2013/08/03

ヤエウツギに訪花するエントツドロバチ♀



2013年6月下旬

道端の木で満開に咲いた白い花にエントツドロバチ♀(別名オオカバフスジドロバチ、Orancistrocerus drewseni)が飛来し、蜜を吸っていました。

映像の後半(1:15〜)に登場する個体はもしかすると違う種類のドロバチかもしれません。
逆光気味でよく見えませんが、胸背にエントツドロバチには無いはずの黄紋がうっすらあるような…?



純白の花弁がフサフサで見慣れない花でしたが、調べてみると樹種はヤエウツギ(=サラサウツギ)でしょうか。
様々な虫が訪花していました。
つづく



ナワシロイチゴの花に群がるヒメシジミ♀♂



2013年6月中旬

道端に生えた木苺の群落でヒメシジミPlebejus argus micrargus)が花に群がり、蜜を吸っています。
この時期は平地でも山地でも道端のあちこちで見られる光景です。
撮影中も花に続々と飛来します。
数は♂の方が♀よりも多い印象です。
しかし一体なぜ交尾しないのか不思議です。

キイチゴ類には疎いのですが、この花はナワシロイチゴでしょうか。





2013/08/02

イタチハギに訪花するスミゾメハキリバチ♀



2013年6月中旬

山道の脇に生えたイタチハギ(別名クロバナエンジュ)の花に真っ黒で見慣れないハキリバチの仲間が来ていました。
口吻を花に差し込み、吸蜜して回ります。
腹部下面にスコパ(集粉毛、花粉刷毛)があるのは♀です。

スコパにオレンジ色の花粉が付着しています。
小刻みに体を左右に振りながら花の上を歩き回っているのは直接スコパに花粉を付けて集めようとする行動なのでしょうか?
マルハナバチ類がよくやる振動
集粉のような甲高い羽音は聞き取れませんでした。
イタチハギの花の構造(葯が露出している)では不要なのか、あるいはハキリバチ類は振動集粉を行わないのでしょうか?






途中で蜂を見失ったので、映像の前後半で別個体である可能性があります。
撮影後に一匹採集しました。

忙しくて一ヶ月以上も放置していたら標本が汚れてしまいました。
(綿埃? クモの巣? カビ?)
お湯で洗うときれいになるらしいのですが、クリーニングしていません…。

この蜂はスミゾメハキリバチ♀(別名ムナカタハキリバチ、Megachile sumizome)ですかね? 
それともスコパが明るい褐色なのでヤマトハキリバチ♀かな?

【追記】
いつもお世話になっている「蜂が好きBBS」にて問い合わせたところ、青蜂@管理人さんよりスミゾメハキリバチ♀で大丈夫とご教示頂きました。










臭角を伸ばすキアゲハ終齢幼虫



2013年6月下旬

キアゲハの飼育記録2

『日本の昆虫1:ギフチョウ』p32より

アゲハチョウ科の幼虫の特徴として、嫌な臭いを出す臭角(肉角)をもつことがあげられる。頭部と前胸部の間から二叉突起を出し、嫌な臭いを発散させる。
キアゲハPapilio machaon)終齢幼虫をつつくと橙色の臭角を伸ばし、独特の強い芳香を放ちます。
食草であるセリ科植物由来の成分と思われますが、個人的には悪臭というよりも若干良い匂いのような気もします。
撮影中は綿棒でつついて刺激しましたが、指で体を摘み上げる方が効果的でした。
臭角が引っ込んで節間に収納される様子が面白く、しつこくつついてしまいました。

同じオオハナウド群落から採集してきたキアゲハ終齢幼虫3匹のうち、接触刺激に対して臭角を伸ばしたのは1匹だけでした。
他の2匹はどういう訳か反応しません。

  • 単なる個体差?
  • 前蛹になる前兆?(食欲は旺盛なので眠ではありません。)
  • 寄生されている? (確かに後日、1匹の蛹から寄生蜂が羽化してきました。ただし、寄主が幼虫期に臭角を伸ばせなかった個体かどうか追跡確認つまり個体識別していません。)

つづく→「キアゲハ終齢幼虫の脱糞



【追記】
学研の写真図鑑『チョウ:くらしとかいかた』p27によると、
(アゲハチョウ類の)幼虫の出すくさい角は、人には通じてもアシナガバチなどにはききめがない。角にかまわず食べてしまう。

【追記2】
『チョウのはなしII』p69(第11章:幼虫の保身術)によると、
キアゲハではイソ酪酸と2-メチル酪酸が臭気成分となっています。




【追記3】
藤丸篤夫『アゲハチョウ観察事典』を読むと、臭角の自衛効果について、少なくともナミアゲハ幼虫の場合は懐疑的に書かれていました。
コカマキリに捕食された終齢幼虫およびコアシナガバチに捕食された4齢幼虫の写真も掲載されていました。

 臭角は、敵から身を守るためのもので、とくにアシナガバチにたいしてきくといわれています。(中略)臭角があれば、かならずアシナガバチから身を守れるとはいえないようです。(p16より引用)



2013/08/01

草むらのヒゲナガハバチ♀



2013年6月中旬

谷川の土手の草むらを忙しなく動き回っている蜂が気になりました。
もしや未だ見ぬ(憧れの)有名なベッコウクモバチが何か獲物を探索しているのかな?と思い撮ってみました。
クズの葉に乗ると、後脚を擦り合わせて身繕い。
採集しようと思った時には茂みの奥で姿を見失ってしまいました。
しかし、帰ってから調べてみるとベッコウクモバチとは違いますね。

黄土色と黒色のハチで非常に特徴的です。

  • 頭頂部の単眼周辺が黒い。
  • 複眼も黒い。
  • 触角の先端が黄色。中央部は黒、根元は褐色。
  • 脚は褐色。根元は黒色。
  • 翅は薄い褐色?
  • 腹背の正中線に黒線
  • 腹部下面は褐色

もしかしてハバチの仲間か?と閃いて、「黄土色のハバチ」でネット検索してみたらヒゲナガハバチLagidina platycerus)と似ています。
こちらのサイトによれば、♀はスミレの葉に産卵するらしい。
ハバチ類は毒針を持たないので決して刺しませんが、スズメバチやセグロアシナガバチを意識したような配色(黄色と黒の警告色)はベーツ擬態でしょうか。
あるいはクモを狩るベッコウクモバチと似せることで、天敵のクモに捕食されにくくなるのでしょうか?
ハバチと分かれば狩蜂ではないので、獲物の探索行動でもなかったことになります。
(ハバチの成虫は他の虫を食すことがあるのを忘れていました。)

♀らしいので(下記参照)、産卵するホスト(スミレ類)を探していたのかもしれません。

【追記】
いつもお世話になっている「蜂が好きBBS」にて問い合わせたところ、青蜂@管理人さんより以下のコメントを頂きました。

写真のハチは色彩等から、ご推察通りヒゲナガハバチだと思われます。 腹端の形状をみるとどうやらメスのようです。






蜂に似たキベリヘリカメムシの飛翔【HD動画&ハイスピード動画】



2013年6月中旬

里山の草むらでキベリヘリカメムシMegalotomus costalis)成虫と初めて出会いました。
図鑑『札幌の昆虫』p78によると、「本種の成虫は飛ぶとハチに、(無翅の)幼虫は形や行動がアリに似ている。」
かねてからその飛翔シーンを見てみたいと思っていたので、夕暮れが迫る草地でしつこく追い回して飛んでくれるのを待ちます。

アカツメグサの花に乗った際に口吻を伸ばしかけましたが、突き刺してはいない(吸蜜・吸汁には至らず)と思います。
ホストはマメ科植物らしい。



飛び立つ瞬間を240-fpsのハイスピード動画でもなんとか撮ってみました。
後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。
体も細長いし、飛ぶ姿は確かに蜂っぽいかも。
蜂の威を借る亀?




2013/07/31

ウラジロイチゴに訪花するトラマルハナバチ♀



2013年6月中旬

山道の横でトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が飛び回り木苺に訪花していました。
後脚の花粉籠は空っぽなので、吸蜜に専念しているようです。





キイチゴ類には疎いのですが、この花はウラジロイチゴ(別名エビガライチゴ)でしょうか。





ツルマンネングサに訪花するモンシロチョウの飛翔【ハイスピード動画&HD動画】



2013年6月中旬

田んぼの農道の脇に咲いたオノマンネングサの群落でモンシロチョウPieris rapae)が訪花していました。
翅は閉じた(立てた)まま花蜜を吸っています。
吸蜜してから少し飛んで近くの花に着陸を何度も繰り返しています。
花から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
蝶を見下ろすアングルではなく真横から取った方が飛び上がる浮遊感がうまく表現されますね。



同一個体を通常のHD動画でも撮ってみました。




この黄色い花は以前から気になっていたのですけど、てっきり園芸種なのかと思い込んでいました。
今回調べてみたら帰化植物のツルマンネングサですかね?
似たオノマンネングサと迷いましたが、葉が幅広いです。




2013/07/30

泥巣から羽化脱出するスズバチ【微速度撮影】



2013年6月中旬

スズバチの飼育記録

育房内で変態した蛹の体が黒くなり自発的に蠕動するようになったので、いよいよ羽化が間近に迫ったと判断しました。
泥巣を平らな透明ガラス板に伏せて置き、元の状態をなるべく再現してみました。
ガラス板越しに育房内の様子が観察できるかと思ったのですが、蜂の子が動くとガラス板が土で汚れて見えなくなってしまいました。

スズバチOreumenes decoratus)成虫が羽化脱出する瞬間を昨年は動画に撮れたのですが、今年は10秒間隔のインターバル撮影で泥巣の監視を続けました。
運良く羽化が写っていた前後109枚の写真を選び(8:16〜8:34 am)、30倍速の早回し映像を制作しました。
10秒間隔では長過ぎたようで、残念ながら蜂の姿は3コマしか写っていませんでした。

いざ脱出が始まるとあっという間です。

脱獄の直前に泥巣がゴトゴト動いています。
泥壁を中から唾液で濡らして軟化しながら掘っているようには見えません。
単に大顎で齧っているようです。
羽化した蜂はすぐに歩いて移動しました。
脱獄時刻は8:33 am。

歩道の縁石から泥巣を丸ごと採集した際に、泥巣の縁が少し欠けてしまいました。
連日、同様の方法で監視を続けたのですが、ガラス板に接した泥巣の縁の隙間からほとんどのスズバチ成虫は脱出してしまいました。
厚い泥壁を大顎で掘り進んで脱出口を開けたのは一匹だけで、しかもその羽化シーンは撮り損ねました。
この泥巣は寄生被害を全く受けておらず、確認できただけで計5匹のスズバチ成虫が羽化しました。

今思うと、昨年スズバチが泥巣から羽化する瞬間を動画に撮れたのはビギナーズラックだと痛感しました。


一番下に敷いた黒い台に描かれた正三角形の繰り返し模様の一辺は17mm。


脱獄の瞬間。前に羽化した蜂の脱出孔も見える。

今後に向けて撮影の改善策を考えました。

  • 泥巣の下に小型マイクを仕込んでおいて、羽化する蜂が中から泥壁を齧る音を検知して監視カメラが撮影を始めるように工夫すれば撮影の無駄が省けるかもしれません。
  • 脱出の前兆を検知できたらインターバル撮影ではなく動画で記録すべきです。今回よりも短い5秒間隔のインターバル撮影ではカメラの耐久性能が心配です。
  • 採集した泥巣の縁に隙間があれば、やはり予め埋めておく必要があります。乾けば硬く固まり蜂の子に対して毒性が無さそうな材料として、紙粘土はどうかな?(100円ショップで入手可)
  • 羽化した蜂が室内に逃げ出す前に捕獲できれば性別などの情報が得られます。蚊帳の中で飼育・撮影する方法を考えました。
今回の反省を生かして、後日別な種類の蜂が泥巣から羽化する瞬間の撮影に成功しました!(今は未だ秘密〜♪)


獣糞で吸汁するヒメシジミ♂



2013年6月中旬

路上に残された獣糞に2頭のヒメシジミ♂(Plebejus argus micrargus)が集まり吸汁していました。
この細長い形状はホンドテンの糞でしょうか?
里山の麓で横を用水路が流れており、奥には谷地があります。

一般に汚物に集まる蝶は♂が多く、性成熟に必要なミネラル補給のためと言われています。
獣糞に夢中で、間近で接写しても逃げません。





2013/07/29

クロコガネの死骸を貪り食うコバネヒメギス?幼虫



2013年6月中旬

田んぼの農道で事件現場に遭遇しました。
初めは得体の知れない形状の黒い虫が動いておりギョッとしたのですけど、よくよく見るとクロコガネと思われる甲虫の死骸をヒメギスの一種※が食べているところでした。
このヒメギスは無翅なので未だ幼虫です。
死骸の右脇腹に大きな穴が開いており、ヒメギスはそこへ頭を突っ込んで夢中になって死肉を食しています。

そこへクロアリが通りがかり、ヒメギスの脚の爪先を噛んで逃げました。
噛まれたヒメギスは慌てて獲物の穴から後退りすると、ようやく頭を出しました。
戻って来たクロアリがクロコガネの脚を咥えて運ぼうとするものの、ヒメギスとの体重差は歴然としており綱引きでは勝負になりません
ヒメギスは獲物の穴に頭を突っ込んで食事を再開。

※ 図鑑『バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑』p108 で調べると、胸部背面にある独特の黒紋が素人目にはコバネヒメギスChizuella bonneti)の黒紋と似ている気がします。
しかしながら、そのような絵合わせが有効なのかどうか知りません。





映像の最後はヒメギスから獲物を取り上げて現場で検視。
クロコガネの内臓はきれいに食べ尽くされ干からびた状態です。





ノアザミに訪花吸蜜するウラギンヒョウモン



2013年6月中旬

ウラギンヒョウモンFabriciana adippe)がアザミの群落で花蜜を吸っていました。
モンキチョウも飛んでいます。

ギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモンの区別は紛らわしいのですが、図鑑『札幌の昆虫』p281を参考にしました。
次の特徴からウラギンヒョウモンと判明。

  • 後翅裏面 一番上の横列の銀色の紋が5個。
  • 銀紋3個が縦に一列に並ぶ。
  • 褐色紋の縦列がある。



アザミの方は、総苞に粘り気があったのでノアザミですかね?




2013/07/28

赤ダニに寄生されたハバチの幼虫【名前を教えて】



2013年6月中旬

道端の草むらで見つけたハバチの仲間の幼虫です。
薄い黄緑色でせっかくの保護色なのに、オレンジ色のダニが多数体表に取り付いており非常に目立ちました。
ダニは大きさにばらつきがあるようです。

ハバチ幼虫の頭部は薄い橙色で、目のような一対の黒点模様が左右にあります。
胸部・腹部の側面に疎らにある黒い点が種に特有の模様なのかと思ったのですが、左右対称でない黒点もあるので困りました。
個体差の変異なのか、あるいは体内寄生の副作用で生じたシミ(ホクロ)なのでしょうか?(※追記参照)

様々な草の葉を次々に移動して行きますが、摂食行動を始めないので食草の情報はありません。
未採集、未採寸。


【追記】
『昆虫を操るバクテリア (シリーズ共生の生態学)』p36によると、
大形の異物が昆虫の血体腔に侵入した場合には、大がかりな細胞性免疫反応の引き金がひかれ、その結果、異物は多くの血球がより集まって形成する、密な「カプセル」のなかに閉じ込められる。この反応は「包囲化作用(エンカプシュレーション)」と呼ばれている。包囲化作用はメラニン色素の沈着を伴うことも多く、産み付けられた寄生蜂の卵は、多くの場合包囲化作用をうけて窒息死してしまうものと思われる。







ヤマツツジの花で吸蜜ホバリングするクロスキバホウジャク(蛾)【ハイスピード動画】



2013年6月上旬

里山の尾根道でヤマツツジ?の赤い花にクロスキバホウジャクHemaris affinis)と思われる蛾が蜜を吸いに来ていました。
ホバリング飛翔の名手が吸蜜する様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
花に脚を掛けて着陸している間も羽ばたき続けています。

ホウジャクの高速羽ばたきをしっかり捉えるにはもっと高いフレームレートで記録できるカメラが必要ですね。


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts