2013/07/29

クロコガネの死骸を貪り食うコバネヒメギス?幼虫



2013年6月中旬

田んぼの農道で事件現場に遭遇しました。
初めは得体の知れない形状の黒い虫が動いておりギョッとしたのですけど、よくよく見るとクロコガネと思われる甲虫の死骸をヒメギスの一種※が食べているところでした。
このヒメギスは無翅なので未だ幼虫です。
死骸の右脇腹に大きな穴が開いており、ヒメギスはそこへ頭を突っ込んで夢中になって死肉を食しています。

そこへクロアリが通りがかり、ヒメギスの脚の爪先を噛んで逃げました。
噛まれたヒメギスは慌てて獲物の穴から後退りすると、ようやく頭を出しました。
戻って来たクロアリがクロコガネの脚を咥えて運ぼうとするものの、ヒメギスとの体重差は歴然としており綱引きでは勝負になりません
ヒメギスは獲物の穴に頭を突っ込んで食事を再開。

※ 図鑑『バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑』p108 で調べると、胸部背面にある独特の黒紋が素人目にはコバネヒメギスChizuella bonneti)の黒紋と似ている気がします。
しかしながら、そのような絵合わせが有効なのかどうか知りません。





映像の最後はヒメギスから獲物を取り上げて現場で検視。
クロコガネの内臓はきれいに食べ尽くされ干からびた状態です。





0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts