2013/04/27

雑木林に隠れるニホンカモシカ(鼻息威嚇、座位休息と抜け毛)



2013年4月上旬

雪解けが進んだ里山の谷に居たニホンカモシカ(Capricornis crispus)が、横を登って来た私に驚いて斜面を駆け上がりました。
雪が溶けて土が露出した斜面のあちこちに椿(ユキツバキ?)の群落が多数見えるので、常緑の葉を採食していたのかもしれません。
逃げる途中で立ち止まって振り返り、フシュフシュ♪と鼻息を荒げて威嚇。(@0:11)
尾根まで登り切ると立ち止まりました。
手前にある雑木林の木立が邪魔ですが、カモシカはほぼ完璧な保護色になっています。
この状態で発見するのはまず無理でしょう。
カモシカも自らの保護色を自覚している気がします。
立位休息しながら木陰からチラチラ覗き、谷を挟んでこちらの様子を伺っています。

ようやく動き出したカモシカは尾根をゆっくり歩いて少し移動しました。
木立の隙間からこちらを何度も窺い、向きを変えてから雪面に座りました。(@4:45、座位休息)

より良い撮影アングルを求めて私が横に少し移動したら、その隙にカモシカは尾根を越えて逃げて行きました。(撮り損ね)
もう少し我慢して撮影を続けていれば、座ったまま反芻行動を始めたかもしれません。

鼻息威嚇♪を声紋解析してみる?


角も耳も正常で特徴の無い個体

座位休息@雪面


雪面で拾ったニホンカモシカの体毛

動画撮影後に、残雪の斜面を登りながらカモシカの足跡を逆向きに辿って行きました。
スギ植林地の斜面で、足跡の横に一本だけ灰色の長い毛が落ちていました。
カモシカが雪面に座り込んだ跡も無いのに、どうして毛が抜けたのか不思議です。
さきほど遭遇して逃げた個体の抜け毛でしょうか?
ノウサギの抜け毛である可能性もありますけど、辺りにウサギの足跡はありませんでした。
当地にニホンジカは生息していませんが、「寝床などで拾ったシカの毛はポキポキ折れるので、カモシカの毛とは容易に区別できる」そうです。
また、走査型電子顕微鏡を使って毛のキューティクルや髄の構造を観察すると同定が可能らしい。
(『日本動物大百科2哺乳類Ⅱ』p148より)
毛根からDNAが採取できれば確実でしょう。


こちら↓の参考文献に写真があります。
「走査型電子顕微鏡写真による獣毛の同定法」(1992):全文PDF



毛根

黒い部分

白い部分

毛先

この日はカモシカと計3回もニアミスしました。
つづく→「残雪期に椿の葉を食すニホンカモシカ


2013/04/26

フクジュソウに訪花するニホンミツバチ♀【ハイスピード動画&HD動画】



2013年4月上旬

ようやく雪の消えた田んぼの近くでフクジュソウの群落が黄色い花を咲かせていました。
ミツバチのワーカー(働き蜂)が飛び回って訪花する様子を220 fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
花から飛び立っても、ホバリングしつつ花を中心に扇状に飛び回ってから同じ花に何度も戻ることがありました。
花の場所を記憶しようとする定位飛行でしょうか。
スローモーションで見ると、ミツバチはホバリングしつつ空中で両足を擦り合わせています。
飛び去る影も美しく撮れました。



通常のHD動画(高画質)でも撮ってみました。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を少し付けているので、吸蜜だけでなく
集粉も行なっているようです。

現場では腹部上節が茶色でセイヨウミツバチっぽく見えたのですが、個人的にこの見分け方はいつも自信がありません。
念のために一匹採集して後翅の翅脈を確認してみるとニホンミツバチApis cerana japonica)と確定しました。

(セイヨウミツバチとニホンミツバチの両方が訪花していた可能性も残りますが…。)


スプリング・エフェメラルの一つであるフクジュソウの花は花弁を使って日光を花の中心に集め、その熱で虫を誘引しているらしい。(wikipediaより)
温度計で実際に測ってみたり、サーモグラフィーの動画を撮ってみたりするのも面白そうですね。





左翅脈


2013/04/25

餌場で喧嘩するニホンザル



2013年2月下旬

里の集落に下りてきた野生ニホンザル(Macaca fuscata)の群れが樹皮を採食するためお気に入りの木に集まっています。
平和な食事時にときどき勃発する喧嘩のシーンをまとめてみました。

樹上の個体間でいざこざが起こったようです。
追われた猿が枝から飛び降り、大袈裟に悲鳴を上げて逃げ惑います。
大騒ぎの追い駆けっこになりました。
雪原を結構遠くまで追いかけるものの、追手も深追いせずに諦めました。
格闘には至らず、怪我をすることもありません。
いざこざに<ガッガッガッ>という威嚇?の音声を伴うこともあります。
騒ぎに無関係な個体はのんびり採食を続けています。

突発的な喧嘩のシーンを動画で記録するのはなかなか難しく、個体識別※どころか性別判定や年齢判定も覚束ない状況では喧嘩の原因もよく分かりません。
餌資源の集中により、山中の採食シーンではあり得ないほど個体間の距離が近いので、餌付け群で見られるように皆気が立っているのでしょうか。
それともニホンザルの繁殖期に関係した争いなのでしょうか。

※ 首輪を付けた猿が映っていますね。

喧嘩の悲鳴を声紋解析してみる?


2013/04/24

白壁から飛び立つハイイロフユハマキ(蛾)



2013年3月下旬・気温19℃(日向)

山中の建物で日の当たる外壁(西面)に止まっていた蛾です。
前翅長15mm。
畳んでいた翅に指で触れたら、直ちに飛び去りました。
準備運動しなくても逃げられたのは、気温も高く日光浴していたおかげでしょう。
せっかくなら飛び立ちをハイスピード動画に撮ればよかったですね。
てっきり冬尺蛾の残党でシャクガ科だろうと思い込んでいたら、虫我像掲示板にてatozさんよりハマキガ科のハイイロフユハマキ(旧名フユシャクモドキ、Kawabeia razowskii)と教えてもらいました。
すっかり騙されました。


背景にうまく溶け込んでいます(保護色)


前翅長15mm

2013/04/23

軒下で鳴くスズメの群れ♪(野鳥)



2013年3月下旬

スズメPasser montanus)の群れが民家の軒下の横枠?に止まり、チーチーパッパ♪と賑やかに鳴き騒いでいます。
ときどき屋根にも飛び上がっています。
繁殖期が近いのでしょうか。



2013/04/22

蜂蜜を舐めるコハナバチ♀(Lasioglossum sp.)



2013年3月下旬・室温20.5℃

雪道でコハナバチ♀(Lasioglossum sp.)を採集してきた翌日、休眠越冬の後で空腹だろうと蜂蜜を給餌してみました。
低温で結晶化していた蜂蜜を電子レンジで溶かしてから水を足して少し薄めました。
コハナバチは蜜滴に気づくと口吻を伸ばしてリズミカルに舐め始めました。
今まで同様の方法で給餌した他のハチと比べて体が小さいためか、すぐに満腹になったようです。
他のアングルを接写する前に蜜滴から離れてしまいました。

後日に撮り直すつもりが、翌日から急にコハナバチの体調が悪くなり死んでしまいました。
水と蜂蜜を与えただけなのに…。
蜂蜜に何か毒物が混入していたとは考えにくいです。
これは想像ですが、越冬明け直後の蜂は消化吸収機能が充分に戻っておらず腹を壊したのでしょうか?
それとも電子レンジで蜂蜜を溶かした際にプラスチック容器から何か毒性の化学物質が溶け出したのでしょうか?



アオサギの飛翔と着水【野鳥:ハイスピード動画】



2012年10月中旬

アオサギArdea cinerea)が川を低空飛行で逃げる様子を220 fpsのハイスピード動画に撮りました。
私が無防備に近づいたせいで、飛び立つ瞬間は撮り損ねました。
下流へ少し移動すると着水。




2013/04/21

橋の欄干で羽繕いするハシブトガラスのつがい(野鳥)



2013年4月上旬

橋の欄干に止まったハシブトガラスCorvus macrorhynchos)が念入りに羽繕いしていました。
横を歩行者が通り過ぎてもフワリと飛び上がるだけで、またすぐに元の場所に戻りました。
やがてもう一羽のハシブトガラスが隣に飛来。
つがいの仲ですかね?
嘴を足元の欄干に擦りつけています。
瞬きで閉じた目が白いのは瞬膜で、目を白黒させています。
羽繕いを終えた個体が先に飛び立ちました。
残ったカラスもしばらくすると同じ方向へ飛び去りました。



白い瞬膜が閉じた瞬間

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts