2013/08/17

マダラアシゾウムシに昆虫ゼリーを与えてみる



2013年6月下旬

オニグルミの葉から採集したマダラアシゾウムシEctatorhinus adamsii)を持ち帰ったらいつの間にか室内で脱走していました。
夜に再発見したら体中が埃まみれになっていました。

試しに余っていた昆虫ゼリーを与えてみたら、さっそく吸汁を始めました。
吻の先にある大顎の動きに注目して接写してみたものの、よく分かりませんでした。
微動だにしないので、単にゼリーに乗せただけのヤラセ映像と思われるかもしれません。

背中に付いた綿埃を取り除いてやったら嫌がってなぜか右前脚を持ち上げました。
ちょっとした威嚇のつもりなのでしょうか?
ようやく動き出したら容器の縁から滑り落ちそうになり、跗節の爪でしがみ付いています。

その後数日間飼ってみたのですけど、他の動画ネタを思いつかなかったので元気なうちに解放してやりました。
ガラス容器の垂直な壁面を自在に登れる点が印象的でした(映像なし)。





右手を挙手!

ハクビシンの早朝散歩



2013年7月上旬

日の出前の早朝に、カラスが喧しく鳴き騒ぐ声に叩き起こされました。
一体何事かと窓から外の様子を覗いて見ると、路上を徘徊している小動物に対して電線に止まったハシボソガラスの群れが警戒声を上げている模様。
痩せ細ったタヌキにしては尻尾が長いです。
なんとハクビシン(白鼻芯、白鼻心;Paguma larvata)でした!
卵や雛を狙う天敵にカラスが直接的なモビング行動をやらないのは未だ暗いからでしょうか。
雛が巣立った後はリスクを犯してまで侵入者を攻撃しないのかな?

ハクビシンはとことこ歩いてすぐに民家の死角に隠れてしまったので、映像の後半は1/5倍速のスローモーションでリプレイしてみます。





2013/08/16

タニウツギの葉裏に泥巣を作るヒメクモバチ♀



2013年6月中旬

里山でぼうぼうに生い茂った草をかき分けつつ廃道を下っていると、タニウツギ幼木の葉裏にヒメクモバチ(旧名ヒメベッコウ;Auplopus carbonarius)の泥巣を発見。
泥巣の上部だけ泥が濡れているのは作りかけの育房です。
乾くと泥巣は白っぽくなります。
泥巣の位置は地上95cmの高さ。
しばらく待つと案の定、母蜂♀が帰巣して育房を増築し始めました。

巣材の泥玉を咥えて帰ってくると、近くの葉上にいったん止まり泥玉を噛み解すことがありました。
泥玉を口元で捏ねながら口から水を吐き戻して滑らかな泥玉を作っているようです。
カメラのレンズや鏡筒に止まったこともあるので、初めは巣の横に立つ私を警戒していたのかもしれません。

作りかけの育房に頭から入り、壁面を作っています。
泥玉を少しずつ塗りつけると曲げた腹部の端を激しく動かして左官作業に精を出しています。
育房の内側から腹端で叩くので泥壺の内面は滑らかになりますが、外側はごつごつしたままです。

帰巣した♀はタニウツギの葉表に着陸してから葉裏に回り込んで泥巣に辿り着くことが多いです。
葉裏にある泥巣が表側からも少し透けて見えるので、これが目印になっているのでしょう。
それでも葉裏に直接着陸して帰巣することも稀にありました。

撮影時刻を映像に付記しておきましたが、間隔の開いた時間帯はハイスピード動画に撮っていました。
母蜂がさぼっていた訳ではありません。


つづく→「泥巣に出入りするヒメクモバチ♀の飛翔【ハイスピード動画】

※ ヒメクモバチの仲間は♀の外見だけから同定するのは難しいのですけど、この泥巣を採集して後に羽化した♂の特徴および泥巣の形状からナミヒメクモバチAuplopus carbonariusと判明しました。

種小名のcarbonariusは炭のように黒いという意味のようです。(参考:『完訳ファーブル昆虫記 第4巻上 第2章ヒメベッコウ:クモの狩人』p45より)





葉の表から泥巣が透けて見えます。

作りかけの育房は泥が半乾き。

桑の実を採食するハシボソガラス【野鳥】



2013年7月上旬

ログワの熟した果実を食べにハシボソガラスCorvus corone)もやって来ました。
口の中が赤いことから幼鳥と思われます。
全く鳴き声を発さずに一羽でこっそり次から次へと採食しています。
最後は隠し撮りに気づいたようで、熟した黒い実を咥えたまま飛んで逃げました。









別の日には同じ桑の木でハシボソガラスが2羽同時に採食するシーンが撮れました。
カラスの変な鳴き声が聞こえます。
先客はまたもや口の中が赤い幼鳥です。
「良い餌場があるぞ!」と親兄弟を呼び寄せたのでしょうか。

このときはカメラのSDXCメモリーカードを使い切った状態で、最後の手段としてカメラの内部メモリーに記録しました。
HD映像よりも画素数が小さい映像になっています。
多少画質が悪くとも、撮り損ねるよりはましですね。


2013/08/15

ジギタリスに訪花するトラマルハナバチ♀



2013年6月下旬

道端に咲いたジギタリス(別名キツネノテブクロ)にトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠は空っぽのようです。

蜂が花の中に潜り込んでいるときにそれと知らず「狐の手袋だぞー!」と指サックのように無防備に指を花に突っ込んだら刺されるかもしれません。



夏毛のニホンノウサギと遭遇



2013年7月上旬

里山の林道を静かに下っていたら、左手の斜面の茂みでガサガサ物音がしました。
カモシカかと思いカメラを構えると、夏毛(褐色)のノウサギLepus brachyurus)が急斜面を駆け下りて林道に現れました。
そのまま脱兎の如く走り去り、遠くで立ち止まると横を向いて静止。
しばらくするとピョンピョン跳ねて林道脇の茂みに姿を消しました。(標高〜500m地点)
警戒心の強いノウサギを撮れたのは夏毛、冬毛を問わずこれが初です♪





2013/08/14

ヒメシジミ♂同士の誤認求愛?【ハイスピード動画】



2013年6月中旬

道端に咲いたハナニガナの群落でヒメシジミ♂(Plebejus argus)が訪花していました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮っていたら♂同士の興味深い行動が撮れました。

関連記事→「飛べ!ヒメシジミ♂【ハイスピード動画&HD動画】
吸蜜中の♂aの周りを別の♂bが飛び回り始め、遂には同じ花に止まりました。
やがて2頭とも飛び立ち、1頭(初めの♂a?)はすぐ近くのハナニガナの花に止まり直しました。

これは飛来した♂bが吸蜜中の♂aを♀と誤認した求愛飛翔なのでしょうか?
チョウは視覚で仲間を認識します。
ヒメシジミの翅の紋様・色は性的二型で、我々ヒトが可視光の下で見ても雌雄の違いは一目瞭然です。
♀の探索に熱心な♂がそう簡単に誤認するでしょうか? (恋は盲目? 同性愛?)
縄張り争いにしては追い払う行動が淡白過ぎる気がします。
道端に花は幾らでも並んでいるので、蜜源を独り占めしようとしても無意味でしょう。

同様のシーンがもう一度撮れました。
花蜜を吸っている♂にもう一頭の♂が飛来し、アタックされた方はすぐに飛び去りました。



ムクドリが桑の実を採食し脱糞【野鳥】



2013年6月下旬

ログワの木でムクドリSturnus cineraceus)が果実を採食していました。
黒く熟した実を選んでついばむので、嘴が果汁で黒く汚れています。

後半、スズメが同じログワの木で採食してもムクドリは無関心でした。
もしこれが縄張り意識の強いヒヨドリなら、けたたましく鳴いて他の鳥を追い払っていた気がします。
ムクドリが餌資源を独り占めしようとする占有行動は特に見られず、鳴き声を発することもありませんでした。
桑の実が豊富にあるので喧嘩にならないのでしょうか。
数日間このログワの木を注意して見張っていたのですけど、甘い果実に目がないはずのヒヨドリの姿は見られず、少し意外でした。

食事の合間にムクドリの排泄シーンも2回写っています。
飛んで行った先で排泄すれば種子散布が成立し、新天地に分布を広げたいログワと共生することができます。




2013/08/13

イワガラミに訪花するトラマルハナバチ♀



2013年6月下旬

山道の横でスギの幹に巻き付いた蔓植物イワガラミトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
伸ばした口吻で吸蜜しています。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けている個体と空荷の個体がいます。




スズメの群れが桑の実を採食【野鳥】



2013年6月下旬

スズメPasser montanus)がの実を採食しに来ていました。
黒く熟した甘い果実を選んで啄むため、嘴が黒い果汁で汚れています。
少なくとも2羽のスズメがチュンチュン♪鳴き交わしながら仲良く採食していました。
果実を食べるスズメを見るのは初めてで、少し驚きました。



赤と黒の果実がどう見てもクワの実ですが、私が見慣れたヤマグワとは明らかに葉の形状が異なり果実も巨大です。
調べてみると、どうやらログワという中国の品種のようです。

やがてムクドリもやって来ました。
つづく




2013/08/12

マダラアシゾウムシを見つけた!



2013年6月下旬

山中でオニグルミの葉に乗ったゾウムシがなにやら足踏みしています。
梅雨空から小雨が降り始めたのでじっくり観察する余裕がありませんでした。
触れたら擬死落下するかと思いきや、逃げようとしません。
そのまま生け捕りにして、手の上を歩かせてみました。

オオゾウムシにしては違和感があったため、念の為に持ち帰りました。
帰宅後に調べてみると、どうやらマダラアシゾウムシEctatorhinus adamsii)という種類のようです。

こちらのサイトによれば、本種の

成虫はクヌギやナラの樹液に集まります。またクヌギ,コナラ,アラカシ,ヌルデなどの新芽を食べます。
という訳で、クルミの葉に居た理由は不明です。
たまたま休んでいただけですかね?

つづく



ハコネウツギに訪花するトラマルハナバチ♀



2013年6月下旬

民家の生垣に咲いたハコネウツギトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。

後脚の花粉籠は空っぽです。
盗蜜することなく、正当訪花で吸蜜しています。
ハコネウツギは白い花として咲き始め次第に赤へと変わるらしいのですが、蜂は紅白の花を別け隔てなく訪花しているようです。
次の花へ移動する際に空中で長い舌を伸ばしていることがあります。

複数個体(少なくとも2匹以上)を見かけました。





2013/08/11

ホソヒラタアブ♂♀ホバリングしながらの交尾と脱糞【ハイスピード動画】



2013年6月中旬

道端でホバリングしながら交尾する翔んだカップルを発見。
ホソヒラタアブの仲間でしょうか。
その見事なホバリング飛行を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
1/8倍速のスローモーションでは高速の羽ばたきは捉えられませんが、まるで見えない糸に吊るされたように空中で静止しています。
飛翔は♂に完全に任せていることが分かります。
なんと♀を抱えて飛びながら白い水滴のような糞を排泄しました!(@16:58)
おそらく♂が脱糞したと思います。
交尾器が結合していても排泄可能なのでしょうか?
実はもう交尾器は結合しておらず、ただの交尾後ガード行動なのかもしれません。






モズ♂の鳴き真似♪と虫捕食、ペリット嘔吐【野鳥】



2013年6月下旬

平地の住宅地でモズ♂(Lanius bucephalus)が電線に止まって頻りに鳴いていました。
かなり複雑な囀り(さえずり)で、何か他の種類の鳥の鳴き真似をしているようです。
モデルとなった鳴き声は何の鳥ですかね?
「百舌鳥」の名前の由来となった得意の鳴き真似を実際に聞いたのはこれが初で、感動しました。

やがて脱糞。(@0:50)
急に飛び上がって横の電線に移ったと思いきや、飛んでいる虫を空中で捕食したようです。(@1:15)
遠くて獲物の正体は不明ですけど、なんとなくトンボかな?(※追記2参照)

給餌のため帰巣しないということは、雛が巣立った後なのか、あるいは繁殖出来なかった(つがいになれなかった)♂個体なのでしょうか?
虫を咥えたモズ♂は鳴き止んだようです。
尾羽根を上下しながら電線に止まっているだけです。

獲物を左脚に持ち直すと、ペリットを吐き出しました。(@2:20)

モズは猛禽類と同じように、食物を丸呑みにして消化されない骨片などをペリットとして吐き出す。(『日本動物大百科4鳥類Ⅱ』p85より)
すっきりしたモズ♂は再び獲物を咥え、今度は自ら食べました。
有名な「はやにえ」にすることもありませんでした。
食後は嘴を電線に擦り付けます。

短時間でかなり濃密な観察ができて大満足♪

後で思うと、路上に落ちたペリットを探してみればよかったですね。

鳴き真似を声紋解析してみたいのですが、あいにく風切り音がやや耳障りです。
背景でスズメが鳴いています。

いつもお世話になっている野鳥の掲示板にて問い合わせたところ、とびしまんちゅさんより次の回答を頂きました。

難しいですね。動画開始30秒のところでは、ツバメの警戒音のようですが、それ以前はセグロセキレイっぽいのがありますね。その後、「ケッ」と一声アオゲラ的に…。
【追記】
『アユの話』p48によると、

モズのなわばりの直径は電柱の間隔に近いといわれている。


【追記2】
『モズの話:よみもの動物記』p114によると、
止り木から空中に飛び立ってえものを捕える、ヒタキ類でよくみられるフライキャッチをモズもよく用いる。主に蛾やトンボ類、ガガンボ類を多くおそうが、ヒタキ類と異なり、捕えた後必ずしも同じ枝に戻ってくるとは限らない。(中略)敏速な飛翔で小昆虫を捕えて生活しているトンボ類でさえ、モズの襲撃をかわすことができない。(中略)空中での柔軟なモズの飛翔法の秘密は、おそらく長い尾にあるにちがいない。一般に、鳥の翼は速度に、尾は方向転換に関係しているといわれている。





ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts