れの遊動域を知る目的でテレメトリー調査しているのだとしたら、♀に発信機を付けるのが理に叶っています。
ニホンザルは母系社会なので、原則として♀は生まれた群れに一生留まります。(土着性)

一方、たとえ♂を捕獲して発信機を付けてもいずれ群れを離れてしまうため、群れの遊動域を知る目的には不向きでしょう。
さすがに映像から発信機のメーカーは見分けられませんが、例えばこのようなシステムだと思われます。
サル接近警戒システムなどの応用が実用化されています。





飛べ!ツメクサガ【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月上旬

河川敷の草むらでヒメジョオンに訪花するツメクサガHeliothis maritima adaucta)という昼行性の夜蛾(ヤガ科)を発見。
花から花へと飛び移る瞬間を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。



同一個体の吸蜜シーンをHD動画でも撮ってみました。
少し離れたヒメジョオンの群落ではツメクサガが何頭も訪花していました。
求愛交尾や喧嘩などは見られませんでした。
調べてみると本種の幼虫の食草はムラサキツメクサらしく、なるほどこうして河川敷で発生するのも納得しました。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts