2013/05/04

フクジュソウの花を舐めるオオクロバエ♂



2013年4月上旬

ニホンミツバチハナアブの他には大きなハエ♂もフクジュソウに訪花していました。
摂食シーンを接写すると、口吻を伸縮させて花蜜や花粉を舐めていました。
後半は花弁の表面も舐めています。
左右の複眼が中央で接しているので♂でしょうか。
花の上を元気に歩き回ったり飛んだりして隣の花に移ります。

情けないことに私には何科のハエなのかも分かりません。
同定してもらうため、撮影後に採集しました。

双翅目の画像掲示板「一寸のハエにも五分の大和魂」にて問い合わせたところ、茨城@市毛さんより「Calliphora nigribarbis オオクロバエかな?」との回答を頂きました。
クロバエ科のようです。



背面

単眼

胸背

腹背

腹面:体長〜12mm

右の翅脈

顔1

顔2

2013/05/03

樹上の巣に座るハシボソガラス(野鳥)



2013年4月中旬

川の堤防に立つ大木(樹種不明)に止まった一羽のハシボソガラスCorvus corone)がしばらく辺りを見回してから、樹冠に作られた巣に戻りました。
抱卵しているのでしょうか?
こうした状況でもラジコンヘリにカメラを搭載したら巣の様子を安全に空撮できるかな〜?と夢想してみる。


2013/05/02

フクジュソウに訪花するカオビロホソヒラタアブ♂



2013年4月上旬

ようやく咲いたフクジュソウに訪花していたハナアブの仲間です。
花の上を歩きながら口吻を伸ばして花蜜や花粉を舐めています。





撮影後、同定してもらうために採集しました。

左右の複眼が中央で接していることから♂ですかね?










「一寸のハエにも五分の大和魂」掲示板に投稿してみると、いつもお世話になっている茨城@市毛さんより次の回答を頂きました。
写真のハナアブは,Melangyna lucifera カオビロホソヒラタアブと思われます.
カオビロホソヒラタアブは,早春の一時期にだけ見られる種類で,フクジュソウやバッコヤナギ等で得られます.


飛べ!ルリタテハ【ハイスピード動画】



2013年4月下旬

砂利の敷かれた林道で越冬明けのルリタテハKaniska canace no-japonicum)が休んでいました。
日射しが強くて暑いのか、翅を立てた(閉じた)ままでなかなか綺麗な翅表を見せてくれません。
飛び立つ瞬間を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
待てど暮らせど飛んでくれないので、レンズキャップを投げています。
映像の後半は更に1/5倍速のスローモーションでリプレイ。





2012年5月上旬

ちなみにこちらはフレームレート220fpsのハイスピード動画です。
ルリタテハはとにかく警戒心が強い蝶で、近づかせてくれません。
止まっている姿をいち早く見つけるのが鍵のようです。


2013/05/01

杉の木の下に佇むニホンカモシカと足跡のトラッキング



2013年4月上旬

残雪を踏みしめ登って来た私に驚いたニホンカモシカ(Capricornis crispus)が斜面を駆け上がると、スギの木の下で立ち止まって振り返りました。(@里山・標高〜595m地点)
しばらくは不安そうにじっと見下ろしています。
両耳も角も正常なため、個体識別は出来ていません。
しかし昨年の夏にこの近くで遭遇したカモシカの縄張りだと思われます。
後ろ姿は毛並みがほぼ完璧な保護色になっています。
忍法木遁の術!
あなたは山中で静止しているカモシカを見つけられますか?
植物の葉が茂って見通しが悪くなれば、発見は一層困難になるでしょう。

私もフリーズしたまま撮影していると、カモシカはようやく警戒を解いたようで、顔をキョロキョロ動かしています。
(冒頭の完全に静止した映像は退屈なので、編集で大幅にカットしてあります。)
雑木林の方へゆっくり移動を始めたカモシカを見送りました。
その後、雪面に残された蹄の跡を先ほどまで立ち尽くしていたスギの木の下まで動画に撮りながら辿ってみました。


2013/04/30

越冬明けのクジャクチョウが日光浴



2013年4月上旬

成虫で越冬したクジャクチョウInachis io geisha)が陽の光を浴びて翅を開閉していました。
やや損傷した翅が冬の厳しさを物語っているようです。
私も冬越しの後は虫撮りの勘がすっかり鈍っているので、毎年リハビリが必要です。


飛べ!ヒヨドリ【野鳥:ハイスピード動画】



2013年4月下旬

枝に止まったヒヨドリHypsipetes amaurotis)が羽ばたいて飛び立つ瞬間を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。


2013/04/29

残雪期に椿の葉を食すニホンカモシカ



2013年4月上旬

残雪の林道を渡ったニホンカモシカ(Capricornis crispus)が、土が露出した斜面をゆっくりトラバース気味に登って行きます。(標高〜475m地点)
もしかすると、先ほど尾根で別れたカモシカと再会したのかもしれませんが、個体識別できていないので気のせいかも。
常緑樹のユキツバキ潅木を斜面に見つけると、その葉を採食し始めました。
雪が消えた斜面のあちこちにユキツバキの群落が目立ちますが、花が咲くのは未だ先です。
カモシカは私の存在に全く気づいていない様子。
しかし手前の枝が邪魔で非常に撮り難く、茂みをくぐり抜けたカモシカの姿を見失ってしまいました。

映像の後半は接近して、ザラメ雪の林道に残されたカモシカの新しい足跡を辿りながら撮ったものです。

この日は更にもう一頭(別個体と思われる)カモシカと遭遇しました。
つづく→「杉の木の下に佇むニホンカモシカと足跡のトラッキング


2013/04/28

ドロバチに寄生した蜂の前蛹の蠕動

2013年3月下旬

オオフタオビドロバチ泥巣の発掘2


山中の建物の軒下に作られた泥巣の発掘調査が途中だったので、残りの泥巣を発掘しに行きました。

前回の記録はこちら→「オオフタオビドロバチの泥巣に寄生するヒメカツオブシムシ幼虫

エントツドロバチの初期巣を乗っ取った(再利用?)と思われる変則的な泥巣です。
北西に面した軒下のコンクリート溝の幅は〜22mm。
この溝に泥巣の育房が並んでいます。

気温1℃の寒さの中、マイナスドライバーで泥巣の育房を端から慎重に削っていきます。
オオフタオビドロバチの前蛹を計4匹採集できました。
しかし、その内の一匹は発掘中に不注意で体を傷つけてしまいました。
他には煙突状の入り口の近くに作られた育房から謎の繭を1個採集しました。

発掘前に泥巣を見上げて採寸

右から順に発掘する。オオフタオビドロバチ前蛹が覗いて見える。

オオフタオビドロバチ前蛹と謎の繭

発掘後の状態

オオフタオビドロバチ前蛹



採集から3日後、ようやく時間がとれたので繭をハサミで切り開いてみました。
中から出てきた蜂の子は、オオフタオビドロバチの前蛹とは色も形状も異なりました。
丸々と太った白い芋虫で脚がありません。
ピンセットでつつくとゆっくり蠕動します。
オオフタオビドロバチは育房内で完全な繭を作らずに育房の隔壁を絹糸で裏打ちするだけなので、その点からも別種と分かります。
昨年の夏に泥巣を観察した際は、エントツドロバチの初期巣をオオフタオビドロバチが乗っ取り増築するような形で営巣していました。

関連記事→「エントツドロバチの初期巣を奪って営巣するオオフタオビドロバチ♀
したがって、この前蛹はエントツドロバチだろうと予想しました。
煙突状の入り口の近くに作られた育房から繭が見つかったことも辻褄が合います。

狩蜂は一般に前蛹の段階で越冬します。
「竹筒ハチ図鑑」サイトに掲載されたエントツドロバチの巣内写真と似ている気がします。

しかし果たしてエントツドロバチは袋状の繭を紡ぐだろうか?



手元にある蜂の本のなかでは『カリバチ観察事典』p21で竹筒に営巣したオオカバフスジドロバチ(=エントツドロバチ)の巣内の写真が載っていました。
前蛹も蛹も育房内でむき出し状態で写っています。
どうやらオオフタオビドロバチのように、育房内の前後を絹糸で内張りするだけの不完全な繭のようです。
またヒゲおやじさんによると、越冬する前蛹はこの映像の形とは明らかに違うそうです。


残る可能性として、エントツドロバチやオオフタオビドロバチに寄生した蜂(キアシオナガトガリヒメバチなど)かもしれません。
関連記事→「キアシオナガトガリヒメバチ前蛹の蠕動

この蜂の子を小さなプラスチック容器に移して飼育開始。

つづく→「キアシオナガトガリヒメバチ?越冬前蛹の吐糸営繭と脱糞





飛べ!ハシボソガラス【野鳥:ハイスピード動画】



2013年4月中旬

堤防の縁石からハシボソガラスCorvus corone)が川に向かって飛び立つ瞬間を240 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
強風に煽られたのか、すぐに右旋回して橋の上空を飛んで行きました。


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts