2013/05/18

飛べ!スズメ【野鳥:ハイスピード動画】



2013年4月下旬

民家の庭先で朽木に止まったスズメPasser montanus)が飛び立つ瞬間を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
後ろ姿でよく見えませんが、嘴に何かを咥えているのは巣材でしょうか。


2013/05/17

ゴジュウカラの樹上採食♪(冬の野鳥)



2013年3月上旬

木の枝でゴジュウカラSitta europaea)が下向きに止まり、鳴きながらつついていました。
飛び去る前にトレードマークの木下り行動を少しだけ披露してくれました。





2013/05/16

蛹化に失敗したキアシオナガトガリヒメバチ?の蠕動



2013年4月中旬

軒下に作られたオオフタオビドロバチの泥巣の中から謎の繭を採集しました。
今のところ、寄主オオフタオビドロバチの育房に寄生したキアシオナガトガリヒメバチの前蛹だろうと考えています。

前の記事はこちら→「キアシオナガトガリヒメバチ?越冬前蛹の吐糸営繭と脱糞
飼育を続けると、容器内でなぜか上半身だけが蛹になりました。
どうも下半身の前蛹が肛門から壊死しかけている気がします。
容器を動かしたりして刺激すると蠕動します。

ケンタウルスみたいな異形の虫になるのでしょうか?
体の半分だけネオテニー(幼形成熟)?

残念ながらその後は蛹化不全のまま黒変部位が全身に広がり死んでしまいました。
成虫を得られなかったので、しっかり同定できませんでした。

便秘というか、蛹便の排泄が上手くいかなかったのでしょうか。
越冬中に繭を切り開いて前蛹を取り出し、飼育したため感染症にかかったのでしょうか。
休眠から覚めてから繭を再生しようと吐糸して消耗したのかもしれません。



2013/05/15

桜の花蜜を吸うヒヨドリ(野鳥)【ハイスピード動画&HD動画】



2013年4月下旬

咲きかけの桜(ソメイヨシノ?)の枝にヒヨドリが止まっています。
飛び立ちの瞬間を240 fpsのハイスピード動画に記録するつもりで撮り始めたら、隣の枝にピョンと跳び移ると白い花に嘴を差し込んで蜜を舐め始めました。
舌の動きまでは見えませんね…。



通常のHD動画に切り替えて同一個体の吸蜜シーンを撮ってみました。
しかし花を一舐めしただけで、鋭く鳴きながら飛び去ってしまいました。

その後もしばらく粘って撮影チャンスを待ってみたのですけど、ヒヨドリは縄張りに近づく鳥を追い払うのに忙しくて吸蜜どころではありませんでした。




2013/05/14

林道を歩くホンドタヌキ



2013年4月下旬

里山の林道をホンドタヌキNyctereutes procyonoides viverrinus)が向こうからトコトコ歩いて来ます。
タヌキは近眼なのか、こちらには気づいていない様子。
地面の臭いを嗅ぎながら歩く道中で1回クシャミをしました。@0:09
立ち止まって撮影する私の方へどんどん近づいてきます。
望遠レンズで撮るには近過ぎるかも…と心配になった頃、タヌキは林道を横切り、茂みの斜面を下って行きました。
これほど間近に野生のタヌキを撮れたのは初めてで、気分良く口笛を吹きながら下山しました。

個体識別できていませんけど、約4ヶ月前の厳冬期にタヌキの群れを目撃した地点から近い場所でした。
縄張りがあるのならば、あのときの一頭かもしれません。

関連記事→「雪山を駆け下りるホンドタヌキの群れ

舌をペロリ!


2013/05/13

コンクリート塀とハクセキレイ(野鳥)



2013年4月下旬

民家のコンクリート塀にハクセキレイMotacilla alba lugens)が止まっていました。
街中でやや人馴れしているのか、しばらく至近距離から撮らせてくれました。



2013/05/12

生垣にウグイス(野鳥)



2013年4月下旬

ようやく芽の出始めたウコギの生垣にウグイスHorornis diphone)が止まっています。
保護色で周囲に溶け込んでいる(隠れている)つもりなのかも。
生垣の横にある堆肥(コンポスト)から沸いた虫に興味があるようですけど、近くで鳴いているヒヨドリを怖がって近づけないでいるような印象を受けました。

生垣に止まって辺りをキョロキョロすると、欠伸をしながら脱糞。@0:43
ちなみに、ウグイスの糞は肌をなめらかにするとされ、洗顔にも使われてきたそうです。
おそるおそる枝づたいに地面に下りたウグイスは、生垣の下で虫を捕食しています。

(映像はここまで。)

しばらく辺りの様子を見ていると、近くの桜の枝を見張り台としてヒヨドリが縄張り防衛しています。
満開の桜の木には花蜜が豊富にあり、近くのコンポストには果物が捨てられているため、この一帯はヒヨドリの餌場として価値があるのでしょう。
他の鳥が近づくと、(スズメやメジロ、シジュウカラなど別種の小鳥が相手でも)すごい剣幕で追い払っています。

生垣のウグイスはヒヨドリの留守中に(目を盗むように)、コソコソとコンポストから虫を捕食していました。

関連記事→「堆肥で虫を捕食するウグイス(野鳥)
昆虫食の鳥であれば、果実食のヒヨドリとは競合しません。
関連記事→「ヒヨドリ(野鳥)が残飯の洋梨を拾い食い
ヒヨドリがウグイスを激しく追い払わずに見逃しているのはそのためかな?
ウグイスが小さな体でウコギの生垣の刺だらけの隙間に逃げ込めば、ヒヨドリに襲われても大丈夫なのかもしれません。
観察の間、ウグイスの鳴き声は全く聞かれませんでした。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts