2013/05/11

ヒヨドリ(野鳥)が残飯の洋梨を拾い食い



2013年4月下旬

家庭菜園の堆肥置き場(コンポスト)にヒヨドリHypsipetes amaurotis)が入り浸っていました。
「掃き溜めに鶴」ならぬ「掃き溜めに鵯」が一体何を採食しているのかと思い望遠で狙ってみました。

どうやら、腐りかけで捨てられた洋梨(ラフランス?)を啄んでいるようです。
甘党のヒヨドリらしいなー、と納得しました。
他の生ゴミには一切口を付けません。
食事の合間に鋭い鳴き声♪を発しているのは縄張り宣言なのでしょうか。

一方、同じ日にヒヨドリの目を盗んで来ていたウグイスは堆肥から沸いた虫を捕食していました。
このウグイスは洋梨に興味を示しませんでした。
食植性と食虫性の野鳥とで棲み分けが出来ているようです。




2013/05/10

河川敷のカワセミ(野鳥)



2013年4月中旬

河川敷で土手を登ってきたハシボソガラスを何気なく撮り始めたら、なんとカワセミAlcedo atthis)が登場しました!
支流の水門を開閉するハンドルの上に止まり、雪解け水が流れる川を眺めています。
お世辞にも清流とは言い難い街中の開けた川でカワセミと出会えるなんて意外でした。
新しいカメラの操作に慣れず、焦れば焦るほど肝心のカワセミにピントが合いません…(奥ピンのまま)。
やがてカワセミは川に向かって飛んで行きました。
魚を咥えてすぐ元の場所に戻ってくるかと期待したのですが予想は外れ、そのまま姿を見失いました。
近くをハクセキレイが独特の飛び方で波状に飛んでいます。

映像としてはいまいちですけど、憧れのカワセミを撮れたのはこれが2回目なので、嬉しい記録として残しておきます。


2013/05/09

田んぼで♀の尻を追いかけるキジ♂(野鳥)



2013年4月中旬

ようやく雪が溶けたばかりの田んぼを派手な色のキジ♂(Phasianus versicolor)が歩き回っています。
やがて立ち止まったのでどうしたのかと思いきや、右手から♀が♂に近づいて来ました。(@1:47)
♀は地味な保護色なので、私はそれまで全く存在に気づきませんでした。
実は、キジ♀の姿を撮れたのはこれが初めてです♪

♀が♂の目の前を通り過ぎました。
すると♂が頭を下げ、足早に♀を追いかけ始めました。
田んぼを横断する♀の後を♂がストーカーのように付いて歩きます。
♀は歩きながらたまに(思わせぶりに?)地面を啄んでいます。
引きの絵にしたくても、望遠レンズを装着したままでは二羽を同じ画面に収められません…。

畦道の土手を越えて死角に入ったところで残念ながら♀の姿を見失ってしまいました。
仕方なく、私もこっそり並走しながら♂を撮り続けます。
キジ♂も私と同じく♀を見失ったのでしょうか?
キジ♂は用水路を跳び越え土手の茂みに入りました。
しつこいパパラッチに警戒したのか、最後に♂は急に飛び立つと川を渡り対岸の葦原に着陸しました。

今回、キジの求愛行動の一端を垣間見れたのかもしれません。
それとも♂が縄張り内の♀をガード(エスコート?)する行動だったのでしょうか?
撮影の間、キジの鳴き声は全く聞かれませんでした。


【追記】
『日本動物大百科4鳥類Ⅱ』p16によれば、キジは

  • ♀は1羽の♂のなわばりにとどまるのではなく、いくつかのなわばりのあいだを動き回っている。
  • あるなわばりに♀がやってくると、そのなわばりの持ち主の♂は接近して行動をともにする。
  • ♂は、♀について歩くことで交尾のチャンスをねらう。♂は突然♀に突進して、♀の背にのって交尾行動をする。
  • ♀に対して行う求愛行動は♂同士の闘いで見せる行動と似ていて、♀の直前で尾羽を半開きにして誇示する。

『カラー自然シリーズ45:キジのくらし』p8によると、

  • ♂キジは、自分の縄張りに入ってきた♀に、美しい羽を見せびらかすようにして近づきます。肩を怒らせて、翼を半分開き、腰の毛を膨らませ、尾羽を扇のように開きます。顔も真っ赤になります。この行動をディスプレイ(求愛誇示)といいます。
  • ディスプレイのときは、ほとんど交尾しない。♀の発情を促すためにディスプレイするのかもしれない。
  • 早朝や夕方にキジは交尾する。




カルガモ(野鳥)の飛び立ち



2013年4月中旬

川原を散歩していたら本流横の淀みから一羽のカルガモAnas poecilorhyncha zonorhyncha)が驚いて飛び立ちました。
映像後半は1/10倍速のスローモーションでリプレイ。
今回はハイスピード動画に撮れなかったものの、新しいカメラの動画は60p(プログレッシブスキャンでフレームレートは60 fps)のフルハイビジョンなのでスロー再生でも滑らかですね。

カモの群れが水面から一斉に飛び立つシーンをハイスピード動画に撮りたいと思っているのですが、なかなか上手くいきません…。



2013/05/08

シダレザクラの花蜜を吸うメジロ(野鳥)の群れ



2013年4月下旬

ようやく咲き始めたシダレザクラメジロZosterops japonicus)が群れで訪花していました。
嘴を花に突っ込んで、吸蜜しています。

【追記】
『スズメの少子化、カラスのいじめ:身近な鳥の不思議な世界』p93によると、

花の蜜を好むメジロやヒヨドリは、舌で絡めとった蜜を口の奥に運んでいる(メジロの舌は、そのため先がブラシのようになっている)。
吸い込むという行為は、赤ちゃんがお乳を吸うために発達させた哺乳類の得意技であり、鳥類は吸い込むことはできない。







越冬明けのスジクワガタ♂



2013年4月中旬・室温20℃

昨年9月に採集して以来、飼ってきたスジクワガタ♂(Dorcus striatipennis)です。
秋になったら容器に朽木をたくさん入れてやり冷暗所に保管していたら、無事に成虫を冬越しさせることができました。
冬の間はときどき容器内の結露を拭いてやりました。

暖かい部屋に戻して朽木を調べると、スジクワガタ♂はゆっくり動き回り元気そうです。
リンゴと昆虫ゼリーを給餌し、再び元の冷暗所に戻しました。

wikipediaによると、スジクワガタは

・晩夏から秋に羽化した成虫は、越冬して翌年の春に活動を開始する。・成虫での寿命は6ヵ月 - 2年である。



2013/05/07

堆肥で虫を捕食するウグイス(野鳥)



2013年4月下旬

家庭菜園のコンポスト(堆肥)に見慣れない褐色の地味な鳥が来ていました。
残飯や野菜屑そのものが目当てではなく、生ゴミから湧いた虫を次々と捕食しています。
「掃き溜めに鶴」ではなくて…「掃き溜めに◯◯ムシクイ」ですかね?
ウグイスかな? まさかオオヨシキリ? (自信なし)

野鳥の画像掲示板に投稿して質問したところ、ムロさんより次の回答を頂きました。
写真はウグイスと見ました。体の上面が茶色っぽいこと、尾羽が比較的長いことからウグイスと思います。
ウグイスHorornis diphone)はいつも藪の中に隠れて鳴いているイメージがあったのですが、しっかり撮れたのは初めてです。
撮影中は鳴き声を聞きませんでした。




虫を捕食!



飛べ!ビロードツリアブ【ハイスピード動画】



2013年4月下旬

春になり野山でビロードツリアブBombylius major)の姿を目にするようになりました。
地上で日光浴するビロウドツリアブ(複数個体)が飛び立つ瞬間を240fpsのハイスピード動画に撮ってみました。


2013/05/06

キアシオナガトガリヒメバチ?越冬前蛹の吐糸営繭と脱糞



2013年4月中旬

軒下に作られたオオフタオビドロバチの泥巣を発掘して謎の繭を採集しました。
今のところ、寄主オオフタオビドロバチの育房に寄生したキアシオナガトガリヒメバチの前蛹だろうと考えています。

前の記事はこちら→「ドロバチに寄生した蜂の前蛹の蠕動
繭を切り開いて蜂の子を取り出してから13日後、異変に気づきました。
驚いたことに、プラスチックの飼育容器内にいつの間にか絹糸を張り巡らしています。
休眠越冬から目覚めた前蛹が自らの無防備な状態に気づき、再び口から絹糸を吐いて繭を紡ごうとしているようです。
腹端に黒い粒が付着しているのは、排泄した糞と思われます。

私のこれまでの(うろ覚えの)知識では、こうした行動は蜂の前蛹の定義※に反する気がして、一体どういうことなのか頭を抱えてしまいます。
(※ 蜂の終齢幼虫は前蛹になって初めて排便し、前蛹で越冬するはずです。)
このハチは繭を紡いだ後、その中で前蛹にもならず終齢幼虫のままで休眠越冬していたのでしょうか。

謎は深まるばかりですが、無事にこのまま育ってくれるでしょうか?

つづく

円形の飼育容器(100円ショップで買ったコスメ容器)は直径31mm。

容器の底に絹糸を張り巡らした。

脱糞した。

黒い糞

スズメ(野鳥)の地上採食



2013年4月中旬

地上で採食するスズメPasser montanus)を隠し撮りしました。
両足を揃えてピョンピョン跳んで移動しながら地面の落ち葉などを嘴でつついています。
スズメは余りにもありふれた鳥ですけど、見下ろすアングルでじっくり観察したことがなかったので、背中の黒と茶色の模様が新鮮でした。





映像の最後は、近くの木の枝で休むスズメです。
風が未だ肌寒いのか、チュンチュン♪鳴きながら羽毛を逆立てていました。



2013/05/05

田んぼで獲物を捕るアオサギ(野鳥)



2013年4月中旬

雪解け水が溜まっている田んぼでアオサギArdea cinerea)が歩き回っています。
どうやら泥水の中から獲物を捕食しているようです。
遠過ぎて獲物の正体は不明ですけど、小魚やカエルでしょうか。

じっと佇んでいたアオサギが急に向きを変えて獲物に素早く忍び寄り、嘴を一閃するや見事に捕食成功!
獲物を飲み込んだ直後に嘴を水でゆすぎました。
やがて羽ばたくと低空飛行で飛び去り、隣の田んぼの土手に着陸しました。

※ YouTubeにアップロードした後で、動画エディタにより手ブレ補正処理および色調自動補正を施してあります。





飛べ!ニホンセセリモドキ♂【蛾:ハイスピード動画】



2013年4月下旬

林道脇の土手でニホンセセリモドキHyblaea fortissima)が枯草に止まって休んでいました。
日本特産種の蛾なのだそうです。
飛び立つ瞬間を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみたものの、羽ばたきが速過ぎるので、後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。
別撮りで後脚にヘアーペンシルがチラリと見えたので♂のようです。


関連記事→「ニホンセセリモドキ(蛾)の求愛飛翔



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts