2013/08/28

ドバト(野鳥)の白変種



2013年7月中旬

公園に集まるドバト(=カワラバト、Columba livia)の群れの中に、アルビノ変異

白変種と思われる個体が居ました。
羽根の模様が白地に薄い赤紫色です。
瞳の色は赤っぽく見えます。


【追記】
YouTubeのコメント欄にて「この鳩はアルビノではなく白変種」とご指摘を頂きましたので訂正します。

ヒトに飼われているレース鳩のようで、両足首に個体識別のための足輪を付けていました(右:黄色、左:水色と緑色)。
「石橋をつついて渡る」性格の鳩でした。
飛び立つシーンを撮り損ねましたけど、飛行能力に問題はないようです。

白いという理由で「みにくいアヒルの子」のように群れから仲間外れにされたり、孤立したり、虐められている様子はありませんでした。
ただし配偶相手として選り好みされる可能性はある気がします。

こちらのブログ「白いドバト」で似たようなタイプのアルビノが紹介されています。




ブレた写真ですが、正常個体との比較。羽根や瞳の色に注目。

足輪


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts