2013/07/13

結婚飛行前のクロオオアリ新女王



2013年6月上旬

クロオオアリCamponotus japonicus)の巣穴を観察していると、巨大な羽アリが一匹、中から出てきました。
先ほど見た♂とは異なり頭部が大きいので、新女王と思われます。
巣口でしばし逡巡すると、慌てたように後退して巣内に引っ込みました。
マリッジブルーというか、結婚飛行の気象条件が整うのを待っているようです。
巨体が穴につっかえて戻るのに苦労しています。
その間、ワーカー♀は巣穴から掘り出した土粒をせっせと搬出しては巣口の横に捨てています。
やがて曇ってきたら羽アリは♂も新女王も全て巣内に篭ってしまいました。
結婚飛行がまさに始まる瞬間をいつか観察してみたいものです。
きっと壮観でしょう。


タニウツギの花で交尾するコアオハナムグリ



2013年6月上旬

タニウツギに訪花したコアオハナムグリGametis jucunda)が交尾していました。
♂にマウントされた♀は食事に余念がありません。
「花潜り」の名前通り、基本的に花筒の中に潜り込んで花粉を食べます。
ところが、♀が花の根元を外側から噛んで甘い蜜腺を直接舐めようとしている行動が一度だけ撮れました。@0:30〜0:36
これは蜂の盗蜜行動と同じで興味深く思いました。

関連記事→「クマバチ♀の盗蜜行動@タニウツギ」、「タニウツギの花で盗蜜するハキリバチの一種

交尾器の結合部をなんとか接写したいのですけど、♀が花の上を動き回る上に風揺れで悩まされます。
裏技として枝ごとナイフでそっと切り落として花を地面に置いたら♂が異変に気づき、飛んで逃げました。
一方、♀は花に潜り込みました。




2013/07/12

結婚飛行前のクロオオアリ♂



2013年6月上旬

尾根道の地面にクロオオアリCamponotus japonicus)のコロニーを見つけました。
巣穴は2つあり、その間隔は25cm。



ちょうど結婚飛行のシーズンで、巣口に羽アリの姿が見えます。
有翅の♂は頭部が小さく胸部の飛翔筋が発達しているのですぐに見分けられます。
巣口から顔を出してはすぐに引っ込んでしまうため、♂が巣外に全身を現すことは稀です。
気象条件を探って飛び立つタイミングを逡巡しているようです。
♂アリのせいで狭い入口が混雑しています。

ちょうど3年前にも観察した行動です。

【関連記事】→「巣立ち前のクロオオアリ♂


その間、ワーカーは巣内から砂粒を咥えて外に捨てる作業をせっせと続けていました。

また、巣口のすぐ横で見張り役(門番?)を務めているように見えるワーカーが居ます。
体長が大きい個体なので、もしかすると兵アリでしょうか?
隣の巣穴にも同じく見張り役のワーカーが居ます。
巣口の横でときどき身繕いしたり仲間と触角で挨拶したりするぐらいで、あとは立ち尽くしています。
一度だけ、見張り役のワーカー♀が♂を巣内に押し戻す行動が見られました(偶然かな?)。

やがて曇ってきたら羽アリは全て巣内に篭ってしまいました。

つづく→「結婚飛行前のクロオオアリ新女王



ウワミズザクラの葉を食すシロシタバ(蛾)幼虫



2013年6月上旬

里山の山腹に生えた若いウワミズザクラの枝先で若葉をもりもり食べているカラフルな幼虫を発見。
毛虫ではなく芋虫タイプの幼虫です。
腰のあたりにある赤い条が目立ちます。

葉の食べ方が独特で、枝に止まって葉の主脈から蚕食するため中央から虫食い穴が出来ました。
柔らかそうな若葉を食べ尽くすと次は葉柄までも摂食しました。
食後は尺取り運動で移動します。(後退も可能。)

これほどユニークな外見で食草も分かっているのに、自分で調べても幼虫の名前が分かりませんでした。
未採集、未採寸。
飼育ネタはもう手一杯なので、今回は採集せずスルー。
よく見ると腹部の歩脚が5対あるので、シャクガ科ではなさそうです。
尺取虫とは呼べないかも)

いつもお世話になっている「不明幼虫の問い合わせのための画像掲示板」にて問い合わせたところ、atozさんから以下のコメントを頂きました。

『日本産蛾類生態図鑑』を参照すると、頭部頂点近くの赤斑や、第5腹節の大きなオレンジの隆起とそれに続く側面の帯、亜背線に並ぶオレンジの小突起列が、シロシタバCatocala nivea nivea)の幼虫に似ています。 ただ、ネット上で検索すると出るシロシタバとされている幼虫(昆虫エクスプローラなど)とは異なるので、どちらかが誤同定でしょう。 シロシタバは幼虫の食性が狭く、サクラ属(Prunus)の中でもウワミズザクラやイヌザクラなど特定の種群しか食べず、ヤマザクラやソメイヨシノ等は食べないと言われています。 一方ノコメキシタバについてはリンゴ属(Malus)を食べるがサクラ属は食べないと言われています。(PDF文献 このような食樹の情報からもシロシタバの可能性が高いのではないかと思います。

『日本のCatocala』(西尾規孝 著)は長年カトカラを研究されてきた著者の集大成となる書で、日本産のカトカラ属29種の生態、卵、幼虫(若齢、終齢)がカラー写真を使って詳細に解説されております。その中でカトカラの幼虫には似通った種が多く、かつ色彩変異が激しいことが分かり、今回の幼虫同定のポイントとして、「食餌植物」、「頭部の斑紋」、「第5腹節の隆起」、「分布」に着目してみました。
まず食餌植物で、サクラ属を食べる可能性があるのはシロシタバ、ワモンキシタバ、キララキシタバ、ハイモンキシタバの4種で、ノコメキシタバについてはサクラ属の記録をどの文献でも見つけることができませんでした。
(なお、シロシタバは蛾類生態図鑑にはヤマザクラやソメイヨシノは食べないと書いてありましたが、「日本のCatocala」ではこれらも代用食となると書かれています。自然状態では大抵ウワミズザクラで、孵化幼虫はヤマザクラなどには食いつかないケースが多いようです)
形態については上記の種は色彩変異があり、同種内でも突起がオレンジ、黒、白と様々で、体色も明るい色から黒い色まで様々でしたので、色では同定は無理だと思います。第5腹節の隆起に違いが見られ、シロシタバだけがしぐまさんの幼虫のように幅が広い形をしています。ハイモンとノコメは小さめで、ワモンとキララは長く突出します。
また、頭部の斑紋にも違いがあり、動画を確認するとシロシタバと一致します。

最後に分布ですが、しぐまさんがノコメは未見とおっしゃるように、ノコメは北海道と本州中部に隔離分布しており、なぜか東北地方は空白地帯となっています。(宮城県などで少数の記録があるのみ)。信州では普通種なのに不思議です。
シロ、ハイモン、ワモンは東北にも分布しています。ワモンに近縁のキララは北海道中部以東に分布します。

以上からこの幼虫はシロシタバだろうと結論付けました。
『日本のCatocala』掲載の数個体のシロシタバ終齢幼虫のうちの1例が、この幼虫と色彩がそっくりに見えます。

ちなみに、昆虫エクスプローラのシロシタバ幼虫はカトカラ属ではなく、カキバトモエの間違いだと思います。








2013/07/11

フランスギクの茎に初期巣を作るフタモンアシナガバチ創設女王



2013年6月上旬

フランスギクの茎に作られたフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)の初期巣の定点観察。

創設女王がせっせと育房を増設していました。
作業を終えると女王は他の育房を点検して回り、外出しました。
映像のラストシーンは女王蜂の飛び立ちを1/8倍速のスローモーションでリプレイしてみました。
この程度のスローモーションでは蜂の羽ばたきが全く捉えられていません。
やはりハイスピード動画で撮る必要があります。

関連記事→「初期巣に出入りするフタモンアシナガバチ創設女王の飛翔【ハイスピード動画】
(ブログに公開する順番が逆になりましたが、実はこちら↑が続編です。)

その後は残念ながら、この巣は草刈りで駆除されてしまいました。
予想通りというか、ここは子供の通学路なので仕方がありません。




ヒメギフチョウ幼虫の臭角



2013年6月上旬

ヒメギフチョウの飼育記録8

計5頭のヒメギフチョウ(Luehdorfia puziloi inexpecta)幼虫が大きく育ちました。
映像の冒頭は採寸も兼ねて方眼紙上を歩かせました。
大きくなった4齢幼虫だと思っているのですけど、この後に蛹化したので実は既に終齢(5齢)になっていたのかもしれません。
(忙しくて幼虫の齢数に関しては余り真面目に観察していません。)
体の側面にヒメギフチョウに特有の黄色の斑点が並んで見えます(気門下隆起)。
胸部(T2-3)にはこれが無いことに気づきました。

幼虫の体に強く触れてみると、頭部から臭角を出して威嚇しました。
綿棒では刺激がソフトすぎるのか、それとも慣れが生じたのか、後半はなかなか反応しなくなりました。
面白がって何度も繰り返すと黄色い液体が少量、綿棒に付きました。
この黄色い染みを直接嗅いでみると独特の臭いがします。
空気中には特に匂いを感じなかったので、揮発性が低い成分なのかもしれません。



『日本の昆虫1:ギフチョウ』p32によると、

幼虫が臭角を持つのはアゲハチョウ科の特徴。ギフチョウの幼虫では1齢で乳白色、2令で淡緑色、3齢以降は橙色というように色彩が変化し、成長するにつれて分泌物の臭いも強烈になる。

臭角の色が成長に応じて変化するとは知りませんでした。
ヒメギフチョウはどうなのか、しっかり調べればよかったですね。
私が飼育中に調べたのはこのときだけでした。

つづく→「ヒメギフチョウの蛹化【微速度撮影】



2013/07/10

初期巣に出入りするフタモンアシナガバチ創設女王の飛翔【ハイスピード動画】



2013年6月上旬

道端に咲いたフランスギクの群落で一本の茎にフタモンアシナガバチPolistes chinensis antennalis)の創設女王が営巣していました。

巣盤は地上約50cmの高さで茎に対して横向きに付いており、育房は北東を向いていました。
未だワーカーが一匹も羽化する前の初期巣の段階で、女王が単独で営巣しています。
育房数は31室で白い卵の産み付けられた育房や、大量の蜜滴を貯蔵した育房が見えます。
巣に出入りする女王の飛翔シーンを240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。

巣を離れると隣接する草地を飛び回っていましたが、やがて見失いました。
巣の横で待っていると女王が帰ってきます。
巣材を集めて来ると育房の増設に取り掛かります。(映像公開予定)
それが終わると巣盤の裏側に回り込み、身繕いや休息を行います。
出かける前には必ず育房を点検してから巣盤の最上部より飛び立ちます。

つづく→「フランスギクの茎に初期巣を作るフタモンアシナガバチ創設女王





ナナカマドの花で食事するクロハナムグリとコアオハナムグリ



2013年6月上旬

里山の尾根道でナナカマドに訪花する甲虫が居ました。
クロハナムグリGlycyphana fulvistemma)とコアオハナムグリGametis jucunda)が白い花の上を歩き回って花粉を食べていました。
クロアリも来ています。


2013/07/09

ウスバアゲハ♂が羽化直後に蛹便を排泄



2013年5月下旬・室温20℃

ウスバアゲハ♂の飼育記録7

完全変態を行う昆虫の羽化した成虫は翅が伸び切った後で余分な体液を蛹便(羽化液)として排泄します。
ウスバアゲハ♂(旧名ウスバシロチョウ;Parnassius citrinarius)でその瞬間をなんとか動画に記録したいと思ったのですが、果たせませんでした。
気づいたらいつの間にか下の台に白っぽい液体が滴り落ちていました。

次は翅が乾いてから初飛行に飛び立つ瞬間を狙って撮影したかったのですけど、これも失敗。
翅を全開にして身繕いしたり歩き回ったりするのに、待てど暮らせどなかなか飛んでくれません。
気紛れな生き物を相手にすると難しいですね。
最後は窓から外に飛んで行きました。(映像なし)

逃がす前にうっかり前翅長を測り忘れたのは痛い失態です…。
それでも終齢幼虫から成虫まで無事に育ってくれて、ほっとしました。

完全変態を目の当たりにする度に感動しますね。

シリーズ完。


蛹便(羽化液)

羽化殻と空繭

クロバナヒキオコシの茎を吸汁するクサギカメムシ幼虫



2013年6月上旬

クロバナヒキオコシの群落で、茎に取り付いて吸汁しているカメムシが居ました。
接写してみると、茎の中央に口針を垂直に突き刺しています。

カメムシの「口針は口吻の先端から突き出せるようになっている。口吻は口針が摂食対象の内部に刺さっていくに従って折れ曲がったり蛇腹状に縮んだりして、口針をより長く突出できるようになっている。(wikipediaより)」
シソ科の茎の断面は四角形(正方形)をしているのですが、吸汁していた茎の幅は約5mm。
カメムシそのものは未採集、未採寸。
クサギカメムシHalyomorpha halys)の幼虫だと思うのですけど、もし間違っていたらご指摘願います。


【追記】
クチブトカメムシ幼虫の可能性は?(ソース1ソース2





2013/07/08

ウスバアゲハ♂の羽化【10倍速映像】



2013年5月下旬・室温17℃

ウスバアゲハ♂の飼育記録6

ウスバアゲハ(旧名ウスバシロチョウ;Parnassius citrinarius)が蛹化してから10日後。
早朝に容器を覗いてみると、待望の成虫が薄い繭を破って脱出していることに気づきました。
未だ短翅の状態で容器の底にひっくり返ったまま起き上がれず、仰向けに倒れていました。
羽化に備えて容器内に止まり木を用意したのに滑落した模様。
(枯葉などを敷き詰めておくべきでした。)
未だ蛹便(羽化液)を排泄していないので、これから翅が伸展するはずです。
割り箸を差し出すとしがみ付いて登り始めたので一安心。
翅を伸ばす場所を求めて落ち着かなく歩き回ります。
ようやくウスバサイシンの葉にしがみつくと落ち着きました。

これまで何種類かの蝶を室内飼育で羽化させてきましたけど、今回は翅伸展がなかなか始まらないことが少々意外でした。
繭から脱出してX分後には翅が固まってしまう、という単純なプログラムではないようです。
羽化不全の事故を防ぐために、安心して翅を伸ばせる止まり木を見つけるまではスイッチが入らない仕組みがあるのでしょう。

みるみる翅が広がる様子を10倍速の早回し映像でご覧下さい。
蝶の重みでウスバサイシンの葉が少しずつ垂れ下がってきます。
後半は朝日を浴びながら、伸び切った翅の開閉や口吻の伸縮が見られます。
(蝶の口吻は羽化の際に左右2本の管が合わさって1本の管になります。)

羽化したウスバアゲハ成虫は♂でした。

・雌雄の区別:♀は毛が少ない。(『ヤマケイポケットガイド9:チョウ・ガ』p24より)・♂は体の背面に軟毛を密生するが、♀では毛が少なくほとんど裸で、また交尾後の♀は腹端に受胎嚢をつける。(保育社『標準原色図鑑全集1:蝶・蛾』p13より)

つづく→蛹便(羽化液)の排泄

羽化前日の繭と蛹









ダイサギ(野鳥)の羽繕い



2013年5月下旬

遊水池の岸辺に生えた芦原でダイサギArdea alba)の若鳥※が佇み、羽繕いしています。
水面に映る白い影も風情がありますね。
背後でオオヨシキリの鳴き声♪が聞こえています。
ときどき嘴を大きく開閉するのですけど、ダイサギの鳴き声は聞こえません。
欠伸なのかな?

※ 『科学のアルバム:シラサギの森』p11によると、

ダイサギの親鳥の嘴は、くすんだグリーン。若鳥の嘴は、鮮やかなオレンジ。
ダイサギはクチバシが長く、眼下にある口角の切れ込みが眼より後ろまで食い込む

欠伸?

2013/07/07

ヘビイチゴに訪花吸蜜するサトジガバチ♂【ハイスピード動画&HD動画】



2013年5月下旬

里山の麓で林縁の駐車場(標高〜300m)の隅に生えたヘビイチゴの群落で一匹のジガバチが訪花して花蜜を吸っていました。
黄色の花から花へ飛び回る様子を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
春にジガバチを見たのは初めてです。
顔が白いことから♂と判明。
♀よりも♂が先に羽化してくる(雄性先熟)のでしょうか?



同一個体を通常のHD動画でも撮ってみました。
吸蜜しながら閉じた翅をリズミカルに上下しています。
飛翔筋のアイドリングなのかな?
このとき似我似我♪と鳴く声は聞こえませんでした。




キイチゴや草イチゴの類を見分けるのは苦手なのですが、この群落で定点観察に通って花や実を検討した結果、ヘビイチゴと判明しました。







ヤマジガバチ(Ammophila infesta)とサトジガバチ(Ammophila sabulosa nipponica)を見分けるのはとても難しいので、同定のため撮影後に蜂を採集しました。
参考資料のサトジガバチ/ヤマジガバチ比較標本写真(by 大阪市立自然史博物館の松本さん:「ヒゲおやじの投稿掲示板」の投稿No.62455)を元に調べてみると、今回の個体はサトジガバチ♂(Ammophila sabulosa nipponica)だろうと分かりました。

サトジガバチ♂の中胸背板は点刻が横方向にしわに紛れている。(一方、ヤマジガバチ♂中胸背板の点刻は後方で弱いしわに紛れることがあるもののそれぞれ独立している。)胸部側面の点刻は大きく明瞭で密。しわ状になることが多い。(一方、ヤマジガバチ♂胸部側面の点刻はやや小さく不明瞭。♀に比べるとやや密。)
採集地の環境は確かに「山」というよりも「里」でした(標高〜300m地点)。
背面@方眼紙

胸背

胸背

単眼。顔の毛が面白い。

左胸部側面

左胸部側面

右胸部側面

右胸部側面

腹背

腹部側面


腹面

アオダイショウの蛇行



2013年6月上旬

林縁の砂利道をアオダイショウElaphe climacophora)が蛇行していました。
舌をチロチロと素早く出し入れする様子をハイスピード動画に撮ったら面白いかなと思ったのですけど、カメラのモードを切り替えている間に蛇は側溝の隙間へ逃げ込んでしまいました。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts