2013/06/08

巣口に出入りするアカヤマアリ♀と奴隷クロヤマアリ♀



2013年5月上旬

アカヤマアリFormica sanguinea)の巣の定点観察。

暖かくなり巣外を活動するワーカーの個体数が増えていました。
舗装された路肩と地面の境界にある巣口は複数あるようです。

映像冒頭に登場するようないかにも巣口らしい穴以外にも、地面の裂け目のような巣口が並んでいるようで、全部で幾つあるのかはっきりしません。
前回の観察でゴミや砂粒をせっせと巣口に運ぶという謎の行動をしていましたが、近縁種のエゾアカヤマアリが作るような蟻塚は見当たりませんでした。

エゾアカヤマアリの門番は巣口に近づく者に対して腹端を前方に曲げて蟻酸攻撃をしかけるらしいのですが(『里山昆虫ガイドブック』p76より)、この巣で私にそのような攻撃姿勢を取るアリは見られませんでした。


ワーカーの労働は奴隷アリに使役させるだけではなく、アカヤマアリ♀自身も働いています。



奴隷の黒アリワーカーを3匹採集して帰りました。
クロヤマアリ♀(Formica japonica)と思うのですがどうでしょう。



クロヤマアリ♀標本a:背面@方眼紙

クロヤマアリ♀標本a:背面@方眼紙

クロヤマアリ♀標本a:腹背@方眼紙

クロヤマアリ♀標本b:側面@方眼紙

クロヤマアリ♀標本b:顔@方眼紙

クロヤマアリ♀標本b:背面@方眼紙

クロヤマアリ♀標本c:側面@方眼紙

クロヤマアリ♀標本c:背面@方眼紙

クロヤマアリ♀標本c:腹面@方眼紙

飛べ!ハクセキレイ【野鳥:ハイスピード動画】



2013年5月上旬

ハクセキレイMotacilla alba lugens)が電線に止まって羽繕いしていました。
飛び立つ瞬間を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
電線上で回れ右してから羽ばたいて離陸しました。
長い尾羽根を激しく左右に振りながら飛んでいることが分かります。

これは偶然の動きなのか、それとも「離陸の激しい動きで揺れてしまっているだけ」なのでしょうか。
もし意図した動きだとしたら飛行力学的にどのような効果をもたらすのでしょう?
一種の飛翔ディスプレーだったりして?

後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。




2013/06/07

アカヤマアリ♀と奴隷アリが死んだエゾハサミムシ♂を運ぶ



2013年5月上旬

アカヤマアリFormica sanguinea)の巣の定点観察に行きました。
山道の路肩に沿ってアスファルトの境目に幾つか巣口がある様子。
大きなハサミムシの死骸を運んでいるワーカーが居ます。
ところが巣口に獲物が引っかかって入らず苦労しており、何度も搬入をやり直します。
奴隷のクロヤマアリFormica japonica
も出てきて、たまに運搬を手伝います。

獲物の正体は、ハサミが真っ直ぐで細長く、前翅の肩に黄色い紋があることから、エゾハサミムシ♂(Eparchus yezoensis)だと思います。



ヒヨドリ(野鳥)の囀りと警戒声♪を声紋解析してみる



2013年5月上旬・曇り(正午ごろ)

ケヤキの枝に止まったヒヨドリHypsipetes amaurotis)が普段と違う鳴き方で繰り返し鳴いていました。
これが繁殖期に入ったヒヨドリの囀り(さえずり)なのでしょうか。
途中で聞き慣れた警戒声♪(地鳴き)も鋭く発しました。@1:54-1:57
最後は枝から飛び去りました。

※ 逆光の映像なので編集時に手ブレ補正および自動色調補正を施してあります。

同じ縄張りでヒヨドリの鳴き声を記録してきて、これが3種類目の鳴き方になります。

関連記事→「ヒヨドリの鳴き声♪2種類(地鳴き、さえずり?)を声紋解析してみる【野鳥】



ヒヨドリの囀りを声紋解析してみる

オリジナルのMTS動画ファイルから音声をWAVファイルに抽出し、鳴いている部分を切り出してからスペクトログラムを描いてみました。
囀りと囀りの間に入るノイズはスズメの鳴き声です。

囀りよりも警戒声の方が「いかにも声紋らしい」きれいなパターンが見られますね。
内蔵マイクによる録音の仕様なのか、カメラを新調しても依然として15 kHz以上の高音域がカットされている点は改善されておらず残念です。
3つのグラフで横軸(時間軸)が揃っていないのはご愛嬌。

【追記】
『野鳥を録る:野鳥録音の方法と楽しみ方』p217によると、

ヒヨドリの声には3つのタイプがある。「ピィー、ピィー」「ヒィーヨ、ヒィーヨ」など、伸ばすものをタイプA。「ピィッ」「ピョッ」など短いものをタイプB。「ピィーピィルルルル」という、長い声をタイプC。タイプAは、鳴き合いでタイプBとも組み合わせることもあります。タイプBは、興奮したときや警戒のときに出すもの。タイプCは、機嫌のよいときの声で、浮かれ歌的だと分析しています。
今回私が囀りだと思った鳴き声は、もしかするとこのタイプCの浮かれ歌なのかもしれません。


囀り♪×2

囀り♪×3

囀り→警戒声→囀り♪

2013/06/06

草地を素早く徘徊するウスバアゲハ♂終齢幼虫



2013年5月上旬

ウスバアゲハ♂の飼育記録1

草原の地面を這い回る黒い芋虫を発見。
紅白模様の縦筋が両側にあるのでウスバアゲハ(旧名ウスバシロチョウ;Parnassius citrinarius)の幼虫です。
芋虫の蠕動らしからぬ素早い滑らかな動きです。
晴れて暖かい日とは言え、これほど軽快な運動性があるとは知りませんでした。
初めはギョッとしたというか少し不気味に思ってしまいました。
(100%慣れの問題なのでしょうけど。)
食草を探し歩いているのでしょうか。
飼育するために採集して持ち帰りました。
帰り道で食草のムラサキケマンも採取。
ちなみにウスバアゲハは卵で越冬するらしい。

つづく→飼育記録2:「ムラサキケマンの葉を食すウスバアゲハ♂終齢幼虫

(15日後に成虫が羽化してきます)。
飼育記録を遡って考えると、採集時点で♂の終齢(5齢)幼虫でした。



『チョウのはなしII』p66によると、
ウスバシロチョウの幼虫は黒褐色で、摂食するとき以外は落葉の間に潜んでいます。これはいわゆる保護色です。


キジバト(野鳥)の地上採食



2013年5月上旬

枯草に覆われた原っぱ(休耕地?)で2羽のキジバトStreptopelia orientalis)が歩きながら採食しています。
2羽はつがいなのか、互いに付かず離れずの距離を保っています。

【追記】
『スズメの少子化、カラスのいじめ:身近な鳥の不思議な世界』p142によると、キジバトの襟の部分にある縞模様があれば成鳥で、無ければ幼鳥。
a pair of turtledoves は慣用句で仲睦まじいカップルの意味。





2013/06/05

キベリタテハの日光浴と飛翔



2013年5月上旬

キベリタテハNymphalis antiopa asopos)は本ブログ初登場になります。
私にとって憧れのチョウ、幻のチョウの一つでした。
近辺で何度かそれらしき姿をちらっと目撃しては逃げられていました。

今度こそと思って通うと、山道で笹の葉に止まってくれました。
飛び立っても何度か蝶道を往復してから、ほぼ同じ場所に戻って休息します。
葉上で翅を開閉し、日光浴しているようです。
たまに触角を前脚で拭っています。


念願の蝶が撮れて感無量です。
すごいドキドキしました。



飛べ!オオルリ♂【野鳥:ハイスピード動画】



2013年5月上旬

虫を捕食した後で枝に止まったオオルリ♂(Cyanoptila cyanomelana)が飛び立つ瞬間を狙って240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。

映像の冒頭は偶然撮れた脱糞シーン。
後半は飛び立ちを更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。


2013/06/04

オオルリ♂(野鳥)が虫を捕食し脱糞



2013年5月上旬

林縁の草地で鉄杭にオオルリ♂(Cyanoptila cyanomelana)が止まっています。
目の醒めるほど美しいブルーで、2回目の遭遇にドキドキしました。
幸せの青い鳥がこんな身近に居るとは!
オオルリ♂は針金に移動して脱糞。
どうやら横の草むらを見張り、虫が飛ぶのを待ち構えているようです。
私がじっと動かず撮影していると警戒を解いたのか、やがてオオルリ♂が草むらに降り立ちました。
図鑑によればオオルリの食性は昆虫食で、フライキャッチング法で捕食するらしい。
草地をあちらこちら忙しなく飛びながら虫を捕らえているのでしょう。

後半は飛び上がって近くの枝に止まると、休みながらまた脱糞しました。@4:45

どうも肝心の鳥にオートフォーカスのピントが合わず(奥ピンになりがち)撮りながら苛々していたら、望遠レンズなのにカメラがマクロモードのままでした…。


つづく→「飛べ!オオルリ♂【野鳥:ハイスピード動画】




桜の花蜜を吸うカワラヒワ(野鳥)



2013年5月上旬

民家の庭で満開に咲いた桜にカワラヒワCarduelis sinica)が2〜3羽、食事に来ていました。

嘴でどうやら花の根本を啄んでいます。
花弁は食べずに落としました。
おそらく花蜜を吸っているのでしょう。
カワラヒワは基本的に種子食の鳥なので、ちょっと意外な採食シーンでした。


【追記】
こんなやり方で花蜜を吸われると、桜にしてみれば受粉の役に立たず貴重な蜜だけ盗まれていることになります(盗蜜行動)。
カワラヒワは嘴が太いので仕方がないのでしょう。
一方、ヒヨドリやメジロは花の中に素直に嘴を突っ込んで吸蜜するので、受粉を助けています。(共生関係)



2013/06/03

右耳の折れたニホンカモシカ



2013年5月上旬

谷川沿いで雪の残る林道をニホンカモシカ(Capricornis crispus)が向こうから歩いて来ます。
ようやく私に気づくと立ち止まり、しばしの対峙。
この個体は右耳の耳介が折れ曲がり垂れているという特徴があります。
それでも折れた右耳を動かせるようです。
やがてカモシカは私を避けるように林道を外れて茂みに飛び込み、迂回して杉林を移動。
途中で細い立木に眼下腺マーキングを行ったようです。(@1:35 - 1:40)

実はこの辺りを縄張りとするカモシカとしては、2009年10月にも遭遇しています。

関連記事→「ニホンカモシカとかくれんぼ
果たして今回のカモシカと同一個体でしょうか?
2009年のカモシカは両耳とも正常ですけど、最近になってから怪我で耳が折れた可能性もあるので、耳だけで別個体であるという決め手にはなりませんね。

このような垂れ耳は先天的な異常なのでしょうか。




ハシボソガラスのクルミ割り行動:投げ落としⅡ【野鳥】



2013年5月上旬

クルミの堅果を咥えたハシボソガラスCorvus corone)が電線に止まり、真下の舗装路に落として割ろうとしています。
田んぼの土手の方へ転がってしまったクルミを取りに行くカラス。
3回続けて落とした後は路上からクルミを持って飛び立ち、田んぼを横切って向こうの通りの電線へ移動しました。
割った実をほじくって食べるシーンまで見届けたかったのですが、私に見られているのをカラスは嫌ったのかもしれません。
そこでもすぐにまた同様のクルミ割り行動をやっています。
必ず電線の高さから落とすのは、それよりも高い位置から落とすと衝撃が増して割れやすくなる代わりに車道から転がってクルミを紛失する恐れが増すと分かっているのでしょう。

昨年観察したハシボソガラスは飛びながらクルミの実を落としました。

一方、今回の個体は必ず電線に止まってからクルミの実を落とすという作法の違いがあります。
クルミの実は脂肪分に富み高カロリーなので、手間暇かけて割る価値があるのでしょう。
当地のカラスは通行する車のタイヤに轢かせてクルミを割るという一段上の技を未だ編み出していない(伝わっていない)ようで、私は未見です。




2013/06/02

タラノキに産卵するネジロカミキリ♀



2013年4月下旬

昨年初めて見つけて飛翔シーンをハイスピード動画に撮ったネジロカミキリPogonocherus (Eupogonocherus) seminiveus)が早春のタラノキに集まるという情報を思い出し、山道でタラノキを見て歩きました。
すると案の定ネジロカミキリが見つかり、自分でもびっくりしました。
これまで私の虫撮りは行き辺りばったりの出たとこ勝負なので、このささやかな成功体験で少しだけ自信がつきました。
タラノキはわずかに芽吹き始めたばかりで、未だ山菜採りの季節でもありません。
ネジロカミキリのゴツゴツした体型とツートンカラーは保護色の効果もありそうです。

初めに見つけた株の上部には2匹が止まっていました。
産卵中の♀なのか、交尾相手を待ち受ける♂なのでしょうか。
体長に若干差があるものの、交尾行動や闘争は行わず互いに没交渉です。
触角があまり長くないことから素人目には♀のような気がします(採集していないので定かではありません)。
細い幹を歩き回りながら腹端から産卵管のような物が伸び縮みしています。

まさか♂の交尾器ってことはないですよね?

樹皮に所々残る緑色の点は産卵痕あるいは食痕なのでしょうか?
下向きで静止している個体は腹端を幹に押し付けていて、産卵中なのかな?
触角の長さは体長を越えないので、♀のような気がします。
幹に口を付けているようですが、肝心の大顎の動きがよく見えません。
予め大顎で樹皮を傷付けてから産卵管を差し込むのでしょうか。

「タラノキに産卵中の♀」と言い切れる自信がなくてもどかしいのですが、多分そうだろうということにしておきます。
近くの別な枝にもう一匹いました。


▼つづく▼

タラノキの新芽とネジロカミキリ





枝に止まったキビタキ♂(野鳥)



2013年5月上旬

林道脇の樹上にキビタキ♂(Ficedula narcissina)を見つけました。
黄色が目の醒めるほど美しいですね。
枝から枝に飛んで行きました。





ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts