2013/08/10

キアゲハ前蛹bが蛹になるまで【微速度撮影】



2013年6月下旬

キアゲハの飼育記録8

キアゲハPapilio machaon終齢幼虫bが前蛹になってから翌日、最後の脱皮を行い、ようやく蛹となりました。
クチクラの色の変化など蛹化の前兆は忙しくて気づかず、監視カメラに記録を任せました。

止まり木として割箸を与えています。
帯糸を掛けた部分の割箸2本分(一膳)の幅は丁度10mm。
実際は一膳の割箸の右側1本分だけの幅で帯糸を掛けていました。

前半は10秒間隔のインターバル撮影で3.5時間(16:22〜19:52)前蛹を監視した計1,264枚の連続写真を素材に早回し映像を制作しました。
この間の室温は28℃→26℃。

後半は60秒間隔のインターバル撮影で約14時間(19:53〜09:47)帯蛹の色の変化を監視した計835枚の連続写真を素材に早回し映像を制作しました。
当然、早回しの速度は前半と違います。
蛹になってもときどき自発的に蠕動していることが分かります。
USB-LEDリングライトで一晩中照らしながら撮影したのですが、残念ながら白飛び気味で肝心の蛹の色が分かり難くなってしまいました。
もっと距離を離して照らすか、ディフューザーで光を和らげるべきでした。

その後この蛹bに触れても反応しなくなり心配していたら、寄生蜂が羽化してきました。


つづく→「キアゲハに寄生したアゲハヒメバチの羽化



【追記】

モンシロチョウでは幼虫の段階で寄生蜂の幼虫が出てきますが、アゲハの寄生蜂では蛹の内部で卵が孵化し蛹化、羽化をしているようです。
アゲハチョウで寄生されていない幼虫※は尾部に弾力性がありますが、硬くなっているものは寄生されている可能性があります。(本田計一, 村上忠幸『ワンダフル・バタフライ―不思議にみちたその世界』p49より引用)
※本全体を通読した上で、文脈からここは幼虫ではなく蛹だと思うのですが、どうでしょう?
同書の後半にもアゲハチョウの蛹の生死の見分け方として同様の記述がありました。
蛹が生きていることを調べたいときは、尾部のじゃばら状の部分を指で曲げてみてください。くねくねと柔軟性があれば生きています。蛹で死んでしまった場合、硬くなっています。また、小枝に蛹がついている場合は、枝ごと振ってみてください。生きている蛹は、ぶらぶらしません。筋肉が働き振る動きに抵抗するような動きをします。


前蛹

帯蛹

帯糸


抜け殻(蛹化の脱皮殻)




ムラサキシキブの花で振動集粉するクロマルハナバチ♀



2013年6月下旬

庭木のムラサキシキブクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠にオレンジ色の花粉団子を付けています。
ピンクの花の上を歩き回りながら甲高い音を立てていますが、このとき羽ばたいていないので羽音ではありません。
また、飛び回るときの羽音よりも力強く高音です。
これは振動
集粉と言ってマルハナバチの採餌行動です。

※『マルハナバチ・ハンドブック:野山の花とのパートナーシップを知るために』p40によると、

葯には振動に応じて少しずつ花粉をこぼす穴があります。マルハナバチは、葯を顎と脚で押さえ込んでぶら下がると、胸の筋肉を小刻みに振るわせて葯を揺すって花粉を落とし、体毛で受け止めるというやり方で花粉を集めます。そのような花粉集めの行動を「振動集粉行動」と呼びます。

関連記事→「クロマルハナバチの振動受粉@タケニグサ



クロマルハナバチの振動集粉を声紋解析してみる

オリジナルのMTS動画ファイルから音声をWAVファイルに抽出し、振動集粉の部分を切り出してスペクトログラムを描いてみました。



【追記】
秋になり、同じ潅木に紫色の実がなりました。



2013/08/09

オオハナウドの実で交尾するアカスジカメムシ♂♀



2013年6月下旬

オオハナウドの群落の実の部分でアカスジカメムシ♀♂Graphosoma rubrolineatum)が交尾していました。
もう一匹近くを徘徊しているのはあぶれ♂でしょうか?

交尾中にオオハナウドの実を吸汁しているかどうか口器を接写したかったのですが、用水路脇の急斜面で近づけませんでした。




ヤエウツギに訪花するクロマルハナバチ♀の飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年6月下旬

クロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が満開に咲いたヤエウツギに訪花していました。
花から花へと忙しなく飛び回る様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
後脚の花粉籠は空っぽです。



同一個体を通常のHD動画でも撮ってみました。





2013/08/08

キアゲハ終齢幼虫bが前蛹になるまで【微速度撮影】



2013年6月下旬・室温26℃

キアゲハの飼育記録7

キアゲハPapilio machaon)終齢幼虫bは食欲が無くなり、水様便を排泄し、徘徊行動が活発になりました。
これらは全て蛹化の兆候です。
割箸を差し出してやると気に入ってくれたようで、体を固定する絹糸を吐き始めました。

10秒間隔のインターバル撮影で4.5時間以上(16:14〜20:56)撮り続けた計1,696枚の連続写真を素材に早回し映像を制作しました。
照明がチラチラと不安定でお見苦しいのは古い蛍光灯のせいです。
LEDリングライトで照らすべきでした。

幼虫は一度休息してから改めて腹端を固定する台座の糸を張り直しています。
頭を下向きにして足場糸を張っている途中で最後の脱糞を行いました。(@1:27)
下痢便を排泄した後でも更に固形の糞を出すこともあるのですね。
台座の次は帯糸の輪を張り、その中に上半身を潜りこませて固定します。
前蛹となっても激しく蠕動しています。

これからいよいよ最後の脱皮を行い、帯蛹となります。

つづく→「キアゲハ前蛹bが蛹になるまで【微速度撮影】






コサナエ♀♂の交尾



2013年6月中旬

山地の農道で、トンボが地上の草むらで暴れていました。
よく見ると、♂が♀を捕まえて交尾を始めたところでした。
やがて尾繋がりのまま近くの木の上に飛んで移動しました。
木の葉に掴まると、交尾姿勢になりました。
再び飛んで更に上の木の枝へ移動。

見慣れないトンボですが、複眼が左右に離れているのでヤンマ科は除外されます。
図鑑で絵合わせしてみると、サナエトンボ科コサナエTrigomphus melampus)の♀♂ペアだと思うのですがどうでしょうか。
(胸部前面の黄色紋が微妙に違う?)

こちらの解説サイトによると、

基本的に、東北日本にはコサナエが、関西低地ではタベサナエ、オグマサナエ、フタスジサナエの3種が分布する
上が♀です。

上が♂です。


2013/08/07

キアゲハ終齢幼虫の徘徊と前蛹の威嚇蠕動




2013年6月下旬・室温25℃

キアゲハの飼育記録6

3匹飼育しているキアゲハPapilio machaon)終齢幼虫のうち、個体aは食草オオハナウドの葉裏に帯糸を掛けて前蛹となりました。

(個体aの蛹化については後日、映像を公開予定。都合により、時系列順ではなく個体bの動向を先に紹介します。)
終齢幼虫bが蛹化する場所を探して徘徊する道中で、一足先に前蛹となった個体aに触れてしまいました。
しがみ付かれた前蛹aは激しく暴れて(左右に体を振って)振り落とそうとします。
幼虫bはロデオを乗りこなすように必死にしがみ付き、ようやく隣の葉に移動しました。

前蛹になると、もはや威嚇用の臭角は伸ばさないようです。(退化?)
2匹分の体重がかかったら帯蛹の絹糸が切れてしまうのではないかと心配したのですが、さすがの強度でした。
幼虫bが蛹化場所を決めて落ち着くまで、同じような兄弟喧嘩のシーンが何度も繰り返されました。

ちなみに、もう一匹の幼虫cはいつの間にか脱走して行方不明になりました。

つづく→「キアゲハ終齢幼虫bが前蛹になるまで【微速度撮影】


蜂に似たオオコシボソハナアブ♂の飛び立ち【ハイスピード動画】



2013年6月上旬

雑木林の薄暗い林床で蜂にそっくりの虻が葉に止まっていました。
調べてみると、ニトベナガハナアブ♂(Temnostoma nitobei)のようです。
ススバネナガハナアブ♂(Temnostoma fumosum)の可能性は?

ドロバチへのベーツ擬態が実に見事です。

いつもお世話になっている「一寸のハエにも五分の大和魂」掲示板にて問い合わせたところ、茨城@市毛さんより「Doros profuges オオコシボソハナアブの♂です」とご教示頂きました。
本州で♂は特に珍品なのだそうです。

物を投げつけて飛び立つ瞬間を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
更に1/5倍速のスローモーションでリプレイしても高速羽ばたきは捉えられてませんね。
撮れたのは1回だけで(虻蜂撮らず)、姿を見失いました。



2013/08/06

下痢便を排泄する蛹化間近のキアゲハ終齢幼虫



2013年6月下旬

キアゲハの飼育記録5

3匹いる飼育個体のうち、キアゲハPapilio machaon)終齢幼虫bが静止した状態で突然、泡立った水様便をボタボタと大量に排泄しました。
蛹化に備えて余分な水分を排出するお決まりの行動です(蛹化の前兆)。
食草由来の水分がこれほどの量で体内に蓄えられていたとは驚きです。
下に敷いておいた古新聞に下痢便が垂れています。
それまでに排便した通常の(固形の)糞も3個残っています。

つづく→「キアゲハ終齢幼虫の徘徊と前蛹の威嚇蠕動


(ちなみに、この個体bは寄生蜂に体内寄生されてたことが後に判明します。)





虫を雛に給餌する♪コムクドリ♀(野鳥)



2013年6月下旬

嘴に虫を咥えたコムクドリ♀(Sturnus philippensis)が電線に止まっていました。
写真を見直すと、獲物は脚が長くキリギリスの仲間かもしれません。
すぐに電線から飛び立つと、民家の軒下の壁に開いた穴に潜り込みました。
ここで営巣しているようです。
映像の冒頭は1/8倍速のスローモーション。
穴の中から雛鳥が餌を催促する賑やかな鳴き声が聞こえてきます。

給餌を終えた親鳥♀が巣穴から出てくる瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に切り替えてみました。
(これは我ながらファインプレー!)
同じ1/8倍速のスローモーションでも映像の滑らかさが格段に違います。
近くの電線に戻った♀は、やれやれとばかりに羽繕いしています。
引きの絵にすると、つがいの♂(頬が茶色)も横の電線に止まっていました。





巣内の雛が給餌を催促する鳴き声を試しに声紋解析してみたのですが、残念ながら車が走り去った直後でノイズが多く、使い物になりませんでした。




【追記】
日本野鳥の会『ムクドリのなかまたち(みる野鳥記)』p43によると、
このころ(巣ができると)、コムクドリは、ほかの時期とはちがった方法で食物をとっていることがあります。コムクドリは、ふだんは木の上のほうで、忙しそうに枝から枝へ移って昆虫などの食物をとっているのですが、卵を産む時期には、巣穴の近くの電線などにとまって、飛んでいる昆虫を、飛び上がってつかまえるすがたが見られます。卵を産む時期には、遠くまで行く時間がないため、こんな食物のとりかたをするのでしょう。


2013/08/05

オオハナウドの葉を食すキアゲハ終齢幼虫



2013年6月下旬

キアゲハの飼育記録4

キアゲハPapilio machaon)終齢幼虫にセリ科の食草オオハナウドを与えてやると、もの凄い勢いで葉を蚕食します。
あっぱれな食欲に見ていて惚れ惚れします。
なぜか野外ではこのような摂食シーンを撮れなかったのが一つ心残りです。

充分に育つと、次は蛹に変身する準備が始まります。
つづく→「下痢便を排泄する蛹化間近のキアゲハ終齢幼虫



ヤエウツギに訪花するクマバチの飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年6月下旬

満開に咲いたヤエウツギ(=サラサウツギ)の花にキムネクマバチXylocopa appendiculata circumvolans)♀が来ていました。
後脚の花粉籠は空なので吸蜜に専念しているようです。
花から花へと飛び回る様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
なんとも重そうに飛んでいます。



通常のHD動画でも撮ってみました。
横の道を走る車の騒音のせいで、クマバチの重低音の羽音がよく聞き取れません。
少なくとも2匹以上が訪花していました。



2013/08/04

キアゲハ終齢幼虫の脱糞



2013年6月下旬

キアゲハ(Papilio machaon)の飼育記録3

育ち盛りの芋虫の生活はひたすら「食べては出す」の繰り返しです。
初めは撮り損ねますけど、脱糞するとポトリと音がするので気づいたら時刻を記録します。
やがて、約30分間隔で規則正しく排便すると分かってきます。
時間が来たら腹端を狙っていれば脱糞シーンを撮ることができます。
快食快便の複数個体を接写。

つづく→「オオハナウドの葉を食すキアゲハ終齢幼虫



飛べ!セイヨウミツバチ♀【ハイスピード動画】



2013年6月中旬

つづら折れになった峠道の脇に生えた木苺の群落でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
今にも雨が降り出しそうな梅雨空の下で花から花へと忙しなく飛び回る様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
後脚の花粉籠は空っぽなので、吸蜜に専念しているようです。

キイチゴ類には疎いのですが、この花はナワシロイチゴですかね。





ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts