2013/09/11

イチモンジセセリ♂♀の求愛と交尾拒否@ススキ葉【ハイスピード動画&HD動画】



2013年7月下旬

水辺に近い堤防の草むらでイチモンジセセリParnara guttata)がススキの葉に2頭並んで止まっていました。
時折一頭が飛び回っています。
これは求愛飛翔ではないかと思い、すぐハイスピード動画(240-fps)を撮り始めました。
全編を更に1/2倍速のスローモーションに加工してあります。(トータルすると実際の1/16倍速スローモーション)
途中で小雨が降りだしたので、傘を差しながら撮影しました。

行動を見るになんとなく、下に止まっている方が♂だと思います。
撮影アングルを変えて横から見ると、上に止まった個体のほうが腹部が太く、♀のようです。
たまたまこのペアの場合、♂の方が翅の地色が暗いです。
保育社『標準原色図鑑全集1:蝶・蛾』p9によると、イチモンジセセリの雌雄の区別は

斑紋はほとんど同じであるが、♀は翅の幅が広く、白色の斑紋が♂に比べて一般に強い。

2頭は縦に並んで葉に止まっています。
♂はときどき軽く飛び立って素早く元の葉に戻る、という行動を繰り返しています。
♀の直後→右後→左後と場所を変えています。
♂は求愛して♀の許諾を待っているようです。
視覚的に♀に何か求愛誇示するのなら、♀の前に出る必要があるのでは?と思うのですけど、これがイチモンジセセリの恋の流儀なのでしょう。
♂が動いて♀に触れる度に、♀は前翅を小刻みに震わせています(交尾拒否の合図?)。
迫る♂は片方の触角で♀の翅に触れてその振動を常に感じています。
♀は頑なに交尾拒否をするぐらいなら、なぜ飛んで逃げないのか不思議です。
吸蜜にも行かず静止しているのは雨宿りなのかな?
後で思うと、幼虫の食草はイネ科やカヤツリグサ科らしいので、♀はススキの葉に産卵しようとしていたのかもしれません。

つれない♀に痺れを切らしたようで、諦めた♂が飛び去りました。
例えば最後に撮った回のハイスピード動画では、♂は4分弱の間になんと計16回も♀にアタックしていました。
交尾に至る過程を記録観察したかったのに、恋が成就せずに残念でした。
頑として交尾を拒否する♀は基本的に翅を閉じたままでした。
♀が♂の求愛を受け入れるときはこの翅を広げるのかな?



途中で通常のHD動画に切り替えて同一のペアを撮っています。



実はこの直後、近くで別のペアの求愛を観察しています。

▼関連記事▼イチモンジセセリの求愛と交尾拒否@アカツメクサ花【ハイスピード動画&HD動画】


【参考動画1】
イチモンジセセリの求愛行動(@MOMO:動物行動の映像データベース)
吸蜜中の♀に対して♂が求愛しています。
このペアは♂♀どちらも焦げ茶色の翅。

【参考動画2】

イチモンジセセリの交尾(by peatarochanさん)

互いに逆を向いて腹端を連結しています。
交尾終了後はオスがすぐに飛び去る。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts