2013/09/14

蜂蜜を舐めるアゲハヒメバチ♀




2013年7月下旬

キアゲハ(Papilio machaon)の帯蛹bから羽化した直後のアゲハヒメバチ♀(Holcojoppa mactator)に餌として蜂蜜を与えてみました。
蜜滴が大きすぎて、口器の動きが余りよく観察できませんでした。
吸蜜中は口髭をリズミカルに動かしています。
顔の正面から接写すると、頭楯の中央に縦の黒条が目立ちます。
満腹したら落ち着いてくれました。

映像の後半は自動色調補正を施してあります。








採寸替わりに1円玉を並べてみる。

以下は標本写真。


翅脈





腹端を接写しても産卵管は見えず。

【追記】
蜂類情報交換BBSにてBacon.Lさんより以下のコメントを頂きました。

しぐま様のブログのアゲハヒメバチは♀です。この種では、♂の触角はより鋸歯状になっていることからも判別できます。見かけ上の腹部の露出している背板の数は、ヒメバチ亜科では属により様々ですが、♂のほうが1つ多く見えます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts