2013/07/20

ヘリグロベニカミキリの擬死落下と飛翔



2013年6月中旬

リョウブ幼木の葉に見慣れない赤いカミキリムシが乗っていました。
帰ってから図鑑で調べてみるとヘリグロベニカミキリPurpuricenus (Sternoplistes) spectabilis)と判明。
葉に虫食い穴があるものの、このヘリグロベニカミキリが食べたかどうか不明です。
リョウブは本種のホストではないそうです。
採寸替わりに人差し指を並べて写し込もうとしたら、うっかり触角に触れてしまいました。
ヘリグロベニカミキリは慌てたように擬死落下!
手に乗せようとしたものの失敗。
地面の落ち葉からあっという間に飛び立ちました。
慌てて追いかけるも、林縁に飛んで行って見失いました。
ハイスピード動画モードに切り替える余裕もありませんでした。
それでも飛翔シーンを1/8倍速のスローモーションに加工してリプレイしてみました。




飛べ!ヒメシジミ♂【ハイスピード動画&HD動画】



2013年6月中旬

道端に咲いたハナニガナの群落でヒメシジミPlebejus argus)が花蜜を吸っていました。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
花に止まっているときは翅を閉じて(立てて)いますが、飛んだ時に翅表が青いので♂と判明。
飛び上がってからなぜか何度も同じ花に舞い戻ってくることがありました。



同一個体の訪花吸蜜シーンを通常のHD動画でも撮ってみました。


2013/07/19

エゴノキで訪花吸蜜するコマルハナバチ♂



2013年6月中旬

満開に咲いたエゴノキにレモン色のマルハナバチが訪花していました。
後脚に花粉団子が見えないので、♀ではない気がします。
(後脚の花粉籠は♂にはありません。)
コマルハナバチBombus ardens ardens)の♂だと思うのですが、どうでしょうか?

『マルハナバチハンドブック』p22によると、コマルハナバチは

マルハナバチ類のなかで最も早く現れ、6月頃には♂と新女王を出してコロニーが崩壊してしまう。 ♂は全身が明るいレモンイエロー。 よく訪れる花のリストにエゴノキが含まれていました。


スイバの実を採食するカワラヒワ(野鳥)



2013年6月中旬

田んぼの畦道で二羽のカワラヒワCarduelis sinica)がスイバの群落で食事中でした。
2羽はつがいなのでしょうか。
茎の上の花序に止まって痩果そうかをひたすら啄んでいます。
途中で一羽が隣の株へ飛び移り、採食を続けます。

スイバの実ではなく花を採食していた可能性もありますが、この倍率のレンズではそこまで細かい区別はできません。
カワラヒワは種子食の鳥と言われていますので、実を食べていたということにしておきます。

上空ではヒバリ♂が賑やかにさえずっています。






2013/07/18

ヒメギフチョウの蛹化【微速度撮影】



2013年6月中旬

ヒメギフチョウの飼育記録9

ここ数日、ヒメギフチョウLuehdorfia puziloi inexpecta)幼虫の食欲が全く無くて心配していたら、いつの間にか前蛹となっていました。
帯蛹に分類されるようで、腹端を絹糸で固定してから胸部の周りに糸の輪をかけて支えています。
更に、一匹は既に蛹化を済ませていました。
てっきり4齢かと思っていたら、実は既に終齢(5齢)幼虫だったようです。
図鑑に掲載された終齢幼虫の体長よりも小さかったのですが、栄養不良気味だったのかもしれません。
食草調達の苦労から解放されて一安心です。
卵塊を採集してきてから29日目でした。

『科学のアルバム:ギフチョウ』p32によると、

場所が決まると、体を縮めて、糸をかけ、2日ほどじっとしています。やがて胸の皮が割れたかと思うと、2〜3分で蛹になります。初めはウグイス色ですが、数時間後には、周りの枯葉や土に溶け込むような、濃い褐色になります。

残る4匹の前蛹が蛹化する様子を微速度撮影で記録することにしました。
インターバル撮影した写真や長撮り動画を素材に早回し映像を制作しました。
ただし、説明のための順番(演出)を優先したので、時系列(実際に蛹化した順番)は編集で変えてあります。
また、早回し映像の速さもまちまちです。
通常の(等倍速)映像も一部に使われています。

前蛹の側面に走る黄色の点列が色褪せてきて白くなるのが蛹化の前兆です。
肉眼では蛹化前の眠で「微動だにしない」ように見えますが、微速度撮影してみると激しい蠕動を続けていることがよく分かります。
やがてその蠕動が激しくなり、脱皮すると黄緑色の蛹が現れます。
もはや蛹は動かなくなり、鮮やかな黄緑色だった蛹は数時間かけて黒化というか褐色に変わります。

撮影用の補助照明として白色LEDのリングライトで終日照らし続けても、前蛹の体内時計は乱れることなくきちんと早朝に蛹化するのが凄いし不思議に思いました。

飼育容器はDVDスピンドル容器を再利用していました。
蛹化に気づいてから観察のため蓋を外したら、上下が逆になりました。
後にこれが大きな問題を生むことになりました。
帯蛹となる前蛹が下向きになってしまったせいで、脱皮直後に蛹を支える糸の輪が外れて落下する事故が続発したのです。
容器を上下逆さまに使って飼育すれば良かったのですが、そこまで考えが及びませんでした。
落ちた蛹はプラスチック容器の底に固着しました。

つづく→「ヒメギフチョウの蛹は腹部しか動かせない


イタドリの葉を食すイタドリハムシ



2013年6月中旬

道端でイタドリハムシGallerucida bifasciata)が食草であるイタドリの葉先に止まり食事中でした。
食後は身繕いすると葉裏に回り込んでお隠れになられました。



2013/07/17

エゴノキに訪花するクマバチ♀



2013年6月中旬

満開に咲いたエゴノキの白い花でキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が重低音の羽音を響かせながら飛び回っていました。
後脚に花粉籠がありオレンジ色の花粉団子を付けています。
吸蜜するだけでなく花粉も集めているようです。
エゴノキの花は開けっぴろげで単純な構造のため、盗蜜癖のあるクマバチも他のハチと同様に正当訪花していました。



【追記】
『昆虫の集まる花ハンドブック』p51によると、エゴノキは
雄しべが大きく湾曲しており、ハチの足場となる。クマバチは腹面を花粉で黄色く染めながら蜜を吸う。

飛べ!キアゲハ【ハイスピード動画】



2013年5月下旬

民家の庭先で花蜜を吸っていたキアゲハPapilio machaon)が飛び立つ瞬間を狙って240fpsのハイスピード動画に撮ってみました。

この青い花の名前を知らなかったのですが、植物の画像掲示板にてツルニチニチソウと教えてもらいました。



2013/07/16

ヒメスズメバチ♀の探索飛翔



2013年6月中旬

ヒメスズメバチVespa ducalis pulchra)のワーカー♀が草むらを飛び回っていました。
獲物となるアシナガバチの巣を探しているのでしょう。


街路樹に塒入りするハクセキレイの群れ(野鳥)



2013年6月上旬

郊外の某大型店の駐車場脇にあるケヤキ並木にハクセキレイMotacilla alba lugens)の群れが塒(ねぐら)入りしていると知り、夕方からカメラを持って見に行きました。

街路樹の近くの電線に止まっていたハクセキレイがケヤキの枝に移動するも、時間帯が早いとすぐにまた飛び去ってしまいます。
やがて数羽のハクセキレイが近くの電線や民家の屋根に集まってきて互いに鳴き交わし始めました。

ハクセキレイの集団塒の場合は、こうしたやや広い場所に就塒前集合しゅうじぜんしゅうごうをし、その後いっせいに塒入りするという習性がある。(『ネオン街に眠る鳥たち:夜鳥生態学入門』p38より)

黄昏時になると塒入りの合図として?鳴き始める傾向がありそうに思いました。
(あるいは性別や年齢によって鳴く鳴かないの違いがあるのかもしれません。)
声紋解析してみたいのですけど、車の騒音がうるさくて無理ですね。

ときどき2羽が追いかけっこを始めます。
残念ながら、動きの激しい空中戦は動画に撮れませんでした。
縄張り争いと塒入りという相反する衝動がせめぎ合っているのでしょうか?
足輪を付けて個体識別したり血縁関係も調べられたら面白いことが分かるに違いありません。

撮影日の日の入り時刻は19:01。
日が暮れるときれいな夕焼けを背景に街路樹と電線に止まった鳥のシルエットがフォトジェニックです。
ハクセキレイの鳴き声も次第に聞こえなくなりました。
ようやくケヤキの枝に飛び込んで塒入りする瞬間を捉えることができました。

塒入りした後のハクセキレイの様子もなんとか動画に撮れました。
暗くなっても幸い水銀灯の明かりがあるため、ケヤキの梢に居る鳥の姿が辛うじて分かります。
警戒した一羽が隣の木に飛んで移動しました。
塒入りした木の下に鳥の糞が大量に落ちているかと思いきや、意外にもきれいでした。
近所の人が毎日掃除しているのか、それともハクセキレイは塒入りする木を毎日変えるのでしょうか?
夜間はあまり糞を排泄しないのかな?
ずっと見ている私に警戒して、いつもと違う木に塒入りしたのかもしれません。

wikipediaによると、ハクセキレイは

夜は近隣の森などに塒を取るが、市街地では建築物などに塒を取る様子も観察される。

『日本動物大百科4鳥類Ⅱ』p77によると、ハクセキレイは

日中は離れて採食しているが、夕方になると水田などの開けた場所に集まりはじめ、小集団で塒へ向かう。そして大木の枝や橋の下、市街地の街路樹や看板などに多数集まって眠る。ときには1000羽以上集まることもある。昼間は単独でないし小群で行動することが多いが、冬の夕方には多数が木の枝や看板などに集まって、塒集団をつくる。


『鳥はなぜ集まる?:群れの行動生態学』p37によると、(以下の記述は全てイスラエルのハクセキレイの研究結果
・ハクセキレイたちは、日本と違って密な植生にねぐらをとります。

・ハクセキレイたちはねぐら入りの30〜60分前にねぐらの近くに集まります。集まる場所はたいてい開けた場所が選ばれ、ハクセキレイたちは20センチメートルから1メートルの間隔をとって静かに集合します。「静かな密な群れ」が集合の引き金になっている。

就塒前集合をしているハクセキレイたちが観察者によって妨害されない場合はすべての個体がひとつのねぐらで眠るのに、妨害されたらいくつかのねぐらに分かれて眠る。


『マルチメディア鳥類図鑑』でハクセキレイを参照すると、
セキレイ類は、繁殖期以外にもなわばり(テリトリー)をつくって、侵入者を追い払う。鏡に映る自分をよそ者とまちがえて、体当たりするのだ。ところが夜は集団で眠る。暗くなるにしたがって闘争心がうすれ、夜は仲良く眠るのだ。


ストロボを焚かないと暗くて写真はぶれぶれ。

2013/07/15

スズバチ蛹が泥巣の育房内で蠕動



2013年6月上旬

昨秋に採集したスズバチOreumenes decoratus)の泥巣を丸ごと室内で飼育・越冬させました。
乾燥しすぎないよう、密閉容器に入れておきました。(特に加湿していません。)

関連記事→「スズバチの泥巣を発掘@歩道の縁石
泥巣を発掘した際に育房内の繭も破けたため、中の蜂の子が露わになっています。
蜂の子は前蛹のステージで冬越しした後、いつの間にか蛹化して更に蛹の黒化が進んでいました。

蛹が自発的に蠕動する様子をマクロ動画に撮ってみました。
足先がピクピク動き、大顎を開閉したり口吻を伸縮させたりしています。
いよいよ羽化が近いのかもしれません。

隣の育房も覗いてみると、蛹の発達段階はまちまちのようです。
口吻が伸びたままの個体や未だ黒化してない(クリーム色の)蛹も居ました。

果たして今年も泥巣からスズバチ成虫が脱出してくる瞬間を撮影できるでしょうか?
羽化に向けて撮影の準備を整えます。


つづく→「泥巣から羽化脱出するスズバチ【微速度撮影】





採寸のため泥巣を1mm方眼紙上に置いた。

樹上のクロツグミ♂(野鳥)



2013年6月中旬

渓流にかかる橋を渡ろうと近づいたら2羽の野鳥が飛んで逃げ、1羽が近くの木の枝に止まりました。
見慣れない鳥でしたが、調べてみると夏鳥のクロツグミ♂(Turdus cardis)と判明。
つがいで行動していたと思われますが、♀の姿は撮れませんでした。



2013/07/14

モリアオガエルの産卵と泡巣作り【微速度撮影】



2013年5月下旬

山中の池で今年もモリアオガエルRhacophorus arboreus)の産卵が始まりました。
マユミの潅木が岸から池の方に枝を張り出しているため、絶好の産卵場所となっています。
今年は心なしか葉の茂りが悪いのは、積雪期に枝折れしたダメージなのかもしれません。
それでもモリアオガエルの泡巣は例年よりも豊作の気がします。
複数の泡巣が融合しており、幾つなのか数えにくいのですが、マユミの枝葉には少なくとも12個の泡巣が作られていました。
鈴なりになった泡巣の重みで枝葉が千切れ落ちてしまいそうで心配になります。

産卵行動の動画は昨年撮ったので、今年は微速度撮影に挑戦します。
午前中から暗くなる夕方まで6時間以上も(10:50 am - 17:04 pm)10秒間隔のインターバル撮影を行い、大量の写真素材から早回し映像を制作しました。
途中で様々なカメラ・トラブルに見舞われましたが、場所を少しずつ変えたりしながらなんとかインターバル撮影を続けました。
泡巣が木漏れ日を浴びてフォトジェニックです。
野外での微速度撮影では光量が安定しないため、チラチラして多少見辛いのは仕方ありません。

早回し映像で見ると、♂が離合集散する様子がよく分かりますね。
集まったモリアオガエルが後脚で泡立てる行動が休み休みの間欠的であることも分かります。
まるでカマキリ♀の卵鞘作りのようですけど、モリアオガエルは複数個体による協同作業である点が大きな違いです。
一つに見える泡巣も何回かに分けて付け足されて作られることが判明しました。
複数の♀由来の卵が混じっている可能性があります。

初めは少し離れた枝の2箇所で産卵しているため、やや引きの絵で撮り始めました。
しかし完成した映像を見ると、もっと寄りの絵にしないと分かり難いですね。
どの抱接集団の泡巣が大きくなりそうか、予測する見極めが肝心です。

ヤブ蚊に食われながら横で長時間眺めていると、色々なことが分かりました。
モリアオガエルの体長は明らかに♀>♂。
♀は体が大きく、腹部が膨満しています。
♂にしがみ付かれても(抱接)そのまま♀は力強く跳んで移動します。
そこへ他の♂も次々に集まって来て、集団で泡巣を作りその中に産卵・受精します。
♀は産卵場所(水面に張り出している枝)をどのように認識し、選択するのか気になります。
水面の反射を手掛かりにするのでしょうか?
暗くなったらどうするのかな?

一方、鳴いているのは♂です。
産卵を終えた♀が離脱するのは分かるのですけど、泡巣作りに参加した♂の中に、なぜか途中で離脱して真下の池に飛び降りたりする個体がいます。
もしかすると泡の巣材である尿を排泄し終わると脱水症状になってしまうのかもしれません。
水入り休憩で水分を補給するとまた枝をよじ登って来て再び泡巣作りに参加するのでしょうか?
もしこれをちゃんと調べようとするならば、何らかの方法でカエルを個体識別しないといけません。
水面に網を張っておいて枝から落下するカエルを受け止め、体重変化を調べたら面白いかもしれませんね。






こちら↓の映像は同じ素材から早回しの速度を半分に落とした動画です。
お好みでどうぞ。


飛べ!シモフリコメツキ【ハイスピード動画】



2013年5月下旬

なぜか多数のシモフリコメツキActenicerus pruinosus)が潅木に集結し、飛び回ったり交尾したりしていました。

関連記事→「シモフリコメツキの交尾
枝や若葉から羽ばたいて飛び立つ瞬間を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
(複数個体を撮影)




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts